2005年10月31日

ドラマ[HOTEL]

ドラマ☆ストリートHOTEL





HOTEL』(ホテル) は、石ノ森章太郎の漫画、およびそれをテレビドラマ化した作品。ホテル「プラトン」に勤める熱血ホテルマンの物語である。第33回(昭和62年度)小学館漫画賞受賞。



概略


東京プラトンに新入ホテルマンとして「赤川一平(高嶋政伸)」が入社するところからドラマが始まる。北山先輩役に石ノ森の息子の小野寺丈、東堂マネージャー役に松方弘樹、社長秘書役に紺野美沙子らが出演。放送されたドラマでは、各話にゲスト出演者が宿泊者やホテルの関係者として出演する。シリーズ以外に、2時間のスペシャル版としても放送される。また、名古屋章が死去した際は追悼番組として、ハウステンボスのホテルのレストランでの料理対決が放送された。参照:HOTELのエピソード一覧


[ ロケに使用されたホテル ]


メインで利用されたのは千葉県浦安市の舞浜|舞浜地区にある「東京ベイヒルトン」、シリーズ最後に放送されたハワイ州|ハワイ編では、オアフ島ホノルルのカハラ地区にある「カハラ・マンダリン・オリエンタルホテル」、その後に放送された2時間のスペシャル版では、東京ドームホテルが使われた。それ以外は研修先等で使用された。


  • 東京ベイヒルトンホテル (千葉県浦安市舞浜)


  • 東京ドームホテル (東京都千代田区)


  • パークハイヤットホテル (東京都新宿区)


  • 東京ヒルトンホテル (東京都新宿区)


  • 大阪ヒルトンホテル (大阪府大阪市)


  • ホテルヨーロッパ (ハウステンボス内)


  • カハラヒルトンホテル (ハワイ州ホノルル市カハラ地区)


  • カハラ・マンダリン・オリエンタルホテル (ハワイ州ホノルル市カハラ地区)


  • マウイプリンスホテル (ハワイ州マウイ島)


  • ホテル・ド・クリエン (フランス)


  • ANA ホテル・シドニー (オーストラリア)



    こぼれ話


    赤川一平役の高嶋政伸によると、ホテルでのロケはできるだけお客様が少ない時間帯を利用して撮影を行った。ただ、ドラマでは撮影の合間の待ち時間が長く、ホテルマンの制服姿でロビーなどで待機していると、お客様に本物のホテルマンだと思われ、よく声をかけられて困ったという事である。



    出演者





    [ 中心的な人物 ]





    [ 藤堂克生 ]


    (松方弘樹)、東京プラトンの宿泊支配人を勤めた後、総支配人となる。グループホテル内だけでなく、業界内で優秀なホテルマンとして名声を得ている。一緒にホテルマンを目指した同僚に、高い評価を受けている写真家がいる。第五シーズンでハワイの系列ホテルの建て直しに一平、明と共に派遣される。原作では主人公。ドラマ版では主役は赤川に譲っているが、キャストクレジットでは最初にクレジットされる。常に一平のことを気にかけ、贔屓する。この主人公には正真正銘のモデルとなった人物が存在してい


    [ 赤川一平 ]


    (高嶋政伸)、大学のホテル学科を卒業後、東京プラトンに就職しベルボーイに配属される。その後、ホテルクラークに転属になり、7年後にサブ・マネージャーに昇進。新入社員時ベルボーイに配属された立花明は大学の後輩に当たる。原作では当初は登場しない。


    [ 立花明 ]


    赤坂晃(元光GENJI/元光GENJI SUPER5/SAY・S)、大学卒業後、先輩が勤める東京プラトンに就職しベルボーイに配属される。北山が直属の上司にあたる。寝坊をしたときなどはバイクで通勤をしている。


    [ 北山修二 ]


    (小野寺丈)、一平が東京プラトンに就職時の職場の先輩。ベルボーイを長く務めた後、一平がサブ・マネージャーに昇進すると同時に、チーフベルボーイに昇進する。しかし、自分がチーフで後輩がサブ・マネージャーという事で一時上司、一平と険悪となる。


    [ 中島五郎 ]


    (名古屋章:故人)、元東京の老舗天ぷら屋の経営者。東京プラトンによく宿泊し、ハワイに支店を出店するさいトラブルとなるが、一平達の努力で解決する事となる。その後、経営を息子に任せ、東京プラトンの総料理長に就任する。


    [ 神保いずみ ]


    (藤真利子)、ホテル専属の医師として東京プラトンに勤務する。その後、長崎の大学から招致され東京プラトンをやめる事となる。ハウステンボス内のホテルに派遣されている時、東京の寿司屋の主人 (角野) から相談を持ちかけられる。


    [ 大原社主 ]


    (丹波哲郎)、東京プラトンの社長。のちに孫娘(吹石一恵)が東京プラトンにベルガールとして入社してくる。


    [ 佐伯真理 ]


    (紺野美沙子)、大原社主の秘書であるが、バンケットで開かれる企画や、企業の大口契約なども担当するキャリアウーマンである。


    [ 持田健一 ]


    (小林稔侍)、フロントの責任者であるフロント・オフィスマネージャー。のちにサブ・マネージャーとなった一平の直属の上司となる。2児の父親。


    [ 山崎 ]


    (小野寺昭)、バンケット・マネージャー。


    [ ティナ ]


    (川村ティナ)、フロントクラーク。


  • マネージャー:沖田浩之 (故人)


  • 森ユキ:岡安由美子


  • 菊池桃子


  • 高樹澪


  • 宮地佳具


  • 松岡知重


  • 姉さん:沢口靖子


    [ ハワイ編 (第五シーズン) ]





    [ ビル・マツダ ]


    (京本政樹)、元オーナーの娘婿。


    [ ジョン・ミヤザワ ]


    (柳沢慎吾)、ベルボーイ。


    [ 岩下 ]


    (沖田浩之)、日本人コック (日本編とは別役)。


    [ その他出演 ]



  • メアリー:水野美紀


  • カズ:秋山純


  • ニシダ:前田淳



    スタッフ



  • 原作:石ノ森章太郎(HOTEL


  • プロデューサー:近藤照男


  • 主題歌

    白鳥英美子「LET THE RIVER RUN」(第一シリーズ)

    島田歌穂 「FRIENDS」(第二シリーズ)

    島田歌穂 「君にできること」「真実の愛はただひとつだけ」(第三シリーズ)

    島田歌穂 「約束」(第四シリーズ)

    Miju   「カップルズ」(第五シリーズ)



    放送局



  • 東京放送|TBSテレビ (新シリーズ)および(再放送)


  • JNN|JNN各局 (新シリーズ)および(再放送)


  • 新潟テレビ21|NT21 (火曜〜金曜 14:00 〜 15:00 再放送)

       高校野球の時期は試合中継を行っているため中止や15:00 〜 から放送された。JNN系列局ではないが放送をしている。


  • ビーエス・アイ|BS-i (再放送)


  • TBSチャンネル|CS TBSチャンネル (再放送)



    書籍



  • ビッグコミック(掲載雑誌)


  • 単行本(小学館)



    関連項目



  • 日本のテレビドラマ一覧


  • ホテル


  • ハワイ州



    外部リンク



  • ヒルトン東京ベイ


  • 東京ドームホテル


  • ハウステンボス






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月30日

    ドラマ[疾風同心]

    ドラマ☆ストリート疾風同心



    疾風同心(はやてどうしん)は、『大岡越前』で人気のあった同心・風間駿介を主人公にした時代劇。1978年9月20日〜1979年3月14日に東京12チャンネルで放送された。また、続編の『八丁堀暴れ軍団』が1979年3月21日〜1979年6月13日に東京12チャンネルで放送された。



    出演



  • 和田浩治


  • 大坂志郎


  • 高橋元太郎


  • 西崎みどり





    スタッフ



  • 監督:山内鉄也


  • 脚本:葉村彰子






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月29日

    ドラマ[爆竜戦隊アバレンジャー]

