2005年12月10日

テレビドラマ[忠臣蔵]

ドラマ☆ストリート忠臣蔵



忠臣蔵(ちゅうしんぐら)#歌舞伎・文楽の演目『仮名手本忠臣蔵』の通称。

・歌舞伎や演劇・映画の分野で、赤穂浪士の復仇事件に題材をとった作品のこと。

・元禄15年12月14日(1703年1月30日)におこった赤穂浪士の復仇事件(元禄赤穂事件)を指す。――事件。ただしこの場合には、浪士方を善、吉良方を悪とし、赤穂浪士に対する賞賛の意をこめた呼名であることから、学術的な用語としては用いることを避ける傾向にある。----江戸時代・1701年(元禄14年)3月に江戸城内の松の廊下で赤穂藩藩主・浅野内匠頭(浅野長矩)が高家肝煎・吉良上野介(吉良義央)に切りつけた刃傷沙汰に端を発する。松の廊下事件については、加害者とされた浅野は切腹となり、被害者とされた吉良はおとがめなしとされた。その結果を不満とする大石内蔵助をはじめとする赤穂藩47人の旧藩士(赤穂浪士・赤穂四十七士)が、元禄15年12月に本所の吉良邸に討ち入って仇討ちを果たしたという元禄赤穂事件|吉良上野介邸討ち入り事件(およびその結果としての全員の切腹)までを題材にとった物語の総称として使われる。ただし、かなりの演出・創作が含まれており、必ずしも史実の通りではない事に注意しなければならない。忠臣蔵の名、およびその大枠は、赤穂浪士が切腹になって47年後の寛延元年に成立した義士物の浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』に由来する。「忠臣蔵」の意味は、蔵一杯の(それほど多くの)忠臣たち、との意味である。事件の翌元禄16年(1703年)には事件を曾我兄弟の仇討ちに設定した『曙曽我夜討』が上演されたが、三日目に上演禁止とされている。その後も、近松門左衛門作の人形浄瑠璃『碁盤太平記』など次々と歌舞伎や浄瑠璃に仕立てられた。その集大成が寛延元年(1748年)8月に上演された竹田出雲・三好松洛・並木千柳の合作の人形浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』である。同じ年に歌舞伎の演目として取り入れられ大当たりした。歌舞伎、浄瑠璃、講談で数多くの作品がつくられ、「忠臣蔵物」と呼ばれるジャンルを形成する。その様な作品のひとつに 
X2>L>忠�
?CB"<
/a>』と怪談を組み合わせた鶴屋南北作『東海道四谷怪談』がある。江戸時代は同時代の武家社会の事件を上演することは禁じられていたために、「忠臣蔵物」は太平記など別の時代に設定され、登場人物の名も大石内蔵助は大星由良助などに変えられている。「忠臣蔵物」は独参湯と呼ばれ、客が不入りの時でも忠臣蔵を出せばあたると言われるほどに庶民に人気があった。明治以降は江戸幕府|幕府への憚りがなくなったため、実名で上演することができるようになった。昭和9年(1934年)には徹底的な資料調査をして史実に基づいた歌舞伎『元禄忠臣蔵』が上演されている。講談、浪曲でも忠臣蔵は人気があり、「赤穂義士伝」と呼ばれ、事件の史実をあつかった「本伝」、個々の赤穂四十七士を描いた「義士銘々伝」、周辺のエピ�
%=!<%I$r$"$D$+$C$?!V30EA!W$+$i$J$k!#1G2h$N;~Be$K$J$k$H忠臣蔵も題材として使われ、最初の作品は明治40年(1907年)に製作された『忠臣蔵五段目』である。戦前は牧野省三などによって多数の忠臣蔵映画が製作された。大石内蔵助を多く演じた俳優では戦前の映画スター・尾上松之助が有名である。映画の世界でも登場人物が多彩でオールスターキャストの忠臣蔵は人気ジャンルとなり、戦前から戦後にかけて本伝ものだけで80本以上の作品が製作されている。太平洋戦争終戦後、GHQ|占領軍により忠臣蔵は封建社会の道徳観が民主化の妨げになるとして上演禁止とされた。その後、ダグラス・マッカーサー|マッカーサーの副官で知日家のフォービアン・パワーズらの努力により、逐次解禁され昭和22年(194!
7年)に『仮名手本$
BCi?CB"
』が復活上演された。戦後も忠臣蔵は人気題材であり続け、テレビの時代になると多数のテレビドラマ|ドラマが製作されている。昭和39年(1964年)に製作された大河ドラマ『赤穂浪士 (NHK大河ドラマ)|赤穂浪士』は当時の大映 (映画)|大映の看板俳優・長谷川一夫 (俳優)|長谷川一夫を大石内蔵助役にして、平均視聴率は30%を越え、討ち入りの回の視聴率は53%という高い人気を誇った。その後もオーソドックスなものから、幕府の側からの視点や女性からの視点、討ち入りをしたくなかった大石内蔵助、サイエンス・フィクション|SF的なものなど様々な趣向の忠臣蔵ドラマが製作されている。忠臣蔵は小説の題材としても用いられ、多くの作品が書かれている。代表的なものに大河ドラマ化された大佛次郎作『赤穂浪士』がある。討ち入りの日は12月14日 (旧暦)|!
$B5lNq12月14日であったが、現在に至るも12月14日|新暦12月14日が近づくと忠臣蔵のテレビ映画が放映されるなど、その人気は衰えを見せない。封建時代から続く日本人の倫理基準を象徴する作品群であると言える。しかし反面、赤穂浪士を武士の鑑として持ち上げるために、敵役とされた吉良上野介や、赤穂浪士に切腹を命じた時の将軍徳川綱吉、松の廊下事件で浅野内匠頭への切腹を命じたとされる柳沢吉保などをことさらに貶めるという構造を持っており、貶められた側に対する歴史的評価を大きくゆがめていることにも注意する必要があろう。



関連



  • 元禄赤穂事件


  • 赤穂浪士


  • 仮名手本忠臣蔵


  • 東海道四谷怪談


  • 歌舞伎


  • 人形浄瑠璃



    外部リンク



  • 仮名手本忠臣蔵


  • 忠臣蔵フィルモグラフィ








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月09日

    テレビドラマ[オレンジデイズ]

    ドラマ☆ストリートオレンジデイズ



    オレンジデイズ』は、東京放送(TBS)系列で、2004年4月11日から同年6月20日まで放送されていた全11回のテレビドラマである。正式な番組名は『日曜劇場 オレンジデイズ』。基本放送枠は日曜日21:00〜21:54(JST)。平均視聴率は17.4%。


    なお、2005年9月19日から、ハワイの地上波放送局KIKU-TV[http://www.kikutv.com/]で、英語字幕付放送されている。



    ストーリー概要


    どこにでもいそうな大学生|大学4年生・結城櫂と、病気で4年前に聴覚を失ったことにより心の扉を閉じてしまった女性|女の子・萩尾沙絵のラブ・ストーリーを軸に展開される、大学の卒業を1年後に控えた5人の若者の青春ドラマである。



    キャスト



  • 結城櫂 - 妻夫木聡

    明青学院大学文学部心理学科社会福祉心理学専攻4年。

    世田谷区池尻在住。

    大学1年の妹と、3歳年上の彼女・真帆(小西真奈美)がいる。*萩尾沙絵 - 柴咲コウ

    明青学院大学文学部文芸学科4年。

    将来を嘱望されたバイオリニストだったが、海外留学中に聴覚を失った。

    ピアニストの母親(風吹ジュン)と二人暮らし。*相田翔平 - 成宮寛貴

    明青学院大学文学部美学美術史学科4年。

    櫂の友達。

    女性関係が派手。いつも女絡みの揉め事に櫂と啓太は巻き込まれる。

    腹違いの妹・桐島あゆみ(上野樹里)と古いアパートに二人暮らし。

    カメラマンのアシスタントのバイトをしている。*小沢茜 - 白石美帆

    明青学院大学文学部日本文学科4年。

    沙絵の高校時代からの親友。

    静岡県出身。啓太が想いを寄せている。*矢嶋啓太 - 瑛太

    明青学院大学文学部フランス文学科4年。

    櫂の友達。

    名古屋の結婚式場の御曹司。

    しかし自他共に認める“いいヒト”。*?木真帆 - 小西真奈美


  • 佐伯そよ子 - 山田優


  • 桐島あゆみ - 上野樹里


  • 堺田教授 - 小日向文世


  • 萩尾ゆり子 - 風吹ジュン



    スタッフ



  • 脚本 - 北川悦吏子


  • 演出 - 生野慈朗、土井裕泰、今井夏木


  • プロデュース - 植田博樹


  • 音楽 - 佐藤直紀


  • 音楽プロデュース - 志田博英


  • 手話指導 - 手話ランドきいろぐみ



    主題歌



  • Mr.Children「Sign」また、主題歌ではないが、ストーリー中?上海ハニー?(ORANGE RANGE)が挿入歌的に使われている。



    関連項目



  • 日曜劇場



    外部リンク



  • 東京放送 オレンジデイズ公式ホームページ







    前番組:
    砂の器



    日曜劇場



    次番組:
    逃亡者 RUNAWAY










    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月08日

    テレビドラマ[ケータイ刑事銭形シリ!<%:]

