2005年12月10日

テレビドラマ[忠臣蔵]

ドラマ☆ストリート忠臣蔵



忠臣蔵(ちゅうしんぐら)#歌舞伎・文楽の演目『仮名手本忠臣蔵』の通称。

・歌舞伎や演劇・映画の分野で、赤穂浪士の復仇事件に題材をとった作品のこと。

・元禄15年12月14日(1703年1月30日)におこった赤穂浪士の復仇事件(元禄赤穂事件)を指す。――事件。ただしこの場合には、浪士方を善、吉良方を悪とし、赤穂浪士に対する賞賛の意をこめた呼名であることから、学術的な用語としては用いることを避ける傾向にある。----江戸時代・1701年(元禄14年)3月に江戸城内の松の廊下で赤穂藩藩主・浅野内匠頭(浅野長矩)が高家肝煎・吉良上野介(吉良義央)に切りつけた刃傷沙汰に端を発する。松の廊下事件については、加害者とされた浅野は切腹となり、被害者とされた吉良はおとがめなしとされた。その結果を不満とする大石内蔵助をはじめとする赤穂藩47人の旧藩士(赤穂浪士・赤穂四十七士)が、元禄15年12月に本所の吉良邸に討ち入って仇討ちを果たしたという元禄赤穂事件|吉良上野介邸討ち入り事件(およびその結果としての全員の切腹)までを題材にとった物語の総称として使われる。ただし、かなりの演出・創作が含まれており、必ずしも史実の通りではない事に注意しなければならない。忠臣蔵の名、およびその大枠は、赤穂浪士が切腹になって47年後の寛延元年に成立した義士物の浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』に由来する。「忠臣蔵」の意味は、蔵一杯の(それほど多くの)忠臣たち、との意味である。事件の翌元禄16年(1703年)には事件を曾我兄弟の仇討ちに設定した『曙曽我夜討』が上演されたが、三日目に上演禁止とされている。その後も、近松門左衛門作の人形浄瑠璃『碁盤太平記』など次々と歌舞伎や浄瑠璃に仕立てられた。その集大成が寛延元年(1748年)8月に上演された竹田出雲・三好松洛・並木千柳の合作の人形浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』である。同じ年に歌舞伎の演目として取り入れられ大当たりした。歌舞伎、浄瑠璃、講談で数多くの作品がつくられ、「忠臣蔵物」と呼ばれるジャンルを形成する。その様な作品のひとつに 
X2>L>忠�
?CB"<
/a>』と怪談を組み合わせた鶴屋南北作『東海道四谷怪談』がある。江戸時代は同時代の武家社会の事件を上演することは禁じられていたために、「忠臣蔵物」は太平記など別の時代に設定され、登場人物の名も大石内蔵助は大星由良助などに変えられている。「忠臣蔵物」は独参湯と呼ばれ、客が不入りの時でも忠臣蔵を出せばあたると言われるほどに庶民に人気があった。明治以降は江戸幕府|幕府への憚りがなくなったため、実名で上演することができるようになった。昭和9年(1934年)には徹底的な資料調査をして史実に基づいた歌舞伎『元禄忠臣蔵』が上演されている。講談、浪曲でも忠臣蔵は人気があり、「赤穂義士伝」と呼ばれ、事件の史実をあつかった「本伝」、個々の赤穂四十七士を描いた「義士銘々伝」、周辺のエピ�
%=!<%I$r$"$D$+$C$?!V30EA!W$+$i$J$k!#1G2h$N;~Be$K$J$k$H忠臣蔵も題材として使われ、最初の作品は明治40年(1907年)に製作された『忠臣蔵五段目』である。戦前は牧野省三などによって多数の忠臣蔵映画が製作された。大石内蔵助を多く演じた俳優では戦前の映画スター・尾上松之助が有名である。映画の世界でも登場人物が多彩でオールスターキャストの忠臣蔵は人気ジャンルとなり、戦前から戦後にかけて本伝ものだけで80本以上の作品が製作されている。太平洋戦争終戦後、GHQ|占領軍により忠臣蔵は封建社会の道徳観が民主化の妨げになるとして上演禁止とされた。その後、ダグラス・マッカーサー|マッカーサーの副官で知日家のフォービアン・パワーズらの努力により、逐次解禁され昭和22年(194!
7年)に『仮名手本$
BCi?CB"
』が復活上演された。戦後も忠臣蔵は人気題材であり続け、テレビの時代になると多数のテレビドラマ|ドラマが製作されている。昭和39年(1964年)に製作された大河ドラマ『赤穂浪士 (NHK大河ドラマ)|赤穂浪士』は当時の大映 (映画)|大映の看板俳優・長谷川一夫 (俳優)|長谷川一夫を大石内蔵助役にして、平均視聴率は30%を越え、討ち入りの回の視聴率は53%という高い人気を誇った。その後もオーソドックスなものから、幕府の側からの視点や女性からの視点、討ち入りをしたくなかった大石内蔵助、サイエンス・フィクション|SF的なものなど様々な趣向の忠臣蔵ドラマが製作されている。忠臣蔵は小説の題材としても用いられ、多くの作品が書かれている。代表的なものに大河ドラマ化された大佛次郎作『赤穂浪士』がある。討ち入りの日は12月14日 (旧暦)|!
$B5lNq12月14日であったが、現在に至るも12月14日|新暦12月14日が近づくと忠臣蔵のテレビ映画が放映されるなど、その人気は衰えを見せない。封建時代から続く日本人の倫理基準を象徴する作品群であると言える。しかし反面、赤穂浪士を武士の鑑として持ち上げるために、敵役とされた吉良上野介や、赤穂浪士に切腹を命じた時の将軍徳川綱吉、松の廊下事件で浅野内匠頭への切腹を命じたとされる柳沢吉保などをことさらに貶めるという構造を持っており、貶められた側に対する歴史的評価を大きくゆがめていることにも注意する必要があろう。



関連



  • 元禄赤穂事件


  • 赤穂浪士


  • 仮名手本忠臣蔵


  • 東海道四谷怪談


  • 歌舞伎


  • 人形浄瑠璃



    外部リンク



  • 仮名手本忠臣蔵


  • 忠臣蔵フィルモグラフィ








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。