    ドラマ☆ストリート爆竜戦隊アバレンジャー



    爆竜戦隊アバレンジャー(ばくりゅうせんたい−)は、2003年2月16日よりテレビ朝日系列で放映された特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」第27作目の作品である。



    ストーリー


    恐竜が進化した知的生命体「爆竜」と人類が共存するもう一つの地球「ダイノアース」を壊滅させた侵略の園「エヴォリアン」が、アナザーアース(我々の住む地球をダイノアースの人類=竜人はこう呼ぶ)を侵略してきた。伯亜凌駕(アバレッド)、三条幸人(アバレブルー)、樹らんる(アバレイエロー)、ダイノアースから来た竜人・アスカ(アバレブラック)4人の若者が、アナザーアースを守るべく、爆竜と心を通わせ、エヴォリアンと戦う。



    概要


    『ジャッカー電撃隊』以来の当初4人編成戦隊である。但し、アバレブラック=アスカは、結成の経緯から司令官的立場でもあり、さらに中盤で一時他の3人と離れるため、3人+1人の変則編成とも言える。また、中途から登場するアバレキラーは、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』以来恒例化した「第6の戦士」の位置にあるが、アバレンジャーと敵対しつつもエヴォリアンとも微妙な距離をとっており、いわゆる「第三勢力」の要素も持つ異色のキャラクターとなっている。また3人戦隊である『太陽戦隊サンバルカン』、前作『忍風戦隊ハリケンジャー』、当初3人の『超獣戦隊ライブマン』では赤=空、青=海、黄=陸の動物を象徴するという形が継承されてきていたが、当作品は赤=肉食恐竜、青=草食恐竜、黄=空(翼竜)を象徴している。また女性である樹らんるがブルーではなくイエローなのも、同じ男2人女1人戦隊であった『ライブマン』、『ハリケンジャー』とは異なっている。『ジュウレンジャー』以来2度目の恐竜モチーフ戦隊でもある。『ジュウレンジャー』の守護獣が神に近い存在だったのに対し、本作の爆痢
    5$O?M4V$HBPEy$NCNE*@8L?BN$H$N0LCV$E$1$,$J$5$l$F$$$k!#$^$?!"!X2>LL%i%$%@!<%/%&%,!Y$NB3JT$r5a$a$kMWK>$K1~$($k$?$a!"F1:n$G%7%j!<%:9=@.$rL3$a$?9S@nL-5W$r$O$8$a$H$9$k%9%?%C%U?X$,!"!X%/%&%,!Y$HF1MM$N%F!<%^$r@9$j9~$s$@$H$$$o$l$F$$$k!#数多くの映画・テレビドラマ・アニメを手がけ、日本アカデミー賞も受賞した作曲家・羽田健太郎を音楽に起用した事でも話題を呼んだ。『釣りバカ日誌』(第26話「釣りバカアバレ日誌、どもども」)や、羽田が司会を務める『題名のない音楽会21』(2003年5月4日放送回に遠藤正明が出演し、主題歌「爆竜戦隊アバレンジャー」を歌った)など、テレビ朝日系の他番組とのメディアミックスが目立ったシリーズでもある。敵キャラクター3名(ジャンヌ、ヤツデンワニ、リジェ)が後にアバレンジャーの側についたのも戦隊シリーズとしては異例であった。特にヤツデンワニは純粋な敵怪人として現れながら(類似痢
    c$G$"$k!XEE7b@oBb%A%'%s%8%^%s!Y$N%2!<%?!<$d%7!<%^!"!X8w@oBb%^%!
    9%/%^%s!
    Y$N%$%,%`!"!X62N5@oBb%8%e%&%l%s%8%c!u67$K6/$$$i$l$?LL$,$"$C$?!K!"%(%t%)%j%"%s>CLG8e$b@8$-;D$j!"!XFCA\@oBb%G%+%l%s%8%c!

  •  放映局:テレビ朝日系


  •  放映日時:毎週日曜朝7:30-8:00(静岡朝日テレビのみ土曜7:30-8:00)


  •  制作:テレビ朝日、東映、東映エージェンシー


  •  主題歌

    OP『''爆竜戦隊アバレンジャー''』歌:遠藤正明

    ED『''We Are The One 僕らはひとつ''』歌:串田アキラ、森の木児童合唱団

    ::途中からエンディングは歌詞表示付き(カラオケ対応)となる。

    :::第26話『釣りバカアバレ日誌!どもども』(2003.8.24放送)はアニメ『釣りバカ日誌』とのタイアップのため、同アニメの登場キャラクターがED一部分にも出演した。



    登場キャラクター





    [ アバレンジャー ]



  •  ''元気莫大!'' アバレッド・伯亜凌駕(はくあ・りょうが、西興一朗):22歳。出身は名古屋。インタープリターの資格を持っている。交通事故死した兄夫婦の娘である舞を引き取って育てている。明朗活発な性格。


  •  ''本気爆発!'' アバレブルー・三条幸人(さんじょう・ゆきと、富田翔):21歳。札幌出身。年商4億を誇るカリスマ整体師で愛車はポルシェ。大企業社長である父に反発して家出、整体師となった。当初はアバレブルーになる事を拒否していた。性格はクール。


  •  ''勇気で驀進!'' アバレイエロー・樹らんる(いつき・らんる、いとうあいこ):20歳。福岡出身。元アイドル歌手だったが、趣味のメカいじりが出来なくなるという理由から自らの意思で引退。その趣味が戦いに役立つ事も多く、「恐竜や」店内の秘密基地もらんるの設計によるものであった。性格は男勝りで負けず嫌い、* ''無敵の竜人魂!'' アバレブラック・アスカ(あすか、阿部薫):ダイノアースの反エヴォリアン・レジスタンスで、3人にダイノブレスを与えた。アナザーアースでは「恐竜や」の従業員・大野アスカと名乗っている。アバレンジャーのリーダー、と言うより司令官格である。* ''ときめきの白眉!'' アバレキラー・仲代壬琴(なかだい・みこと、田中幸太朗):医師(外科医)。暗黒爆竜に襲われた凌駕を救ったこともある。その後ひょんなことからダイノマインダーを手にし、戦いを「ゲーム」としてアバレンジャーに挑戦する。


  •  アバレマックス:レッド、ブルー、イエロー3人のダイノガッツを集中することによって、レッドがチェンジする。その際当初はブルーとイエローの変身が解除されてしまっていたが、後克服する。攻撃力、防御力ともに最強。その力を更に倍増するマックスフィールドと呼ばれる施設に行った時も有った。爆竜スティラコサウルスを召喚、マックスオージャ(マックスリュウオー)にも乗り込む。


    [ 爆竜 ]



  •  ティラノサウルス(声:長嶝高士):


     ティラノサウルスが超ドリル進化したアバレッドのパートナー爆竜。エヴォリアンの侵攻により妻子を失ったらしく、凌駕の育児にはよく口を出す。


  •  トリケラトプス(声:宮田幸季):


     トリケラトプスが超シールド進化したアバレブルーのパートナー爆竜。エヴォリアンの侵攻により両親を失ったらしい。クールな幸人とは対照的に大人しい性格で、一度だけケラト(神木隆之介)という人間になったことがある。


  •  プテラノドン(声:篠原恵美):


     プテラノドンが超カッター進化したアバレイエローのパートナー爆竜。エヴォリアンの侵攻により恋人を失ったらしい。らんる同様に男勝りな性格。

    :この3体による爆竜合体によってアバレンオーとなる。アバレンオーには他にも数通りの合体パターンがある。詳しくは#爆竜合体|組み合せ表を参照。* ブラキオサウルス(声:銀河万丈):


     ブラキオサウルスが超ハンガー進化したアバレブラックのパートナー爆竜。他の手持ち爆竜の格納庫にもなっている。


  •  トップゲイラー(声:緑川光):


     大型翼竜、トゥプスクアラの進化態であるアバレキラーのパートナー爆竜。ステゴスライドンと爆竜合体しキラーオーとなる。アバレキラーに忠誠を尽くす。


  •  バキケロナグルス(声:相田さやか):