    ドラマ☆ストリートケータイ刑事銭形シリーズ



    ケータイ刑事銭形(ケータイデカ・ぜにがた)シリーズは東京放送|TBS系BSデジタル放送「ビーエス・アイ|BS-i」で2002年から2005年までに4作品が放送されたテレビドラマのシリーズであり、地上波TBS及びTBS系列4局、ファミリー劇場では時期遅れで放送されている。また、現在毎週木曜22時にBS-iで「ケータイ刑事銭形舞」を再放送。11月からは「TBS BooBo BOX」で「ケータイ刑事」シリーズのベストセレクションが有料でネット配信開始予定。

    2006年2月には映画版「ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状」が公開予定。



    概要


    BS-iにおける番組のスポンサーがNTTドコモ|NTT DoCoMoということで、毎回発生するある事件を携帯電話を使って解決へと導いていく1話完結の刑事ドラマである(当初、携帯電話を犯人に投げつけるという案があったが、スポンサーであるDoCoMoからのNGで、結果ストラップを用いるということで落ち着いた。尚、「悪いオンナ『ルーズソックス刑事(デカ)』」では携帯電話自体を投げていた。)また、犯人は携帯電話を使うことがほとんど無い。
    強烈なキャラクターやあからさまなパロディなどエンターティメント性に振った作風や、ワンシーンワンカットや公開収録、ミュージカル仕立て、時代劇など実験的な試みが多数行われていることが特徴。


    また、同じ役者が違う役で何度も登場、特に同じ役者が犯人役と被害者役で2週連続で登場したこともあるなど、通常の刑事ドラマでは有り得ない演出なども多数あることも特徴だが、番組(銭形愛)開始当初は他作品のパロディと思われるシーンが少し登場する程度で、本格的にコメディ要素が強くなったのは銭形泪の後期からである。


    舞以降はポスターなどで「スケバン刑事」を大きく意識している。また、このドラマの主演女優はその後、ドラマや映画などの主演、あるいは助演でも重要な役柄を担当するようになったことから、ある種、若手女優の登竜門的色合いが強い作品でもある。



    作品





    [テレビ]





    [ケータイ刑事銭形愛(あい)]


    (2002年10月〜2003年3月全26回)


    出演:宮崎あおい、山下真司、金剛地武志、下川辰平、声の出演(「警視庁から入電中」ボイス)菅原牧子*主題歌

    :*彼女の情景/小野綾子|オノ・アヤコ 作詞:渡辺なつみ・小野綾子 作曲・編曲:小森田実|コモリタミノル


    [ケータイ刑事銭形舞(まい)]


    (2003年10月〜2003年12月全13回)


    出演:堀北真希、山下真司、金剛地武志、声の出演(「警視庁から入電中」ボイス)小林麻耶TBSアナウンサー


  • 備考

    オープニングの振付けをしているパパイヤ鈴木が第1話に出演した。


    理由は定かではないが、毎日放送やファミリー劇場で放送される際は9話のみ欠番扱いとなりカットされていた。


    [ケータイ刑事銭形泪(るい)]


    ファーストシリーズ


    (2004年1月〜2004年3月全13回)


    出演:黒川芽以、山下真司、金剛地武志、声の出演(「警視庁から入電中」ボイス)小林麻耶TBSアナウンサー


    セカンドシリーズ


    (2004年4月〜2004年8月全22回)


    出演:黒川芽以、草刈正雄、金剛地武志、声の出演(「警視庁から入電中」ボイス)小林麻耶TBSアナウンサー
    アナザーストーリーシベリア超特急刑事


    (2004年9月全4回)


    出演:黒川芽以、金剛地武志、水野晴郎、声の出演(「警視庁から入電中」ボイス)小林麻耶TBSアナウンサーアナザーストーリーの話数はセカンドシリーズからの通算で表示されている。*主題歌

    :*泪の海/黒川芽以 コーラス:LINDA 作詞:丹羽多聞アンドリウ・ASSASSIN 作曲:遠藤浩二


    [ケータイ刑事銭形零(れい)]


    ファーストシリーズ


    (2004年10月〜2004年12月全13回)


    出演:夏帆、草刈正雄、金剛地武志、声の出演(「警視庁から入電中」ボイス)小林麻耶TBSアナウンサー




    セカンドシリーズ


    (2005年1月〜2005年3月全13回)


    出演:夏帆、山下真司、金剛地武志、声の出演(「警視庁から入電中」ボイス)小林麻耶TBSアナウンサー*備考

    五代刑事役の山下真司は当時テレビ朝日系で放送中だった「富豪刑事」にも鎌倉警部役で出演していたが、2005年1月30日放送分の「銭形零」にもこの鎌倉警部の役のまま登場した。なお、本放送中のドラマに他局でも本放送しているドラマのキャラが出演することは極めて異例である。また、主演の夏帆は「三井不動産|三井のリハウス」のリハウスガールであるためか「銭形零」放送前に三井のリハウスのCMが1分間に渡り連続して放送されている。


    [悪いオンナ「ルーズソックス刑事(デカ)」]



  • ケータイ刑事銭形シリーズの原型となった作品。2000年に放送された。全4回。


    出演:平山あや(当時・平山綾)、岡本光太郎、榊原るみ*主題歌

    :*We're champ/R

    映画


    [ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状]
    2006年2月公開予定


  • 内容

    愛が何者かに誘拐され、泪、舞、零の3人がそれぞれの能力を生かして奔走。事件の秘密を解いていくというストーリー。



    設定





    [銭形一族]


    各シリーズの主人公は警視総監を祖父に持つ4姉妹であるという設定で上から愛・泪・舞・零の順である。なお、2000年に東京放送|TBS地上波で深夜放送されたドラマ「悪いオンナ『ルーズソックス刑事』」の主人公、銭形紅子は従姉妹という設定である。このドラマシリーズのプロデューサーである丹羽多聞アンドリウ氏は、インタビューで銭形姉妹は4姉妹であり他に姉妹はいないということを明かしたが、従姉妹は親戚の数だけおり、更にそれぞれが一人っ子だとは限らないと含みを残した答えをしている。尚、銭形という主人公の名前だが、「ルパン三世」に登場する銭形警部(銭形幸一)とは無関係。また、銭(和同開珎)を模した携帯ストラップを用いて犯人を攻撃するところから、「銭形平次」の子孫という設定と思われがちだが、こちらも無関係。(銭形平次が使用するのは寛永通宝)


    [ケータイ刑事]


    特殊な携帯電話を持つことが許された優秀な刑事。また、鑑識の柴田が「銭形」と書かれた15年前の携帯電話を発見するシーンが登場することから、過去に最低1人はケータイ刑事が存在したことが見てとれる。更に、「ケータイ刑事銭形零」ファーストシリーズ第9話にはもう1台携帯電話が登場し、零が(銭形家ではなく)「銭形一族しか持つことを許されない」と言うシーンも登場する。


    [入電ボイス]


    毎回事件が発生すると、銭形姉妹の携帯電話に「警視庁から入電中」という着信音とともに、事件現場の動画が送られてくる。そのときの入電ボイスは「警視庁から入電中、警視庁から入電中、○○(事件場所)で○○(事件の種類)発生。直ちに現場へ急行せよ。」が基本だが、場合により「直ちに捜査を開始せよ。」など変化する。また、柴田から受信した場合は「鑑識課から入電中。」だったが、零では柴田自身が歌う着うたに変更されている。(泪のミュージカルの回で柴田が披露した歌の歌詞違い)。ちなみに、この「警視庁から入電中」を劇中で効果的に使ったことでは、ケータイ刑事の5年前、フジテレビジョン|フジテレビ系「踊る大捜査線」が有名。
    「悪いオンナ『ルーズソックス刑事』」では、メールで「ジケンハッセイ」と送られてきた。


    [裏設定・小ネタなど]



  • 当ドラマシリーズではウラリという架空の物質一覧|架空の毒物が多用されている。また、別名を「クラーレ」とも言う同名のアルカロイドは実在するが、別ものである。通常、刑事ドラマで毒物といえば青酸カリやクロロホルムなどが使用されることが、多いが当ドラマにおいてはこれらの使用はまれでウラリと呼ばれる毒物が使用されることが多い。当ドラマにはウラリヘビやウラリバチといったこの毒を有する架空の動物も登場したほか、類似物質のウラリル、ウラリリトマス試験紙なども登場した。また、数は少ないもののオズマゴロシという毒物も数回登場している。


  • 一部の例外を除いては、赤坂・渋谷・成城近辺の3ヶ所で事件が発生しており、ここを魔の三角地帯と呼ぶ。魔の三角地帯が何なのか、なぜそこで事件が多発するのかは謎。


  • 自動車のナンバープレートなど数字が登場する場合は、そのほとんどが28になっている。この数字にどのような意味があるのかは不明。単にプロデューサーの名前が丹羽(にわ)なので28(にわ)だという説もある。


  • シリーズ第1作の銭形愛の名前の由来はBS-i。


  • 銭形愛25話だけ愛の制服のタイの色が違う。これは、このエピソードがCGを多用しており、普段している青のタイだとクロマキー合成処理用のブルーバックと同化し透けてしまうためである。


  • 銭形家のエンゲル係数はおよそ1%である。



    登場人物


    銭形一族


  • 銭形

    役職/階級:警視総監


  • 銭形4姉妹の祖父。

    銭形姉妹


  • 共通キメゼリフ:「謎は解けたよ、ワトソン君。」

    共通学園:青葉台学園(愛・泪・舞は高等部、零は中等部)

    共通好物:焼いも

    愛・泪・舞は暗所恐怖症、零は未確認


  • 銭形 愛(ぜにがた・あい)

    昭和59年11月4日生 さそり座 AB型 IQ180

    階級:警視正

    使用携帯電話:P2101V(FOMA・パナソニック モバイルコミュニケーションズ|松下通信工業製/N2002(FOMA・日本電気|NEC製)/PDA:シグマリオンII/ミュセア

    長女。

    キメゼリフ「匂う、悪の香り。」「愛の光で闇をうつ。あんたが悪事を隠してもシッポとあんよが見えてるよ。その名も人呼んで、ケータイ刑事、銭形愛。そこ等辺のギャルと一緒にするとやけどするよ。」

    カラオケクイーン

    使用マウンテンバイク|MTB:ジェイミス|JAMIS DURANGO SX 白/赤色 2002


  • 銭形 泪(ぜにがた・るい)

    AB型(生年月日不明。本放送中は17歳の設定。)IQ180

    階級:警視正

    使用携帯電話:F2102V(FOMA・富士通|FUJITSU製)/P505is(松下製)/P900i(FOMA/PDC・パナソニック モバイルコミュニケーションズ|PMC製)/N900is(FOMA/PDC・NEC製)/PDA:シグマリオンIII

    次女。

    キメゼリフ「潤む、悪のしずく。」「涙の裏には悪の影、まんまと泣かしたつもりでも、最後はあんたが泣く番よ。その名も人呼んで、ケータイ刑事、銭形泪。私(アタシ)の涙で溺れなさい。」「食べられません、勝つまでは。」

    カルタクイーン

    使用マウンテンバイク|MTB:JAMIS CROSSCOUNTRY 2.0 赤/黒色 2004


  • 銭形 舞(ぜにがた・まい)

    AB型(生年月日不明。本放送中は16歳の設定。)IQ180

    階級:警視→映画版で警視正に昇進

    使用携帯電話:F2102V(FOMA・FUJITSU製)/SO505i(SONY製)/PDA:シグマリオンIII

    三女。

    キメゼリフ「疼く、悪の予感。」「この世に蔓延る悪の舞い。上手に踊ったつもりでも、あんたのステップずれてるよ。その名も人呼んで、ケータイ刑事、銭形舞。正義の舞さまステップ受けてみな。」

    ダンスクイーン

    使用MTB:JAMIS CROSSCOUNTRY SX 2.0 青/黒色 2003


  • 銭形 零(ぜにがた・れい)IQ180

    AB型(生年月日不明。本放送中は13歳の設定。)

    階級:警視→映画版で警視正に昇進

    使用携帯電話:F900iC(FOMA・FUJITSU製)/SH901iC(FOMA・シャープ|SHARP製)/PDA:シグマリオンIII

    四女。

    口癖・キメゼリフ「レレレ?」「増せり、悪の数字。」「午前零時の鐘の声、諸行無常の響きあり。いかに悪事を足せりとも、零を掛ければゼロなりき。その名も人呼んで、ケータイ刑事、銭形零。わらわの暗算解いてみよ。」

    「Q.E.D.」

    刑事クイーン

    使用MTB:JAMIS CROSSCOUNTRY 1.0 赤色 2005

    銭形紅子(ぜにがた・べにこ)


  • 放送時、中学3年生の設定。


  • 役職:刑事(階級不明)


  • 銭形姉妹とは従姉妹。


  • キメゼリフ「危険な香り。」「摘むべき花は悪の花。この世に咲いた悪の花。○○(犯人の名前)やっぱりアナタが犯人ね。(この間は毎回変化)悪い女は、この紅子様が見逃さないよ。金か男か愛の為。女ってのは貪欲だ。だけど忘れちゃいけないよ。掟がアンタを裁くのさ。悪い女は許さない。」*五代 潤(ごだい・じゅん)

    昭和35年1月13日生 やぎ座 O型

    階級:巡査部長

    使用携帯電話:銭形愛 N2002(FOMA・NEC製)/T2101V(FOMA・東芝|TOSHIBA製)/銭形舞・泪1st N2102V/銭形零2nd F880iES

    キメゼリフ→特定のキメゼリフは存在しないが、これまでに3度それらしいものを口にしている「純な心で○○○。悪事無理繰り隠しても、そうは問屋がおそ松君。その名も人呼んで熱血刑事 五代潤。そこら辺のオヤジと一緒にすると逮捕するぜ。など(セリフは毎回変化)。また、銭形姉妹の「謎は解けたよ、ワトソン君」にあたるセリフとして、「謎は解けたぜ、ワトソン君」と言ったこともある。

    口癖→お見知りおきをお仕置きに変えてやる。

    トレードマークはスニーカー。

    得意技はオヤジギャグ

    かつて、七曲署|六曲署に務めていた。馬ヅラ


  • ''→関連項目「太陽にほえろ!」*高村 一平(たかむら・いっぺい)

    生年月日及び血液型不明(本放送中は45歳の設定。)

    階級:巡査

    使用携帯電話:銭形泪2nd N900i(FOMA/PDC・NEC製)/銭形零1st F880iES(らくらくホンFOMA・FUJITSU製)

    五代 潤の従兄弟である。

    キメゼリフ→1度だけ口にした。「ボトルの裏にはラベルの影。まんまと飲ましたつもりだろうが、最後はあんたが飲む番だ。その名も人呼んでバーボン刑事高村一平。その辺の酒と一緒にすると二日酔いするぜ。」

    かつてロサンゼルス市警に勤務しており、刑事コロンボ|コロンボ刑事とは家族ぐるみの付き合いをしていた。

    トレードマークはバーボン。


  • ''→関連項目「華麗なる刑事」*柴田一族

    柴田 太郎(しばた・たろう)


  • 昭和42年5月5日生 おうし座 A型 IQ100 もろこし村出身


  • 役職:鑑識課員(階級不明。技術吏員採用?)