     パキケファロサウルスが超ハンマー進化した爆竜。最初に卵から孵った。


  •  ディメノコドン(声:岸尾大輔):


     ディメトロドンが超ノコギリ進化した爆竜。ジャンヌに操られて京都の街を蹂躙したが、アスカの吹くダイノハープの音で改心。仲間となる。


  •  ステゴスライドン(声:飯田浩志):


     ステゴサウルスが超スライダー進化した爆竜。恐竜の化石から誕生。アバレンオーとの合体が出来ないことを悩んでいた際に壬琴の誘いに乗ってしまい、アバレンジャーのもとを去ってしまった。トップゲイラーと爆竜合体しキラーオーとなる。


  •  パラサロッキル(声:塩屋浩三):


     パラサウロロフスが超ハサミ進化した爆竜。アナザーアースでは、日本から最も遠い南米に飛ばされたらしく、陽気な性格の持ち主でもあるため、南米地域の公用語であるスペイン語混じりの言葉を話す。シッポがそのまま巨大なハサミとなる。


  •  アンキロベイルス(声:御崎朱美):


     アンキロサウルスが超ドリル進化した爆竜。ややひねくれ者でわがままな性格。友達が少ないらしい。* スティラコサウルス:


     「伝説の爆竜」としてアバレマックスが召喚し、それ単体ではマックスオージャとなる。バキケロナグルス・ディメノコドン・パラサロッキル・アンキロベイルスとも爆竜合体してマックスリュウオーになるが、言語能力は持たない。


  •  カルノリュータス


     カルノタウルスが超ドリル(リューター)進化した爆竜で、頭部の形状と体色以外はティラノサウルスと殆ど同じである。1万5千年前に世界を氷に閉ざそうとした「2匹の青い爆竜」のうちの1体。カスモシールドンと爆竜合体してバクレンオーになる。言語能力は持たない。


  •  カスモシールドン


     カスモサウルスが超シールド進化した爆竜で、カルノリュータスと同じ「2匹の青い爆竜」のうちの1体(ただし体色は白であった)。頭部の形状と体色以外はトリケラトプスと殆ど同じである。カルノリュータスと爆竜合体してバクレンオーになる。言語能力は持たない。: ブラキオサウルス以外はすべて爆竜合体に対応。


    [ 侵略の園・エヴォリアン ]



  •  ''邪命神'' デズモゾーリャ(声:佐藤正治)


  •  ''黎明の使徒'' リジェ (鈴木かすみ):デズモゾーリャの意思を伝える巫女。デズモゾーリャとの間に出来たジャンヌの子供。


  •  ''破壊の使徒'' ジャンヌ (桜井映里):→「恐竜やの面々、その他」の「マホロ」の項参照。


  •  ''創造の使徒'' ミケラ:絵を描いてトリノイドを造りだす(声:緒方文興)


  •  ''無限の使徒'' ヴォッファ:音楽を奏でてギガノイドを造りだす(声:宇垣秀成)


  •  ''暗黒の使徒'' ガイルトン:その正体はマホロの兄ミズホ。1話でアバレンジャーに敗れ、2話で妹の手で処刑される。


  •  リジュエル (小川摩起):壬琴にあこがれてリジェが急成長した姿。わがままな性格で、ジャンヌをおばさん呼ばわりするほど。


  •  バーミア兵:アメーバを人間大に急成長させて造りだした下級兵士。ゾルル(白)とゲルル(黒)の2種類がいる。


  •  暗黒の騎士:装備すると呪われ、呪いを解くには装備した者を倒さなければならないという伝説の鎧。最初はミズホが装備し、彼の死後はジャンヌが使用。32話でアスカがその呪いを解こうして取り付かれ、40話でキラーが奪おうとするが壊れ、最後にデズモゾーリャの体となる。


    [ 恐竜やの面々、その他 ]



  •  杉下竜之介 (すぎした・りゅうのすけ、奥村公延):喫茶店「恐竜や」マスター。爆竜の声に応え、アスカに最初に接触したアナザーアース人。高齢ゆえダイノガッツが不足していたためアバレンジャーにはなれなかったが、「恐竜や」をアバレンジャーの拠点として提供し、凌駕たちの精神的な支えとなっている。愛称「スケさん」。


  •  今中笑里 (いまなか・えみり、西島未智):高校生。竜之介同様爆竜の声を聞き、アスカとコンタクトを取った。やはりアバレンジャーにはなれなかったものの、アルバイトとして「恐竜や」に出入りし、ムードメーカーの役割を担う。アバレンジャーの事実上の命名者で、自身も「アバレピンク」と名乗り、その座を狙っていた。愛称「えみポン」。


  •  伯亜舞 (はくあ・まい、坂野真弥):凌駕の姪。両親(凌駕の兄夫婦)を事故で亡くし、叔父の凌駕と暮らす。


  •  横田さん (よこたさん、諏訪太朗):「恐竜や」常連客。


  •  マホロ (まほろ、桜井映里):竜人で、反エヴォリアン・レジスタンスの戦士。なおかつアスカの恋人。ダイノアースで劣勢に立たされ、兄ミズホやアスカとともに敵陣突入を図るが作戦は失敗。その際デズモゾーリャに幻影を見せられてアスカが裏切ったと思い込まされ、ミズホともどもエヴォリアンに参じ「破壊の使徒ジャンヌ」となった。アナザーアースでの戦いで一時記憶を失って「恐竜や」に運ばれた事がきっかけで本来の自分を取り戻す。


  •  謎の少女 (鈴木かすみ):リジェがリジュエルとして急成長した際に分離した竜人としての精神。リジェの正体にかかわるキーパーソンで一時期、舞の体に憑依していた。劇中では名前はなく、テレビ雑誌上では「カスミ」と表記されていた。


  •  ヤツデンワニ (やつでんわに、声:津久井教生):トリノイド(ヤツデとワニと電話の合成)。登場直後にキラーにつかまってお手伝いさんにされるなど散々な目にあいながら、結局「恐竜や」に住み着き、看板トリノイド(?)として働く。らんるが大好き(ストーカー的に)。* 王女フリージア (ふりーじあ、小向美奈子):劇場版「爆竜戦隊アバレンジャーDELUXE アバレサマーはキンキン中!!」に登場。* ''次元の流れ者'' ガルヴィディ(声:古川登志夫):ダイノアースとアナザーアースを自由に往復できる怪人。劇場版「爆竜戦隊アバレンジャーDELUXE アバレサマーはキンキン中!!」に登場した。



    爆竜合体
    爆竜后
    gBN$K$O!"

    爆竜合体組み合わせ表
    爆竜合体名爆竜1爆竜2爆竜3爆竜4爆竜5
    アバレンオーティラノサウルストリケラトプスプテラノドン    ―        ―    
    アバレンオーナグルスティラノサウルス    ―プテラノドンバキケロナグルス    ―    
    アバレンオーノコドンティラノサウルストリケラトプスプテラノドンディメノコドン    ―    
    アバレンオースライドンティラノサウルストリケラトプスプテラノドンステゴスライドン    ―    
    アバレンオーベイルスティラノサウルス    ―プテラノドンアンキロベイルス    ―    
    アバレンオーロッキルティラノサウルストリケラトプスプテラノドンパラサロッキル    ―    
    アバレンオーベイルスロッキルティラノサウルストリケラトプスプテラノドンアンキロベイルスパラサロッキル
    アバレンオージティラノサウルストリケラトプス    ―        ―        ―    
    キラーオートップゲイラーステゴスライドン     ―        ―        ―    
    キラーオーナグルスノコドントップゲイラーステゴスライドンバキケロナグルスディメノコドン    ―    
    キラーオーベイルスロッキルトップゲイラーステゴスライドンアンキロベイルスパラサロッキル    ―    
    マックスオージャスティラコサウルス(ダイノギャリーと一体化    ―        ―        ―    
    マックスリュウオーマックスオージャバキケロナグルスディメノコドンアンキロベイルスパラサロッキル
    キラーアバレンオーアバレンオーキラーオー     ―        ―        ―    
    オオアバレンオーアバレンオーキラーオーマックスリュウオー    ―        ―    
    バクレンオーカルノリュータスカスモシールドンガルヴィディ
    (次元の流れ者)    ―        ―    




    スタッフ



  • 原作:八手三郎


  • プロデューサー:(東映)日笠淳 塚田英明 (東映AG)矢田晃一 (テレビ朝日)中嶋豪 濱田千佳


  • 脚本:荒川稔久 浦沢義雄 前川淳 會川昇 鈴木竹志


  • 監督:小中肇 諸田敏 渡辺勝也 坂本太郎 中澤祥次郎 竹本昇


  • 特撮監督:佛田洋


  • アクション監督:竹田道弘 村上潤


  • 音楽:羽田健太郎 with Healthy Wings



    放映リスト


    ・アバレ恐竜大進撃!