  • クイズ王。


  • キメゼリフ→「死体は真実を語る」(または、「死体は真実を語っている」)


  • 銭形姉妹に好意を持っていて、一度だけ舞にプロポーズをしている。

    柴田 二郎(しばた・じろう)


  • 役職:鑑識課員(太郎同様階級不明)


  • 柴田 太郎の弟であるが、顔は似ていない。

    柴 多太郎(しば・たたろう)


  • A型(生年月日不明。放送時は38歳の設定。)


  • 役職:文部科学省|文科省宇宙開発事業担当係長補佐


  • 柴田の従兄弟であり、太郎に非常によく似ている。


  • 鑑識の英才教育を受けており、鑑識の能力も併せ持つ。

    金剛地武志(こんごうち・たけし)


  • 実在の俳優・ミュージシャンであるが、柴田一族であるとの噂がある。*ジャーロック・ボームズ

    キメゼリフ「謎ハ、解ケタヨ、ジョン・H・ワトスン|ワトソン君!」

    ''→関連項目シャーロック・ホームズ*多摩川 ドイル(たまがわ・どいる)

    10歳(歳をとらない。永遠に10歳。) IQ180

    役職:検事正

    法務大臣・多摩川 五男(たまがわ・ごなん)の孫

    歳はとらないが、顔が大きく変わることがある(歳をとらないという設定の為、一人の演者が何年も演じ続けることが不可能で演者が途中で変わる為)。


  • ''→関連項目「名探偵コナン」''*佐藤公安(さとう・きみやす)

    役職:公安部(階級:警部補)

    銭形家に忠誠を誓う白いスカーフの男。*遠州 理津(えんしゅう・りつ)

    パイ屋

    ''零では事実上のレギュラー。''


  • 銀田一ゴースケ(ぎんだいち・ごーすけ)

    ''→関連項目金田一耕助*閣下(シベリア超特急刑事)

    ''→関連項目「シベリア超特急」''*野崎 太郎(のざき・たろう)

    昭和18年5月16日生 おうし座 O型

    階級:巡査部長

    五代の師である。あだ名は長さん


  • ''→関連項目「太陽にほえろ!」''*海王星団

    ''→関連項目「探偵学園Q」''

    荒畑 任五郎(あらはた・にんごろう)


  • A型


  • 元警視庁参事官

    ''→関連項目「古畑任三郎」''*黒木智博

    役職:警視庁総務課長*牛丸(うしまる)

    O型

    元刑事でかつては五代の相棒だった。

    また、五代には他に猫田(ねこた)・犬飼(いぬかい)という相棒もいた。*ワトソン(わとそん)

    銭形姉妹がいつも口にする「謎は解けたよ、ワトソン君。」というセリフに登場すること以外はすべて不明、ワトソン|彼らと関係あるのかも謎。

    なお、プロデューサーである丹羽多聞アンドリウ氏は「ワトソン君は実在する」と語っている。*山上 真司(やまがみ・しんじ)

    会社社長

    五代のそっくりさん(?)である。


  • ''関連項目→山下真司''*鎌倉 熊成(かまくら・くまなり)

    役職:警視庁刑事部?(所属課不明。階級:警部)

    五代のそっくりさん(?)である。

    *当ドラマ内では警視庁の警部の設定であるが『富豪刑事』の中では神奈川県警焼畑警察署捜査課の警部である。


  • ''→「富豪刑事」参照''*長塚時雄(ながつか・ときお)

    劇中劇「理想の刑事」に登場する理想の刑事。

    五代にそっくり。


  • ''→関連項目「理想の上司」''*アニータ

    舞シリーズの五代の想い人、スペイン人かイタリア人かパリっ娘?。名前だけの登場。


  • ロジータ

    五代の恋人とされるフィリピン人。零の最終回までは名前だけの登場。



    主なゲスト出演者


    佐藤二朗(準レギュラー)/宝積有香(準準レギュラー)/水野晴郎(シベリア超特急刑事レギュラー)/矢部美穂/伊藤淳史/濱田マリ/岡本麗/斉藤暁/山崎一/嶋大輔/有坂来瞳/井上晴美/柳沢慎吾/パパイヤ鈴木/寺田農/内田春菊/三船美佳/伊藤高史/ミスターちん/田中要次/石野真子/坂井真紀/モロ師岡/ひふみかおり/松金よね子/つまみ枝豆/岩崎ひろみ/ルビー・モレノ/小林麻耶アナウンサー/(柴咲コウ(ルーズソックス刑事))





    遊び


    『踊る大捜査線』や『古畑任三郎』などでも多くみられる手法で、ドラマの本編ストーリーとはまったく関係ないところ(セットの後ろに映っている店の看板や脇役の名前など)に様々な遊びが見られるのも特徴である。





    放送局・放送時間



    [地上波]



  • TBS(毎週火曜27時02分〜27時40分) 銭形零(ファーストシリーズ)を放送中 ※


  • 毎日放送(毎週火曜26時15分〜26時50分) 銭形泪(セカンドシリーズ)を放送中 ※


  • 中部日本放送(毎週水曜26時45分〜27時15分) 銭形舞を放送中 ※


  • テレビユー福島(毎週木曜26時25分〜26時55分) 銭形泪(セカンドシリーズ)を放送中


  • テレビユー山形(毎週水曜24時55分〜25時25分) 銭形愛を放送中※地上デジタル放送ではハイビジョンで放送


    [BS?CS]



  • ファミリー劇場 ※現在放送はなし(再開時期不明)


  • BS-i(毎週木曜22時〜22時30分) 銭形舞を放送中


    [動画配信]



  • TBS BooBo BOX(11月から全シリーズのベストセレクションを有料でネット配信開始)

    :*劇場版の予告編およびメイキングを11月1日より無料配信中



    時間経過のゆがみと矛盾


    ドラマ公式サイトなどによる登場人物のプロフィールと実際の時間経過にはゆがみが生じている。


    「銭形愛」放送時、公式サイトには各登場人物の生年月日が記されていた。しかし、「銭形舞」以降では年齢のみになり生年月日の設定はなくなっている。


    ただし、「愛」と「舞」のプロフィールを比べると現実世界での時間経過(「愛」に1年後に「舞」は放送された)と同様に各登場人物は1歳ずつ歳をとっている。


    しかし、これ以降では放送時期とは関係なく年齢の設定は固定されており、「舞」から「銭形泪」、「銭形零」となっても年齢は変化していない。更に、五代など一部の登場人物に関しては年齢の設定そのものがなくなってしまっている。


    これは、おそらく実際の時間経過と同様に歳をとってしまうと設定に矛盾が生じてしまうことの回避策と思われる。たとえば、「愛」放送時、愛は17歳であり、この時点で泪は16歳、舞は15歳でなければおかしい。その1年後に放送された「舞」の時点では泪は17歳、舞は16歳となる。そして、「泪」のファーストシリーズからセカンドシリーズへと変わる時期、現実世界では年度がかわって泪は途中で学年があがってしてしまうことになる。


    しかし、実際には「泪」放送時、泪はファーストシリーズ、セカンドシリーズ通して高校2年生の設定であり、年齢も17歳の設定である。
    ちなみに多摩川ドイルは、歳をとらない設定になっており、「愛」放送時に10歳だったが、「舞」「零」放送時にも10歳である。



    商品





    [書籍]



  • ケータイ刑事マニアルBOOK

    (「マニアル」とは「マニア」になれる「マニュアル」という意味の造語である)


  • 黒川芽以ケータイ刑事銭形泪カレンダー2005(書籍扱い)




    [CD]



  • 泪の海/黒川芽以(銭形泪主題歌)


    [DVD]



  • ケータイ刑事銭形愛DVD-BOX(全26話+特典映像収録)


  • ケータイ刑事銭形舞DVD-BOX(全13話+特典映像収録)


  • ケータイ刑事銭形泪DVD-BOXI(全13話+特典映像収録)


  • ケータイ刑事銭形泪DVD-BOXII(全13話+特典映像収録)


  • ケータイ刑事銭形泪DVD-BOXIII(全13話+特典映像収録)


  • ケータイ刑事銭形零DVD-BOXI(全13話+特典映像収録、2005.12.23発売予定)


  • ケータイ刑事銭形零DVD-BOXII(全13話+特典映像収録、2006.1.27発売予定)


    [その他]



  • 「黒川芽以style」銭形泪(黒川芽以)フィギュア+DVD〜夏服バージョン〜


  • 「黒川芽以style」銭形泪(黒川芽以)フィギュア+DVD〜冬服バージョン〜




    [ケータイ刑事手帳]



  • 銭形泪(黒川芽以)冬服バージョン(トレーディングカード|トレカ1枚付)(販売終了)