    ・誕生!アバレンオー

    ・子連れヒーローアバレ系

    ・完成!秘密アバレ基地

    ・アバレ治療!ジャジャジャジャーン

    ・アバレアイドル老け娘

    ・アバレ赤ちゃん爆竜

    ・アバレブラックこの一発!

    ・目覚めよ!アバレサバイバー

    ・アバレリーガー金縛り

    ・アバレサイキック。ブヒっ。

    ・アバレノコギリ、京都を斬る!

    ・アバレてチョンマゲ!

    ・発掘!アバレサウルス

    ・アバレ世間は鬼ばかり

    ・乗ってけ!アバレサーフィン

    ・戦場のアバレかっぽれ

    ・誰だ?アバレキラーだ!

    ・よろしくアバレアミーゴ

    ・キラーオー、アバレ初め!

    ・アバレ恋!キロキロ

    ・娘たちのアバレ歌

    ・アバレ電波ドギューン!

    ・アバレ女子高生!ありえな〜い

    ・開運!アバレ絵馬

    ・釣りバカアバレ日誌、どもども

    ・アバレッドはアバレブルー

    ・花嫁はアバレチャン▽

    ・わがまま使徒、アバレ争奪戦

    ・最凶!アバレヴォリアン結成

    ・そのアバレ、究極につき

    ・アバレ爆竜フルスロットル

    ・アバレ戦士を忘れない

    ・ゲームをやろう!突撃アバレ星

    ・アバレナデシコ七変化たい!

    ・初恋アバレミラクル

    ・快感アバレクイーン

    ・花咲けるアバレピンク

    ・がんばれ!アバレファーザー

    ・アバレ鎧を斬れ!

    ・メリーアバレマス!ジャメジャメ

    ・アバレキッドに潜みしもの

    ・アバレキラーは不滅!?

    ・サラリーマンはアバレ仕掛けの夢を見るか?

    ・あけましてアバレルンバ

    ・祈って!アバレビジュアル系

    ・5人のアバレンジャー

    ・ファイナルアバレゲーム

    ・突入!アバレ最終決戦

    ・アバレた数だけ



    放映ネット局



  • 東京都・関東広域圏 EX テレビ朝日


  • 北海道 HTB 北海道テレビ放送


  • 青森県 ABA 青森朝日放送


  • 岩手県 IAT 岩手朝日テレビ


  • 宮城県 KHB 東日本放送


  • 秋田県 AAB 秋田朝日放送


  • 山形県 YTS 山形テレビ


  • 福島県 KFB 福島放送


  • 新潟県 NT21 新潟テレビ21


  • 山梨県 YBS 山梨放送


  • 富山県 KNB 北日本放送


  • 石川県 HAB 北陸朝日放送


  • 福井県 FTB 福井テレビジョン放送|福井テレビ


  • 長野県 ABN 長野朝日放送


  • 静岡県 SATV 静岡朝日テレビ


  • 愛知県・中京圏 NBN 名古屋テレビ放送


  • 近畿広域圏 ABC 朝日放送


  • 鳥取県・島根県 TSK 山陰中央テレビジョン放送


  • 岡山県・香川県 KSB 瀬戸内海放送


  • 広島県 HOME 広島ホームテレビ


  • 山口県 YAB 山口朝日放送


  • 徳島県 JRT 四国放送


  • 愛媛県 EAT 愛媛朝日テレビ


  • 高知県 KUTV テレビ高知


  • 福岡県・佐賀県 KBC 九州朝日放送


  • 長崎県 NCC 長崎文化放送


  • 熊本県 KAB 熊本朝日放送


  • 大分県 OAB 大分朝日放送


  • 宮崎県 MRT 宮崎放送


  • 鹿児島県 KKB 鹿児島放送


  • 沖縄県 QAB 琉球朝日放送



    劇場版



  • 爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!

        ※スーパー戦隊シリーズ第一作「秘密戦隊ゴレンジャー」のアカレンジャー役の誠直也が特別出演し、新旧レッドの顔合わせで話題となった。



    オリジナルビデオ



  • スーパー戦隊Vシネマ#爆竜戦隊アバレンジャー VS ハリケンジャー|爆竜戦隊アバレンジャー VS ハリケンジャー


  • スーパー戦隊Vシネマ#特捜戦隊デカレンジャー VS アバレンジャー|特捜戦隊デカレンジャー VS アバレンジャー



    外部リンク



  • 爆竜戦隊アバレンジャー(テレビ朝日公式)


  • 爆竜戦隊アバレンジャー(東映公式)


  • DVD 爆竜戦隊アバレンジャー特集(東映ビデオ内のサイト)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月28日

    ドラマ[ぼくが地球を救う]

    ドラマ☆ストリートぼくが地球を救う



    ぼくが地球を救う(ぼくがちきゅうをすくう』は、2002年7月〜9月に東京放送|TBS系列で放送されたウッチャンナンチャンの内村光良主演のテレビドラマ。(全11回)2002年度、木曜22時からのドラマは「カネボウ木曜劇場」としてカネボウの単独提供番組として放送されていたがその第2弾となる。



    あらすじ


     丸の内物産 経理部第7管理課(通称ナナカン)に所属するサラリーマン足立友作(内村光良)は階段から転落、危篤状態に陥る。
    意識を取り戻した友作は階段から落ちた後、(危篤状態だった時間と同じ)57分間だけ他人の心の声が聞こえる能力を手に入れていた。この能力が気弱でうだつのあがらない友作と周りの人々、そして地球の運命さえも変えていく・・・。



    階段落ち



  • 心の声を聞く為に必要だった階段落ちはノースタント。内村自身が落ちていた。(全11話中20回)


  • 9話の階段落ち50段はスタントの日本最高記録。



    その他



  • 「心の声」が聞こえる時間「57分間」の設定はヒーロー=ウルトラマンが3分しか活動出来ないところから「1時間から3分を引いた『57分』」に設定された。



    出演



  • 足立 友作・・・内村光良


  • 綾瀬 しのぶ・・・真中瞳


  • 渋谷 是広・・・古田新太


  • 三田 慶一郎・・・袴田吉彦


  • 飯倉 航介・・・金子昇


  • 白金 愛子・・・愛華みれ(宝塚歌劇団|宝塚退団後初のテレビ出演)


  • 桜新町 弘・・・堀内健(友情出演)


  • 月島 杏子・・・奥菜恵(友情出演)


  • 辰巳 要蔵・・・江守徹(特別出演)


  • 大門 十三・・・哀川翔



    スタッフ



  • プロデューサー: 磯山晶


  • 脚本: 中園ミホ、相内美生


  • 音楽: 河野伸


  • 音楽プロデューサー: 志田博英


  • 演出: 片山修、吉田秋生、平野俊一



    主題歌



  • Skoop On Somebody

    ぼくが地球を救う〜Sounds Of Spirit〜」



    関連商品



  • ぼくが地球を救う DVD-BOX 」(2004/04/29)アスミック


  • ぼくが地球を救う?TBSドラマ完全ノベライズ」(2002/09) 音楽専科社



    外部リンク



  • ぼくが地球を救う』TBS公式サイト






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月27日

    ドラマ[離婚弁護士]