  • 銭形泪(黒川芽以)夏服バージョン(トレカ1枚付)

    購入に関する詳細は銭形泪公式HP

    に記述。


    [携帯用ゲーム(iアプリ)]



  • iモード用有料ゲームサイト「ゲームWorld激安」ゲームコーナー内ケータイ刑事コーナー

    15パズル銭形泪編

    15パズル高村一平編

    15パズル柴田太郎編

    ケータイ刑事RPG〜伝説のケータイを探せ〜

    ケータイ刑事銭形泪(アクション)



    ケータイ刑事銭形泪放送事故


    2004年10月1日地上波TBSで当日放送予定だった「銭形泪」ファーストシリーズ第4話が放送されず、突然セカンドシリーズ第4話が放送された放送事故。

    当時、高村はBS-iに登場したのみで時期遅れで放送していた地上波には一度も登場しておらず、相棒が変わるという展開にもなっていなかった。


    視聴者からの指摘で気付き同日、TBSが「テープの確認ミス」だったことを謝罪をした。


    また、「銭形零」ではこの放送事故を自らパロった「おっちょこちょいなミステイク〜放送事故殺人事件」という話を放送している。



    スタッフ



  • 制作:木下プロダクション(愛)ドリマックス(舞〜。木下プロダクションはドリマックスの前身の会社。)


  • プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ・荒木光明・吉川厚志・田沢幸治


  • 美術プロデューサー:平野裟一


  • 宣伝:中尾美香子


  • 劇中曲作曲:遠藤浩二


  • メイク:石黒智子


  • フロムファーストマネージャー:横山武


  • メイキングディレクター:武義


  • 音声:奥泉秀信


  • 入電ボイス:菅原牧子・小林麻耶


  • オープニングナレーション:林和義制作側スタッフも内輪ネタを扱った話などで多数出演している。



    関連項目



  • 刑事ドラマ


  • 携帯電話


  • 携帯機器|ケータイ


  • 刑事



    外部リンク



  • ケータイ刑事銭形愛


  • ケータイ刑事銭形舞


  • ケータイ刑事銭形泪


  • ケータイ刑事銭形零


  • ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状


  • 悪い女「ルーズソックス刑事」






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月07日

    テレビドラマ[やまとなでしこ (テレビドラマ�

    ドラマ☆ストリートやまとなでしこ (テレビドラマ)





    やまとなでしこ (テレビドラマ)


    }

    やまとなでしこは、2000年10月9日から12月18日までフジテレビ系列で放送され、合コンに明け暮れるスチュワーデスと魚屋の男の恋愛模様を描いたテレビドラマである。松嶋奈々子主演。「月9」ドラマのひとつ。全11話。2003年には韓国でキム・ヒソン主演でリメイクされた。2005年10月-11月にはチャンネルα枠で再放送された。



    概要


    地方の貧しい家の出身で自意識過剰、しかも成り上がり体質かつ見栄っ張りな主人公・桜子が、東京に出てきてスチュワーデスになり、都会出身のお嬢様のふりをしながら「いかに金持ちのいい男をゲットするか」に命をかけて、日々医者や弁護士、広告代理店マンらとの合コンに勤しむ中で、元数学者の魚屋の男と出会い、真実の愛を見つけるというコメディタッチな純愛ドラマ。主役の松嶋菜々子・堤真一の演技はもちろん、西村雅彦ら脇役のキャラクターも際立っている。ストーリー、音楽、ファッションも魅力的なドラマである。制作前に現役のスチュワーデスに取材をして作品のディティールを創り上げたために、地方出身の成り上がり体質のスチュワーデスの日常がシニカルかつ真実味たっぷりに描かれている秀作。なお、スチュワーデスの日常を主題にしている上、そのシニカルなドラマの内容からどこの航空会社からも協力を受けられなかったため、機内や空港内のシーンなど、スチュワーデスとしての仕事上のシーンが殆ど出てこないのが特徴。矢田亜希子がこのドラマ出演を機に大ブレイクし、皮肉なことにその後、このドラマの主人公・桜子に最も近い人物が多数在籍して�
    $$$k$H;W$o$l$k9R6u2q
    松嶋菜々子が大変ハマリ役で非常に魅力的だった事も素晴らしいドラマになった大きな要因の一つだろう。



    キャスト



  • 神野桜子(松嶋菜々子)


  • 中原欧介(堤真一)


  • 佐久間為久(西村雅彦)  


  • 塩田若菜(矢田亜希子)


  • 奥山なみ(須藤理彩)


  • 粕谷紳一郎(筧利夫) 


  • 花房礼二(押尾学)


  • 武藤操(今井陽子)


  • 中原富士子(市毛良枝)


  • 佐久間真理子(森口瑤子)


  • 東十条司(東幹久)


  • 岩村実(相島一之)


  • 東十条一郎(清水章吾)


  • 東十条夫人(泉晶子)


  • 神野勝(小野武彦)   


  • 黒河教授(柴俊夫)

    ほか。



    スタッフ



  • 脚本 中園ミホ


  • 企画 石原隆


  • プロデュース 岩田祐二


  • 演出 若松節朗、平野眞


  • 音楽 住友紀人


  • 主題歌 「Everything」(MISIA)


  • 制作 フジテレビ、共同テレビ


  • 技術プロデュース 佐々木俊幸


  • 撮影 伊藤清一


  • 照明 本橋義一


  • 音声 国澤藤一


  • 美術プロデュース 杉川廣明


  • 美術デザイン 塩入隆史


  • 装飾 山内康裕


  • 衣裳 小平理恵


  • メイク 森田京子


  • スタイリスト 谷口みゆき


  • 大道具 比留間正幸


  • 持ち道具 能勢直子



    サブタイトル・放送日・視聴率



  • 第1話 「ずっと探してた人」(2000年10月9日) 24.9%


  • 第2話 「恋を失うとき」(2000年10月16日) 21.4%


  • 第3話 「二人きりの夜」(2000年10月23日) 25.8%


  • 第4話 「ラブホテル事件」(2000年10月30日) 23.6%


  • 第5話 「恋と洋服」(2000年11月6日) 26.7%


  • 第6話 「顔以外愛せない」(2000年11月13日) 25.9%


  • 第7話 「素直になれなくて」(2000年11月20日) 24.6%


  • 第8話 「やさしいウソ」(2000年11月27日) 26.5%


  • 第9話 「彼女が泣いた夜」(2000年12月4日) 25.4%


  • 第10話 「逃げ出した花嫁」(2000年12月11日) 28.3%


  • 第11話 「いつか王子様が」(2000年12月18日) 34.2%数字は視聴率(ビデオリサーチ調べ)



    派生作品



  • ???? (大韓民国|韓国SBS、2003年。リメイクバージョン)



    関連項目



  • スチュワーデス


  • スチュワーデス物語


  • 航空会社



    外部リンク



  • やまとなでしこ(フジテレビ)







    前番組:
    バスストップ



    フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ



    次番組:
    HERO (テレビドラマ)|HERO












    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月06日

    テレビドラマ[火消し屋小町]

    ドラマ☆ストリート火消し屋小町



    火消し屋小町』(ひけしやこまち)は、逢坂みえこがビッグコミックオリジナルに1998年9月5日号から2004年1月5日号までの間に不定期連載した青年漫画作品、並びにそれを原作としたテレビドラマ作品である。2000年12月に一度ともさかりえ主演で単発ドラマ化(関西テレビ放送|関西テレビ制作・フジテレビジョン|フジテレビ系列)。2004年7月12日から8月12日には日本放送協会|NHK総合テレビの夜の連続ドラマ(通称:よるドラ)枠でもテレビドラマ化(全20回シリーズ)された。なお、この作品が現れるまでは、女性消防官がポンプ隊で放水要員を務める事はなかった。





    フジテレビ版





    [ 概要 ]


    歳末特別警戒ドラマ ヤケドなんか怖くない「ブッチギリ女消防士!火消し屋小町」*放送日:2000年12月16日 22:00-23:24


  • 制作:関西テレビ放送・IMO


  • 挿入歌:「IN and OUT of LOVE」Eye'z




    [ 出演 ]



  • ともさかりえ


  • 酒井美紀


  • 鈴木砂羽


  • 石黒賢


  • 布施博(特別出演)