    ドラマ☆ストリート離婚弁護士



    離婚弁護士(りこんべんごし)は、フジテレビジョン系で2004年4月15日から同年6月24日まで放送されていたテレビドラマである。全11回シリーズ。正式な番組名は「木曜劇場 離婚弁護士」。基本放送時間は、木曜日の22:00 - 22:54(JST)。2005年1月6日には「新春ドラマ祭第4弾」としてこの番組のスペシャル編が放送され、またこのスペシャル編の中で2005年4月19日から毎週火曜21時からの枠で連続ドラマシリーズの第2弾を開始することも明らかになった。第2弾のタイトルは離婚弁護士?〜ハンサムウーマン〜。



    概要


    大手弁護士事務所で活躍していた渉外弁護士が、不本意ながらどの弁護士も嫌がる離婚訴訟など小口の家事?民事事件を扱う独立弁護士となりながらも、依頼人との関わりの中で、弁護士という職業を見つめなおしていくという内容。毎回違ったゲストが登場するのも見どころの一つ。手持ちカメラによる特徴のある映像が人気であったが、これは海外ドラマ「24 (テレビドラマ)|24 TWENTY FOUR」のパクリである。なお、「離婚弁護士」というタイトルであるが必ずしも離婚を取り扱っているわけではなく、セクシャルハラスメント|セクハラや配偶者からの暴力|ドメスティックバイオレンス、ストーカーなど広い意味での「男女間の問題」がテーマとなっている。ちなみにシーズン1のエンドロールでは主要メンバーが出会う前のストーリーが展開されていた。


    [第1シリーズ(シーズン1)]



  • 第1話 裏切られた女 4月15日


  • 第2話 慰謝料1億円の女 4月22日


  • 第3話 この子は渡さない 4月29日


  • 第4話 16才と18才の離婚 5月6日


  • 第5話 対決!ストーカー 5月13日


  • 第6話 愛と憎しみの遺産相続5月20日


  • 第7話 内縁の妻と本妻5月27日


  • 第8話 父と娘と不倫の慰謝料 6月3日


  • 第9話 忘れられない男… 6月10日


  • 第10話 セクハラされた女 6月17日


  • 第11話 セクハラ社長 VS 戦う女 6月24日


  • 特別篇


    [第2シリーズ (ハンサムウーマン)]



  • 第1話 対決!最強弁護士 4月19日


  • 第2話 壮絶慰謝料合戦  4月26日


  • 第3話 離婚詐欺     5月3日


  • 第4話 夫の土下座    5月10日


  • 第5話 涙の親権争い!   5月17日


  • 第6話 占いで離婚?!   5月24日


  • 第7話 絶対別れない女  5月31日


  • 第8話 鉄の女、号泣!!  6月6日


  • 第9話 え!?不倫弁護士  6月14日


  • 第10話 セクハラした女 6月21日


  • 第11話 最後に笑う女   6月28日



    レギュラーキャスト





    [全シリーズ]



  • 間宮貴子:天海祐希(主演)


  • 本多大介:玉山鉄二


  • 柳田俊文:佐々木蔵之介


  • 井上紀三郎:津川雅彦




    [シーズン1]



  • 吉田香織:ミムラ (女優)|ミムラ


  • 村井奈津子:久我陽子


  • 山岡哲治:陣内孝則




    [ハンサムウーマン]



  • 緒方亜紀 :片瀬那奈


  • 小向つや子:戸田恵子


  • 佐伯絵里:瀬戸朝香


  • 大庭保:松重豊


  • 三神達也:宇梶剛士



    ゲスト





    [シーズン1]



  • 竹野内豊・山路和弘・宮崎美子(第1話)


  • 中越典子・林隆三(第2話)


  • 吹越満・河合美智子・岡田慶太(第3話)


  • 市原尚弥・邑野未亜・斉藤祥太・相島一之・キムラ緑子(第4話)


  • りょう・デビット伊東・デーブ・スペクター・石田太郎・森三中|村上知子(第5話)


  • MEGUMI・平田満・鈴木砂羽・深水三章・松浦佐知子(第6話)


  • 小倉久寛・藤村俊二・あめくみちこ・吉田日出子(第7話)


  • 志賀廣太郎・戸田菜穂・生瀬勝久・春田純一・星野有香(第8話)


  • 小木茂光・小池梨緒・南果歩・池田成志・佐戸井けん太(第9話)


  • 鈴木紗理奈・岡田眞澄・西岡徳馬・森脇英理子(第10話・最終話)


    [新春スペシャル]



  • 飯島直子


  • 井上和香


  • 押尾学


  • 佐藤隆太


  • 渡辺いっけい


  • 大杉漣


  • 梨元勝


    [ハンサムウーマン]



  • 内山理名・橋本さとし・蛭子能収(第1話)


  • 高橋ひとみ・古田新太・乙葉(第2話)


  • 小池栄子・葛山信吾・佐藤隆太(回想)(第3話)


  • 田山涼成・萩尾みどり・エド山口(第4話)


  • 甲本雅裕・横山めぐみ(第5話)


  • 柳沢慎吾・秋本奈緒美・浅利香津代(第6話)


  • 江波杏子・清水紘治・中山忍(第7話)


  • 田辺誠一・佐藤隆太(第8話)


  • 星野真里・柏原収史・矢沢心・田中実・佐藤隆太(第9話)


  • 杉本彩・武田真治・鳥羽潤・大島さと子(第10話、最終話)



    音楽



  • 劇中音楽-井上鑑(シーズン1)

         ジェイク・シマブクロ|Jake Shimabukuro(ハンサムウーマン)*主題歌-『心の旅人』(hitomi)(シーズン1)

        『EVERY』(星村麻衣)(ハンサムウーマン)*挿入歌-『What Am I to You?』(ノラ・ジョーンズ)(シーズン1)

        『夢がかなうまで』(ケリ・ノーブル)(ハンサムウーマン)



    スタッフ



  • 脚本 - 林宏司、武田樹里、田渕久美子


  • プロデューサー - 長部聡介、瀧山麻土香(シーズン1のみ)、古屋建自(第2シリーズ ハンサムウーマンから)


  • 演出 - 光野道夫、田島大輔、松山博昭、久保田哲史



    外部リンク



  • フジテレビ








    前番組:
    救命病棟24時



    フジテレビ火曜9時枠の連続ドラマ



    次番組:
    海猿












    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月26日

    ドラマ[バスストップ]

    ドラマ☆ストリートバスストップ



    バスストップ

    ・バス停留所

    ・Bus Stopは、The Holliesのヒットソング。(1966年)

    ・バス・ストップは、平浩二が歌った流行歌。(1972年)

    ・テレビドラマの題名。本稿ではこれを記す。

    ----

    2000年7月〜9月フジテレビ系月曜9時フジテレビ系で放送された飯島直子と内村光良主演のドラマ。キャリアウーマンとバスの運転士との恋愛をえがいたラブストーリー。(全12話)



    出演者



  • 宮前武蔵・・内村光良


  • 小谷夏生・・飯島直子*阿部究吾・・国分太一


  • 宮前 祭・・内山理名*小谷文也・・吉沢悠


  • 史村千賢・・網浜直子


  • 北原 遥・・星野真里


  • 三上和馬・・川端竜太


  • 成瀬 浩・・安藤亮司


  • 三上信介・・不破万作


  • 三上和枝・・鷲尾真知子


  • 神部 豊・・長江英和


  • 小林小百合・・矢作美樹*岸原隆司・・佐々木勝彦*平岡由起夫・・小倉久寛




  • 笹島小次郎・・柳葉敏郎



    スタッフ



  • 脚本・・いずみ吉紘


  • 演出・・光野 道夫


  • プロデュース・・栗原美和子・羽鳥 健一


  • 制作・・フジテレビ第一制作部



    主題歌


    Mr.Children「NOT FOUND」(TOY'S FACTORY)





    関連商品



  • バスストップ DVD-BOX」初回限定販売?(2001/01/25)?ジェネオン エンタテインメント


  • 「きっとうまくいくから?バスストップ発30女の幸福論」 (2000/08) フジテレビ出版






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月25日

    ドラマ[冬のソナタ]

    ドラマ☆ストリート冬のソナタ





    冬のソナタ』(ふゆのソナタ、ギョウルヨンガ)は、2002年に韓国韓国放送公社|KBSで放送されたテレビドラマ(韓国ドラマ)である。監督はユン・ソクホ。同監督の前作である秋の童話|オータム・イン・マイ・ハート 〜秋の童話〜と同様に、ロケをふんだんに使用した作品として知られる。略して冬ソナと呼ばれる。なお原題を直訳すると「冬の恋歌」となるが、ソナタに恋歌という意味が存在する訳では無い。台湾などでも放映され、そのときの題名は「冬季戀歌」。日本ではまず2003年にNHKBS2で放送したところ、反響が大きかったため2003年末に再放送され、さらに「地上波で放送してほしい」という視聴者の要望により、2004年4月〜8月には日本放送協会|NHK総合でも放送された。また2004年12月20〜30日までNHKBS2で未公開シーンも含まれた完全版が日本語字幕版として放送。2004年度流行語大賞の上位にノミネートされた。ドラマのDVDの発売元はNHKソフトウェア、販売元ぁ
    OF|K\%F%l%S$NO"7k;R2q




    概要


    ヒロインであるチョン・ユジンが、交通事故で死んだ恋人にそっくりなイ・ミニョンに出会い、婚約者のキム・サンヒョクの間で心を揺り動かすラブストーリードラマ。ストーリ展開が日本の昼ドラマ、米国のソープオペラに相当する。日本では、日本のドラマではもはや見られなくなったようなストーリー展開と、映像音楽が美しいことで主に中高年層の女性を中心にヒットした。また大韓民国|韓国は、冬のソナタのヒットを皮切りに、映画やテレビドラマを積極的に海外に送り出すようになった。

    日本においても大手広告代理店と連携し、一連の冬ソナ宣伝戦略は記憶に新しいところである。



    ストーリー


    ※以下の放送日は全て2004年にNHK総合テレビで放送されたときの日付である。


  • 第1話「出会い」(2004年4月3日放送)


  • 第2話「はかない恋」(2004年4月10日放送)


  • 第3話「運命の人」(2004年4月17日放送)


  • 第4話「忘れえぬ恋」(2004年4月24日放送)


  • 第5話「罠」(2004年5月1日放送)


  • 第6話「忘却」(2004年5月8日放送)


  • 第7話「冬の嵐」(2004年5月15日放送)


  • 第8話「疑惑」(2004年5月29日放送)


  • 第9話「揺れる心」(2004年6月5日放送)


  • 第10話「決断」(2004年6月12日放送)


  • 第11話「偽り」(2004年6月19日放送)


  • 第12話「10年前の真実」(2004年6月26日放送)


  • 第13話「追憶」(2004年7月3日放送)


  • 第14話「二度目の事故」(2004年7月10日放送)


  • 第15話「過去への旅路」(2004年7月17日放送)


  • 第16話「父の影」(2004年7月24日放送)


  • 第17話「障害」(2004年7月31日放送)


  • 第18話「運命のいたずら」(2004年8月7日放送)


  • 第19話「父と子」(2004年8月14日放送、8月16日再放送)


  • 最終話「冬の終わり」(2004年8月21日放送)※第8話「疑惑」は2004年5月22日に放送予定だったが小泉純一郎|小泉総理朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮訪問関連特番で1週延期された。ところがこの件でNHKに約3000件もの苦情が殺到。これに関してNHK側は当初アテネオリンピック (2004年)|アテネ五輪期間中は放送しないつもりでいたが、視聴者の意見を考慮し8月14日分(第19話「父と子」)は、アテネ五輪放送の関係で通常の23:10〜ではなく、翌15日の午前2:00から放送されたが、多くのファンの要望もあり16日13:05〜に再放送された。



    登場人物





    [ チョン・ユジン ]


     演じたのは韓国で「涙の女王」と言われている女優のチェ・ジウ、日本語の吹き替えは「美しき日々」や「天国の階段」でもチェ・ジウの吹き替えを担当した女優の田中美里。


    [ カン・ジュンサン/イ・ミニョン ]


     演じたのは韓国のみならず日本でも熱烈ファンを増やした、「微笑みの貴公子」とも言われているヨン様ことペ・ヨンジュン、 日本語の吹き替えは俳優の萩原聖人が担当。劇中で乗っているクルマはフォード・エクスプローラー。


    [ キム・サンヒョク ]


     演じたのはチュンサン役のペ・ヨンジュン並に熱烈ファンが多いパク・ヨンハ。日本語の吹き替えは俳優の猪野学が担当。劇中で乗っているクルマはヒュンダイ・ソナタ。


    [ オ・チェリン ]


     演じたのは「オールイン 運命の愛」などにも出演しているパク・ソルミ。日本語の吹き替えは声優の林真理花が担当。


    [ その他の出演者 ]



  • ヨングク - ユジンやチュンサンらの同級生。


  • チンスク - 同じく同級生、ソウル特別市|ソウルでユジンと一緒に住んでいて、チェリンのブティックで働く。


  • カン・ミヒ - 世界的ピアニスト、チュンサンの母。


  • キム次長 - ミニョンが理事として務めている会社の部下。


  • チョンア - ユジンの務める会社の上司。


  • チョン・ヒョンス - 亡きユジンの父、チュンサンの母であるカン・ミヒの元恋人。


  • ユジンの母


  • ヒジン - ユジンの妹、高校生。


  • サンヒョクの父 - チュンサンの母であるカン・ミヒの元恋人。


  • サンヒョクの母 - ユジンを気に入らず、最後まで結婚に猛反対した。



    音楽



  • 主題歌:最初から今まで(Ryu)


  • サウンドトラック|挿入歌:My Memory (Ryu)



    パクリ(盗作・盗用)疑惑
    基本的な設定やストーリーのあらすじについて、日本で2001年8月に発売された成人向けPCゲーム「君が望む永遠」(2003年10月よりテレビアニメも放映)との類似点が韓国の掲示板で指摘され、非難された。脚本家がNHKの番組に出た際、「キャンディ・キャンディへのオマージュとして制作した」と語ったが、韓国版キャンディ・キャンディが海賊版であるとの指摘を受けると前言を撤回。オリジナルを主張した。主題歌は雅夢の「愛はかげろう」、BGMは藤原いくろうの「deep sea (winter sea)」に旋律が類似しているとの指摘される。BGMに関しては作曲者パク・ジウォンが盗作を認めている。



    備考



  • キム・サンヒョク役のパク・ヨンハが来日し、テレビ番組(TBSテレビ「うたばん」)に出演した際に「冬のソナタ」は日本版は全20話だが韓国のオリジナル版は全26話あると言っていたが、これは後日間違いである事が判明した。


  • ゴールデンタイムでの日本の連ドラ放映が週1回なのに対し、韓国のドラマは週2回放送するのが常識である。ちなみに「冬のソナタ」は韓国KBSにて2002年1月〜3月の毎週月曜と火曜の夜に放送されていた。


  • 冬のソナタ」の撮影は時間ギリギリのハードな撮影で、朝方や昼間撮影したシーンを急いで編集しその日の夜に放送する(いわゆる「撮って出し」)という傾向が多々あったという。




  • 日本版は1時間枠だが、韓国では70分枠で放送されたため、多少のシーンが削られている。


  • 最終回の視聴率は関東で20.6%、関西23.8%(ビデオリサーチ社発表による)と夜11時台のドラマとしては、驚異的な数字をたたき出した。


  • 日本では「冬ソナ=ペ・ヨンジュン(カン・ジュンサン/イ・ミニョン)」のイメージが極めて強いが、韓国では「優柔不断」ということで、必ずしもカン・ジュンサン/イ・ミニョンに人気があるわけではない。むしろ、チョン・ユジンの方に共感できる人間が多いとされる。