  • 大久保佳代子


  • 深田恭子


  • 松本まりか


  • 北村総一朗


  • 渡辺哲



    NHKよるドラ版



    [概要]


    NHK夜の連続ドラマ「火消し屋小町」*放送日:2004年7月12日〜8月12日(毎週月曜日〜木曜日 23:00〜23:15放送)


  • 共同制作:NHKエンタープライズ21


  • 制作・著作:日本放送協会|NHK・MMJ|MMJ(メディアミックス・ジャパン)


  • 主題歌:「明日へ架ける橋」倉木麻衣


  • 放送回数:全20回


    [あらすじ]


    ヒロイン・南夏子(池脇千鶴)は勤めていた会社が突然倒産してしまったことから将来を失望していた時に受けていた消防士の試験に合格する。しかし、夏子は消防士に本来はなるつもりはなかったせいもあり、不器用でかつ集団行動が苦手なせいで上司からいつも怒鳴られるが、少しずつ慣れていって仲間たちとも意気投合し、ファイヤーファイターとして第一線で活躍するまでを描く。


    [出演]



  • 池脇千鶴


  • 鳥羽潤


  • ベッキー


  • 櫻井淳子


  • 杉田かおる


  • 大森南朋


  • 細川茂樹


  • 石井康太(やるせなす)


  • 西郷輝彦


  • 間寛平


  • 山寺宏一


  • 大杉漣


    [ 各週のタイトル ]



  • 第1週「人生はちょろい?」(2004年7月12日〜7月15日)


  • 第2週「同じ釜のメシ」(2004年7月19日〜7月22日)


  • 第3週「恋のボヤ騒ぎ」(2004年7月26日〜7月29日)


  • 第4週「火事、オヤジ」(2004年8月2日〜8月5日)


  • 第5週「あたしは消防士」(2004年8月9日〜8月12日)



    外部リンク



  • NHK火消し屋小町公式サイト








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月05日

    テレビドラマ[愛していると言ってく$l]

    ドラマ☆ストリート愛していると言ってくれ



    愛していると言ってくれ(あいしいてるといってくれ)は、東京放送|TBS系で1995年7月〜9月に全12回で放送されたドラマ。放送時間は毎週金曜日の22時からの1時間(金曜ドラマ枠)



    概要



  • 耳の聞こえない画家と、女優の卵が、障害を乗り越えながら愛を深める、というストーリー。


  • 最高視聴率は28.1%、平均視聴率は21.3%。主題歌であったDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」はこの年のオリコン年間第1位に輝いた。ドラマも主題歌も非常に高い評価を得た。



























    放送回サブタイトル初回放送日
    1出逢い1995年7月7日
    2約束1995年7月14日
    31995年7月21日
    4キッス1995年7月28日
    5会えない1995年8月4日
    6過去1995年8月11日
    7再会1995年8月18日
    8秘密1995年8月25日
    9疑惑1995年9月1日
    10悲劇1995年9月8日
    11別離1995年9月15日
    12僕の声1995年9月22日



    [出演者]



  • 豊川悦司(とよかわ えつし、榊晃次):新進青年画家。7歳の時に聴覚を失う


  • 常盤貴子(ときわ たかこ、水野紘子):女優の卵。アルバイトをしながら劇団で演技の勉強をしている


  • 岡田浩暉(おかだ こうき、矢部健一):紘子の幼馴染。紘子に想いを寄せる(To be continued ボーカル)


  • 余貴美子(よ きみこ、神崎薫):


  • 矢田亜希子(やだ あきこ、榊栞):晃次の義妹。晃次を慕っている(このドラマがデビュー作)


  • 鈴木蘭々(すずき らんらん、吉田マキ):


  • 相島一之(あいじま かずゆき、藪下清):晃次と同じ画廊に所属する画家


  • 橋爪功(はしづめ いさお、榊伸吉):晃次の父


  • 吉行和子(よしゆき かずこ、吉沢道子):晃次の実母


  • 麻生祐未(あそう ゆみ、島田光):晃次の元恋人


  • 春田純一(はるた じゅんいち、日野克彦):


  • 生瀬勝久(なませ かつひさ、):


  • 三觜要介(みつはし ようすけ、島田学):光の息子


    [スタッフ]



  • 脚本:北川悦吏子


  • プロデューサー:貴島誠一郎


  • 演出:生野慈朗、土井裕泰、福澤克雄


    [主題歌・挿入歌]



  • 主題歌「LOVE LOVE LOVE」(歌: DREAMS COME TRUE、作詞: 吉田美和、作曲: 中村正人、編曲: 中村正人)


  • 挿入歌「嵐が来る」(歌: DREAMS COME TRUE、作詞: 吉田美和、作曲: 中村正人、編曲: 中村正人)


    [関連書籍・関連グッズ・DVD]



  • 愛していると言ってくれ BOXセット」ASIN: B00005HNEL



    関連項目



  • 日本のテレビドラマ一覧


  • ビューティフルライフ----''このページはのテンプレートを使用しています。''






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月04日

    テレビドラマ[不思議なオパール]

    ドラマ☆ストリート不思議なオパール



    不思議なオパール』(The Genie From Down Under)はオーストラリアで制作され、日本で1999年から放送された海外ドラマ。



    日本語版制作スタッフ



  • 台本 - 中村久世


  • 演出 - 松川陸


  • 調整 - 金谷和美、栗林秀年


  • 編集 - 浅見盛康、遠藤毅、畠山和枝、原田裕文


  • 制作 - 里口千、平塚輝雄



    キャスト



  • ペネロピー・タウンズ - アレクサンドラ・ミルマン(声 - 加藤絹子)


  • ブルース(1) - リース・マルドゥーン(井上倫宏)


  • ブルース(2) - サンディ・ウィントン(井上倫宏)


  • バズ - グレン・メルドラム(津村まこと)


  • ダイアナ・タウンズ - アンナ・ガルビン(小野洋子)


  • モソップ - モニカ・モーン(今井和子)


  • バブルス - イアン・マクファディエン(後藤哲夫)


  • オットー・フォン・マイスター - マーク・ミッチェル(富田耕生)


  • コンラッド・フォン・マイスター - フレッチャー・ハンフリーズ(浪川大輔)


  • トリッシュ - カイリー・ベリング(津田真澄)


  • ダーリーン - ボビー・ヘンリー(名越志保)


  • マーシア(1) - エミリー・ミルバーン(目黒未奈)


  • マーシア(2) - ペトラ・ジャーレッド(藤夏子)


  • ソフィー - ジャシンタ・ステイプルタン(本美奈子)



    関連項目



  • 海外ドラマ一覧








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月03日

    テレビドラマ[フルハウス]

    ドラマ☆ストリートフルハウス



    フルハウスは、

    ・トランプを使って行うゲームの一種ポーカーの役名→ポーカーを参照

    ・アメリカAmerican Broadcasting Company|ABCのテレビドラマのタイトル

    ・韓国KBSのテレビドラマのタイトル

    ここでは、2.について述べる。

    ----

    フルハウスは、アメリカ合衆国|アメリカで製作されたテレビドラマ。アメリカのAmerican Broadcasting Company|ABCテレビで1987年から1995年にかけて全192話が放送された。妻を事故で亡くした男が男友達に助けられながら子育てをするホームドラマ(シチュエーション・コメディー)である。日本では日本放送協会|NHK教育テレビで1993年から1997年に放送され、その後も何度か再放送された。現在は2005年4月5日よりNHK教育テレビの火曜夜7時からの時間帯で再放送をしている。アメリカや日本などで根強いファンがとても多く、10年以上経った今年(2005年)、ついに第1シーズンのDVDがワーナー・ホーム・ビデオから発売される。(日本では8月26日発売) なお、続シリーズの発売も予定されているとの事。主題歌はジェシー・フレデリック (Jesse Frederick) の ''Everywhere You Look''。





    あらすじ


    サンフランシスコに住むタナー夫妻には10才と5才と生後9ヶ月の3人の娘がいたが、妻パメラが交通事故で死んでしまう。夫ダニーは親友ジョーイと妻の弟ジェシーに協力してもらって、男手だけで子育てすることにした。ダニーはテレビ局でキャスターをしていて昼間は家にいないので、その間は、子ども好きなコメディアンのジョーイと、エルビス・プレスリーに憧れるミュージシャンのジェシーが子どもの面倒をみる。この2人は父親の自覚に乏しくて子どもたちを甘やかしてしまい、帰宅したダニーに怒られる。それでも、2人は次第に父親らしくなっていく。シリーズ中盤にジェシーは結婚して双子の父親となった。娘達はいたずらで3人の父親の手を焼かせたり、友達やボーイフレンドのことで悩んだりしながら成長していった。



    主な登場人物





    [タナー家の人々]


    ジェシー・コクラン (Hermes "Jesse" Katsopolis(Jesse Cochran in early episodes))


  • ジョン・ステイモス(John Stamos)が演じる。堀内賢雄が吹き替える。


  • ダニーの亡妻パメラの弟。ミュージシャン?