  • ユン・ソクホ監督によると、冬のソナタのロケ地は、最初は北海道で撮影する予定だったが、時間の関係で撮影を行うことができなかったという。


  • 2004年7月現在、小説『冬のソナタ』の日本での発行部数は、上・下巻計で122万部。



    関連項目



  • 海外ドラマ一覧


  • 韓流


  • 春川市


  • 夏の香り


  • 秋の童話


  • 春のワルツ



    外部リンク



  • 冬のソナタ番組公式HP (韓国KBS/日本語)


  • 冬のソナタ (2005年4月に閉鎖された日本のNHKによる公式サイトの保存キャッシュ)


  • 冬恋歌 (冬のソナタ)(innolife.net)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月24日

    ドラマ[青い鳥 (ドラマ)]

    ドラマ☆ストリート青い鳥 (ドラマ)





    青い鳥 (ドラマ)


    『青い鳥』(あおいとり)は、1997年10月10日から12月19日に渡って、東京放送|TBS系列で放送された連続テレビドラマ。毎週金曜22時〜22時54分。全11回、平均視聴率17.7%。

    第1話〜第7話、第8話〜第11話(最終話)の二部構成で、一人の男の6年に及ぶ愛のドラマを描く。

    最終回放送翌週の1997年12月26日には、完結編として新撮シーンが追加された総集編二時間スペシャルが放送された。フランス語表記は「L'oiseau Bleu」。





    ストーリー


    長野の小さな町にある「信濃境駅|清澄駅」で駅員をしている柴田理森の前に、ある日突然現れた一人の女性・町村かほり。

    彼女は次期市長の座を狙う綿貫広務の妻であり、一児の母であったが、現在の生活に違和感を覚えていた。

    いけないと分かっていながらも徐々に惹かれあっていく二人に待っていた運命とは……。


    長野の穏やかで美しい風景、そして日本縦断ロケを通して、ヒットメーカー野沢尚が「本当の愛とは、そして幸せとは何か」の問いを投げかける。




    [各話サブタイトル]



  • 第一部

    第一章「許されない愛」

    第二章「秘密の絆」

    第三章「炎の夜」

    第四章「逃避行」

    第五章「幸せのある場所」

    第六章「黒い影」

    第七章「終着駅」


  • 第二部

    第八章「再会」

    第九章「新たなる旅」

    第十章「運命の愛」

    最終章「永遠の愛」





    キャスト・スタッフ





    [キャスト]



  • 柴田理森 (30)● 豊川悦司

       主人公。長野県の小さな町で東日本旅客鉄道|JRの駅員をしている。兄がいたが幼いころ死別。今は父親と二人暮し。真面目で実直、遊びを知らない堅実な男だが、かほりと出会って初めて恋に落ちた。そしてかほりの娘詩織との3人で終わりのみえない鬼ごっこが始まることとなる・・・。


  • 町村かほり (28)● 夏川結衣

       広務の妻。東京で借金に追われ亭主の暴力に追われふんだりけったりな人生を送っていたが広務に出会って理森のいる町に引っ越してくる。そこで理森と恋におちるがそれが広務の逆鱗にふれ今度は広務に追われる羽目になる。


  • 綿貫広務 (35)● 佐野史郎

       東京でかほりに会い心底惚れて前夫に多額の手切れ金をだしかほりを手に入れた。結婚して自分の実家に連れてくる。好きな女のためには死ねるほど強くかほりを愛しているが理森と恋におちたかほりが逃げたので狂ったように捜しまわす。


  • 秋本美紀子 (26)● 永作博美

       理森の幼馴染。理森のことが好きだがなかなか言い出せない。人当たりは良好。2部では大活躍する。詩織の良き相談相手。


  • 町村誌織 (9)● 鈴木杏

       かほりの娘。詩織がいたからかほりはなんとか生きてこられた。しかし親子引き離されることとなり三人で逃げ出すこととなる。幸せに暮らせる場所をさがして・・・。


  • 綿貫誌織 ● 山田麻衣子

       17になった詩織。8年後に仮出所した理森のもとへ母親のことを聞きに会いにくる。今は理森に恋愛感情を持っているようである。理森とともに鹿児島県|鹿児島に行き母親の骨を埋めてあげようと約束する。


  • 岡安すみ子 (56)● リリィ

       理森の生き別れになった母親で理森の兄が死んだ直後男と失踪している。逃げてきた理森一行を自分のところの牧場に匿う。


  • 綿貫純一郎 (65)● 仲谷昇

       地元の有力者。建設会社社長で息子を市長にしリゾート計画を推進する。広務の渡した手切れ金のために金を出しており、かほりのことは金のかかったおもちゃ程度にしか見ていない。


  • 柴田憲史 (59)● 前田吟

       理森の父。JRの駅長で温厚な性格。しかし過去に妻に逃げられ深い自戒の念とともに生きてきた。長男を水災で失っている。


  • 清水昌男 (26)● 櫻庭博道

       理森の後輩駅員。


  • 高井三郎 (45)● 青柳文太郎

       副駅長。温厚な人柄。


  • 若槻真一 (38)● 浅野和之

       広務の子分。綿貫建設の社員なのだが、広務の私兵のような感じで広務の命令で理森とかほりの捜索を行う。最後はとちくるった広務の側にいながら広務の暴走を食い止められなかったへなちょこ社員。


  • 原田靖夫 (34)● 宇梶剛士

       広務の子分で若槻の部下。こちらも綿貫建設社員だが捜索の為に聞き込みやら内偵やらスパイ狩りやらを行うさまは刑事のようである。とちくるった広務が暴れると一緒になって家のなかを滅茶苦茶に壊すなど殆どヤクザである。


    [スタッフ]



  • プロデュース:貴島誠一郎


  • 原作・脚本:野沢尚


  • 主題歌:globe『Wanderin' Destiny』


  • 音楽:S.E.N.S.


  • 演出:土井裕泰 竹之下寛次


  • 制作著作:TBS



    関連商品



  • ビジュアル

    :ビデオ『青い鳥 1〜4』『青い鳥 BOXセット』(ポニーキャニオン)

    :DVD『青い鳥 1〜6』『青い鳥 BOXセット』(ポニーキャニオン)


  • 音楽

    :globe『Wanderin' Destiny』(エイベックス)

    :S.E.N.S.『L'oiseau Bleu』(ファンハウス)


  • 書籍

    :野沢尚『青い鳥』(幻冬舎)

    :野沢尚、TBS『青い鳥 ビジュアル&ストーリーブック』(角川書店)

    :野沢尚『青い鳥 シナリオ集』(幻冬舎)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月23日

    ドラマ[熟年離婚]

    ドラマ☆ストリート熟年離婚



    熟年離婚(じゅくねんりこん)は

    ・中高年の夫婦が法律上の婚姻関係を解消すること。ここ10年で2倍以上に増えており、妻からの申し立てが多い。

    ・テレビ朝日系列で2005年10月13日より放送予定のテレビドラマ(本項で記載)。






    あらすじ


    仕事一筋だった主人公が定年退職を迎えた日の夜に、長年連れ添ってきた妻から突然離婚を言い渡され…。





    スタッフ






    キャスト



  • 渡哲也


  • 高島礼子


  • 徳重聡


  • 片瀬那奈


  • 草笛光子


  • 桜井幸子


  • 真中瞳


  • 石川亜沙美


  • 高知東生


  • 渡邉邦門


  • 安田美沙子


  • 眞野裕子


  • 長谷川初範


  • 小野武彦


  • 西村雅彦


  • 松坂慶子





    主題歌






    関連項目



  • テレビ朝日木曜ドラマ|木曜ドラマ


  • テレビドラマ





    外部リンク



  • 熟年離婚







    前番組:
    菊次郎とさき



    テレビ朝日木曜ドラマ|木曜ドラマ一覧



    次番組:
    _










    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月22日

    ドラマ[不思議なオパール]