  • 2〜3ヶ月タナー家で手伝いをする予定であったが、気付けばタナー家の住人になってしまった。


  • エルビス・プレスリーの大ファン。毎日自慢の長髪を丹念にセットしていたが、ある日ステファニーに切られる。ダニー・タナー (Daniel Ernest "Danny" Tanner)


  • ボブ・サゲット(Bob Saget)が演じる。大塚芳忠が吹き替える。


  • タナー家3姉妹の父親。おはようサンフランシスコのキャスター。


  • 掃除が大好きで、自分の話をしだすと止まらない。


  • 子離れが出来ずに、とても過保護。


  • ハグが大好きな通称"Hug Machine"。ジョーイ・グラッドストーン (Joseph Alvin "Joey" Gladstone)


  • デイブ・クーリエ(Dave Coulier)が演じる。山寺宏一が吹き替える。


  • 夢は世界一有名なコメディアン。芸が多彩で様々な声真似をすることができる。


  • シリーズの後半で教員免許をもっている設定が加わり、子どもたちの通う小学校で臨時教師を勤めるエピソードが登場する。ドナ・ジョー・“D.J.”・タナー (Donna Jo Margaret "D.J." Tanner)


  • キャンディス・キャメロン(Candace Cameron)が演じる。坂本千夏が吹き替える。


  • タナー家の長女。


  • 機転が速く悪知恵がはたらくこともあるが、よく妹想いな面を見せる。ステファニー・“ステフ”・タナー(Stephanie Judith Tanner)


  • ジョディ・スウィーティン(Jodie Sweetin)が演じる。大谷育江が吹き替える。


  • タナー家の次女。


  • 明るくちょっとおませな女の子。姉であるD.J.に密かに憧れ、ファッション等よく真似をする。ミシェル・タナー (Michelle Elizabeth Tanner)


  • オルセン姉妹|アシュレー・オルセン(Ashley Olsen)/メアリー・ケイト・オルセン(Mary-Kate Olsen)の双子が交互に1人を演じる。川田妙子|山田妙子が吹き替える。


  • 初めプロデューサーは2人が1役を演じていることを秘密にしていた。


  • タナー家の三女で末っ子。はじめの頃は赤ん坊だった。


  • わずか0歳時に母親をなくしたので周りが特にかわいがったせいか、奔放に育ち、時にわがままな発言をすることも。コメット(Comete)


  • 51話「我が家の新入り」でオハイオ州から『ミニー(コメットの母親)』がタナー家の庭に迷い込んできた。


  • ミニーがタナー家で出産した後、飼い主が迎えに来たが、お礼も兼ねて子犬1匹(コメット)を頂いた。


  • 一度だけしゃべったことがある。(心の中で)


    [その他の人々]


    キミー・ギブラー (Kimberly Louise "Kimmy" Gibbler)


  • アンドレア・バーバー(Andrea Barber)が演じる。伊藤美紀 (声優)|伊藤美紀が吹き替える。


  • タナー家の隣人でD・Jの友人。とても早口で、足が臭い。レベッカ・“ベッキー”・ドナルドソン (Rebecca Donaldson-Katsopolis)


  • ロリー・ローリン(Lori Loughlin)が演じる。佐々木優子が吹き替える。


  • ダニーの同僚。後にジェシーと結婚。スティーブ (Steven "Steve" Hale)


  • スコット・ウェインガー(Scott Weinger)が演じる。高木渉が吹き替える。


  • D.J.の彼氏。怒ると鼻の穴が膨らむ。ニコラス・“ニッキー”&アレクサンダー・“アレックス” (Nicholan "Nicky" Katsopolis & Alexander "Alex" Katsopolis)


  • ジェシーとレベッカの間の双子の男の子。こおろぎさとみが吹き替える。



    外部リンク



  • フルハウス〈Full House〉






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月02日

    テレビドラマ[野ブタ。をプロデュー%9]

    ドラマ☆ストリート野ブタ。をプロデュース



    野ブタ。をプロデュース』(のブタをプロデュース)は、白岩玄作の小説。2004年度文藝賞受賞作品。原作:ISBN 4-309-01683-9主人公の男子高生、桐谷修二が、編入して来た男子高生、小谷信太(しんた。通称野ブタ)を人気者にしようと画策する物語。2005年10月15日から日本テレビ放送網|日本テレビ系でテレビドラマ化される。ただしドラマの方では、プロデュースされるのは女子高生・小谷信子に変えられている。またドラマオリジナルとして草野彰役を設定するなど、原作とは大きく内容が異なっている。亀梨と山下がユニット「修二と彰」を結成したり、山下が特別出演扱いになっていることから、当初のシナリオからジャニーズサイドの意向で現在のシナリオに変更されたと思われる。



    キャスト



  • 桐谷修二(亀梨和也(KAT-TUN))


  • 草野彰(山下智久(NEWS (ジャニーズ)|NEWS)) 特別出演


  • 小谷信子(堀北真希)


  • 上原まり子(戸田恵梨香)


  • 桐谷悟(宇梶剛士)


  • 桐谷伸子(深浦加奈子)


  • 桐谷浩二(中島裕翔(ジャニーズJr))


  • 横山武士(岡田義徳)


  • セバスチャン(木村祐一)


  • 家原靖男(不破万作)


  • 黒木広子(たくませいこ)


  • ゴーヨク堂店主(忌野清志郎)


  • 平山一平(高橋克実)


  • 佐田杳子(キャサリン)(夏木マリ)



    ソフトウェア



  • テレビサントラ 野ブタ。をプロデュース



    サブタイトル・視聴率



  • PRODUCE 1 16.1%


  • PRODUCE 2 14.9%


  • PRODUCE 3 17.0%


  • PRODUCE 4 16.4%


  • PRODUCE 5



    スタッフ



  • 脚本:木皿泉


  • 原作:『野ブタ。をプロデュース』 白岩玄(河出書房新社)


  • 音楽:池頼広


  • プロデューサー:河野英裕


  • 演出:岩本仁志


  • 主題歌:修二と彰|修二(亀梨和也)と彰(山下智久)「青春アミーゴ」



    外部リンク





  • 日テレ・ホームページ







    前番組:
    女王の教室



    日本テレビ放送網|日本テレビ土曜グランド劇場一覧



    次番組:
    喰いタン








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月01日

    テレビドラマ[東京湾景]

    ドラマ☆ストリート東京湾景



    東京湾景

    ・吉田修一著作の小説。

    ・仲間由紀恵主演の2004年に放送されたフジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ|月9ドラマ。本項で記述。

    ----

    東京湾景 〜Destiny of Love(とうきょうわんけい ディスティニーオブラブ [ハングル表記では동경만경])は、フジネットワーク|フジテレビ系で2004年7月5日〜2004年9月13日に放送されたテレビドラマ。全11回、放送時間:月曜日21:00-21:54(JST)、初回は69分拡大版。





    内容


    韓国の流行「韓流」を用い、主演の仲間由紀恵は主人公と主人公の母役、栗原美和子プロデューサーは「原夏美」のペンネームで脚本と、一人二役をこなす。吉田修一の同名小説をドラマ化したものだが、内容は在日韓国人女性と日本人青年とのラブストーリーに大幅に変更されている。韓国の人気俳優・歌手のパク・ヨンハが、仲間演じる美香が勤める出版社のソウル支社社員役で、7話から9話までと最終話の韓国のシーンでゲスト出演。また、8話冒頭でパクが「ドラマ『東京湾景』について」コメント。フジテレビでは、本編放送中の2004年9月4日から9月10日まで、その時点でオンエア済みの10話分が再放送された。視聴率的には裏番組の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)や「キスだけじゃイヤッ!」(YTV)、に及ばないことが多い結果となった。また裏番組のドラマ「ジイジ〜孫といた夏」の人気が高かったこともあり、結論的に月9にもかかわらずヒットしなかった。原作の良さを殺した強引な展開で、韓国ブームに�
    JX>h$7$?$K$b$+$+$o$i$:4Z9q%I%i%^%U%!%s$+$i$bITI>$G$"$C$?!#$^$?OBEDAo9($O$3$l$^$G%I%i%^=P1iNr$,$^$C$?$/L5$$$K$b94$i$:!"


    出演



  • 木本(李)美香/金優里(美香の母)-仲間由紀恵(二役)


  • 和田亮介-和田聡宏


  • 井上(朴)弘一-中村俊介


  • 佐藤隆太


  • 哀川翔


  • 佐藤江梨子


  • 美香の父・正雄-石坂浩二


  • 亮介の父で優里の元恋人-夏八木勲(2話より)


  • 弘一の母-李麗仙(2話より)


  • 仲村トオル(友情出演)(3・5・8・10話を除く)


  • 速水もこみち


  • 美香の妹・紀香-ソニン


  • ソウル支社社員・姜-パク・ヨンハ


  • 石田太郎(6・8・10・最終話)


  • 岩本多代(2・5・6・7・8・最終話)


  • 青年時代の亮介の父-川端竜太(4・9話を除く)


  • 長野里美(3・8・9話を除く)


  • 池田有希子(3・4・6・7・9話)


  • 森康子(2・3・4・5・10・最終話)


  • 長坂周


  • 江咲亜希子(10話を除く)


  • 浅里昌吾(10話を除く)


  • 夏秋佳代子(10話を除く)、


  • 徳永淳(10話を除く)


  • 大村美樹(初回と7話のみ)


  • 福本奈々(初回と3話のみ)




    [ゲスト出演]


    初回


  • 佐藤廉


  • 権藤彪冴

    2話


  • 浅沼晋平


  • 今井耐介

    4話


  • 井上訓子

    5話


  • 須永慶


  • 阿部六郎


  • 高杉航大

    6話


  • 峯村リエ


  • 三原 康可


  • 兎本有紀


  • 沼崎悠


  • 加世幸市


  • 西山周吾


  • 野村信次(7話も)

    7話


  • 春原美和


  • 及川治芳

    9話


  • やべけんじ


  • 伊藤正博


  • かとうけいこ

    10話


  • 三田恵子


  • 小山弘訓


  • 岡崎宏(最終話も)

    協力


  • 芸優


  • 劇団東俳


  • 放映プロジェクト


  • 稲川素子事務所(初回と3話)


  • セントラル子供劇団(2・5話)


  • フジテレビクラブのみなさん


  • 東京児童劇団(10話のみ)



    スタッフ



  • 原作:『東京湾景』吉田修一


  • 脚本:栗原美和子|原夏美


  • 主題歌:『君さえいれば』Weather Forecast(作詞/作曲・Kang Hyun Min)

    挿入歌:『僕は忘れない』自転車に乗った風景


    作詞・Kang In Bong(姜仁烽)、Kim Hyong Seob(金亭燮)、作曲・Kang In Bong(姜仁烽)

    挿入歌:『ゆびきり』ユンナ


  • 音楽:イルマ、高梨康治(「東京湾景グレイテストヒッツ」より)


  • 選曲・藤村義孝


  • 音響効果・近藤隆史、(最終話のみ)穂積尚子


  • MA・古跡 奈歩)


  • 韓国語監修・文恵子


  • 美術プロデュース・柴田慎一郎


  • デザイン・塩入隆史


  • 取材協力・在日本大韓民国民団


  • 協力・東京都港湾局、バスク (テレビ技術会社)|バスク、東京ロケーションボックス、pen(株)阪急コミュニケーションズペン倶楽部、アーバンロケサービス(3話より)、渋谷ビデオスタジオ


  • 撮影協力・東京港管理事務所、東京観光汽船株式会社、(最終話のみ)護国寺、韓国文化放送|MBC


  • 医事監修・片山雅彦(10話と最終話)


  • 看護指導・石田喜代美(8話より)


  • 美術進行・杉山貴直


  • 大道具製作・西田裕一


  • 大道具操作・布施智司、(最終話のみ)中村大輔


  • アクリル装飾・石橋誉礼


  • 装飾・熊倉秀一、(最終話のみ)星田和昭、阿部豪紀、坂東城、佐々木真吾


  • 持道具・佐々木ちほ


  • 衣裳・金澤由貴子、(最終話のみ)生井江巳子


  • スタイリスト・鈴木智子、栗田泰臣、(最終話のみ)坪倉亜由子、鈴木のり子


  • メイク・野口美香、小林真由、向井マキ、(最終話のみ)長縄真弓


  • 視覚効果・江崎公光


  • 電飾・森智、(最終話のみ)

    藤野祐太郎


  • 植木装飾・原利安


  • 生花装飾・勝野純子


  • (最終話のみ)消え物・赤堀博美


  • 建具・阿久津正巳(最終回を除く)


  • タイトルロゴ・久保田幸


  • 書道担当・江島史織)


  • TD・北山善弘


  • 撮影・増井初明、(最終話のみ)土田豪介、初瀬康一、西村敏彦、柳沢営造、高野学、藤平香子、松原祐一、遠藤俊洋


  • 照明・花岡正光、(最終話のみ)田部谷正俊、鈴木敏雄、後藤史兆、中村晋平


  • 音声・竹中泰、(最終話のみ)渡部満裕、古舘勢市、尾上啓太


  • 映像・藤本伊知郎(2話より)、久米田俊裕(初回と最終話のみ)、(最終話のみ)桜庭武志


  • 録画・山本米勝


  • 編集・山本正明


  • ライン編集(3話から10話まではVTR編集)・浅沼美奈子、(最終話のみ)高岡直樹


  • 編集デスク・長谷川美和


  • 技術プロデュース・佐々木宣明


  • スタジオデスク・瀬戸井正俊


  • CG・佐藤康夫


  • タイトルバック・冨士川祐輔


  • 監督補・八木一介


  • 演出補・浅見真史、(最終話のみ)大畑 真治、田中亮、長尾久美子


  • スケジュール・田澤直樹(2話より)


  • 記録・河野ひでみ(初回・2・5・7・9・最終話)、小原菁子(3・4・6・10・最終話)、沖宏美(8話と最終話)


  • 制作担当・紺野生、(9・10話を除く)田島英憲


  • 制作主任・梶原富治、(9話より)百々勲


  • 制作進行・野村友紀


  • 企画、プロデュース・大多亮


  • プロデューサー:栗原美和子、森谷雄(共同テレビジョン|共同テレビ)

    プロデュース補・國安馨、(最終話のみ)三竿玲子、木沢基


  • 広報・稲葉匡信


  • ホームページ担当・丸谷利一


  • 写真・青木操生


  • 演出:村上正典(共同テレビ)(初回・2・5・7・9・最終話)、平井秀樹(3・4・6・10話。演出担当)、澤田鎌作(8話、演出担当)


    [韓国ロケスタッフ]


    8話のみ


  • 照明・田部谷正俊


  • 音声・渡部満裕


  • 映像・桜庭武志


  • 韓国ロケコーディネート・楊惠景

    最終話のみ


  • 韓国ロケ撮影・安藝考仁


  • 韓国ロケ照明・三重野聖一郎


  • 韓国ロケ音声・片寄正一


  • 韓国ロケ映像・権田博


  • 韓国ロケコーディネート・楊惠景、Kim Jun Beom



    各話サブタイトル


    各話の回数はハングル表記。

    ・日韓を駆け抜ける運命の恋

    ・生きていた恋人

    ・真夏の海の告白

    ・核心へ

    ・ソウルからの挑戦状

    ・奇跡のデジャヴ

    ・夏のソナタ〜祖国へ〜(フジテレビHP番組紹介ページでは「ソナタ」。CM前後のシーンでは「東京湾景〜夏ソナSP〜」と表示)

    ・決断

    ・激流

    ・花嫁の逃亡

    ・最終話〜輪廻〜



    関連項目



  • 冬のソナタ


  • ラブストーリー (映画)


  • フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ


  • 韓流





    外部リンク



  • 吉田修一


  • フジテレビ







    前番組:
    愛し君へ



    フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ



    次番組:
    ラストクリスマス












    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。