    ドラマ☆ストリート不思議なオパール



    不思議なオパール』(The Genie From Down Under)はオーストラリアで制作され、日本で1999年から放送された海外ドラマ。



    ストーリー


    イギリス貴族の娘ペネロピーが屋根裏で、


    先祖のクロード・タウンズ卿がオーストラリア


    から持ち帰ったオパールを発見した。


    そのオパールには妖精ブルースとバズが住んでいた。


    というところから、始まるドラマ。


    舞台はイギリスとオーストラリアを行ったり来たりで展開される。



    日本語版制作スタッフ



  • 台本 - 中村久世


  • 演出 - 松川陸


  • 調整 - 金谷和美、栗林秀年


  • 編集 - 浅見盛康、遠藤毅、畠山和枝、原田裕文


  • 制作 - 里口千、平塚輝雄



    キャスト



  • ペネロピー・タウンズ - アレクサンドラ・ミルマン(声 - 加藤絹子)


  • ブルース(1) - リース・マルドゥーン(井上倫宏)


  • ブルース(2) - サンディ・ウィントン(井上倫宏)


  • バズ - グレン・メルドラム(津村まこと)


  • ダイアナ・タウンズ - アンナ・ガルビン(小野洋子)


  • モソップ - モニカ・モーン(今井和子)


  • バブルス - イアン・マクファディエン(後藤哲夫)


  • オットー・フォン・マイスター - マーク・ミッチェル(富田耕生)


  • コンラッド・フォン・マイスター - フレッチャー・ハンフリーズ(浪川大輔)


  • トリッシュ - カイリー・ベリング(津田真澄)


  • ダーリーン - ボビー・ヘンリー(名越志保)


  • マーシア(1) - エミリー・ミルバーン(目黒未奈)


  • マーシア(2) - ペトラ・ジャーレッド(藤夏子)


  • ソフィー - ジャシンタ・ステイプルタン(本美奈子)



    関連項目



  • 海外ドラマ一覧








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月21日

    ドラマ[アメリカン・ヒーロー]

    ドラマ☆ストリートアメリカン・ヒーロー



    アメリカン・ヒーロー』(''The Greatest American Hero'') は、1981年 から1983年まで3シーズン、全44話が制作されたアメリカ合衆国|アメリカの特撮コメディテレビドラマ。日本では日本テレビ系で1982年に日本語吹き替え版が放送された。 人気はあったもののほとんど再放送されていない作品であったが、2004年8月にDVD-boxのリリースが決定した。



    ストーリー


    高校教師のラルフはある日突然、UFOと遭遇し、胸に漢字の「中」に似たマークのついた赤いスーパースーツを与えられ、世の中の正義を守るために悪と戦えと告げられる。混乱したラルフはスーツの取扱説明書を無くしてしまい、手探りでスーパーマン稼業をはじめることとなってしまった。そんな彼の秘密を共有し、助けるのは美人の婚約者パムと、FBI捜査官のビルのふたり。



    キャスト



  • ラルフ・ヒンクリー:ウィリアム・カット(cv:富山敬)


  • パム・デビッドソン:コニー・セレッカ(cv:戸田恵子)


  • ビル・マックスウェル:ロバート・カルプ(cv:小林修)


  • トニー・ビリカーナ:マイケル・パレ(cv:井上和彦 (声優)|井上和彦)主題歌は「グレーテスト・アメリカンヒーロー」のテーマ(Believe it or Not、ジョイ・スキャベリー)。



    放送リスト









    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月20日

    ドラマ[こちら本池上署]

    ドラマ☆ストリートこちら本池上署



    こちら本池上署( - ほんいけがみしょ)は、たかもちげん・やぶうちゆうき作画の漫画『警察署長 (漫画)|警察署長』を原作とした東京放送|TBS・JNN系列の連続テレビドラマシリーズの名称。ナショナル劇場(月曜20:00〜20:54、秋田放送|ABS・福井放送|FBC・四国放送|JRTは日曜22:30〜23:24)枠で『水戸黄門 (テレビドラマ)|水戸黄門』と交代のシリーズドラマとして2002年7月8日から放送がスタートし、2005年6月13日からは第5シリーズがスタートした。略称「こち池」。TBSチャンネルでの再放送では地上波での新作が放送される時期におこなわれている。



    概要


    東京都南部にある警視庁本池上警察署がドラマの舞台。本池上署署長の椎名啓介(高嶋政伸)がドラマの主人公。本池上署の警察官、椎名啓介の家族、犯罪と立ち向かう本池上署管内の地元住民の人間模様を描く。ナショナル劇場枠は、『水戸黄門』や『大岡越前』、『江戸を斬る』など時代劇中心のドラマ枠だったが、1960年代は『七人の孫』など現代劇中心の枠だった。2001年10月から1クールで放送された『こちら第三社会部』から32年ぶりに現代劇の製作を復活し、『 - 本池上署』はその第2弾としてスタート。『 - 本池上署』の最初のシリーズが好評だったことから、『 - 本池上署』が『越前』に代わって『黄門』の新シリーズスタートまでの間(1クール)に放送されるシリーズとなった。高嶋政伸にとっては『HOTEL』と並ぶライフワーク的ドラマシリーズでもある。ちなみにレギュラー出演者には高嶋をはじめ東宝芸能所属俳優が多いが、制作は親会社の東宝ではなくテレパックである。第1シリーズから高嶋政伸の娘役として加護亜依(元モーニング娘。、現W (ハロプロ)|W)が出演し�
    !"Bh3シリーズからは中澤裕子(モーニング娘。元リーダー)が雑誌記者役で出演、さらに、高橋愛などモーニング娘。のメンバーもゲストで出演するなど、ハロー!プロジェクトとも関わりのあるドラマでもある。(高橋出演の回では、一部の雑誌などでは、出演者予告として最初は吉澤ひとみがゲスト出演と掲載されていたが、スケジュールの不都合から高橋に変更された。)



    キャスト





    [警察署員]


    :☆は第5シリーズからのキャスト。


  • 椎名啓介(高嶋政伸)

       本池上署の署長。警視正。


  • 山野咲(松本明子)☆

       刑事一課の係長。警部補。


  • 水木健司(金子賢)

       元・本池上署刑事一課の刑事。高知県警(所轄名不明)沖の島駐在所勤務の巡査。


  • 高杉巴(佐藤藍子)

       生活安全課少年係の刑事。巡査。


  • 竜崎愛(金子昇)

       組織犯罪対策課を経て刑事一課の刑事。巡査。


  • 千葉銀志郎(阿部薫)

       刑事一課の刑事。


  • 新藤敦子(知念里奈)

       暴力団対策課(劇中では組織犯罪対策課暴力団対策係)の刑事。


  • 中井あずさ(野波麻帆)

       元・広域捜査課(劇中では警視庁捜査一課現場資料班)の刑事。高知県警(所轄名不明)沖の島駐在所勤務の巡査部長。


  • 飛田満ちる(小倉優子)☆

       生活安全課の新米刑事。巡査。


  • 篠田吾郎(佐藤B作)

       刑事一課の主任。巡査部長。


  • 前島恭平(ベンガル)

       刑事課課長。警視。生活安全課長を兼任していたこともある。


  • 関川佑作(田口浩正)

       刑事二課の主任。巡査部長。


  • 青柳十三(橋爪功)

       本池上署副署長。警視。


    [その他]



  • 椎名由美(加護亜依)

       啓介の長女。高校生。


  • 元宮すず(中澤裕子)

       雑誌記者。一時期英子の担当編集者だった。


  • 椎名英子(高橋由美子)☆

       啓介の妻。絵本作家「しいなえいこ」として活躍しており、取材で飛び回るか執筆で部屋に篭るかで滅多に顔を見せない。


  • 岡本敏江(星由里子)

       啓介の義母・英子の母。署長官舎に啓介たちと同居し多忙な英子の代わりに家事一切をこなす。


  • 奥山ゆり子(伊藤榮子)

       味里の女将。


  • 笠松しのぶ(清水めぐみ)

       味里の仲居。


  • 佐伯次郎(田辺伸之助)

       味里の女将。


  • 山野桜(野村昭子)☆

       咲の姑。


  • 鈴木祐一郎(岡本竜汰)

       警視庁捜査一課管理官。警視。キャリアなのだが小山田を信奉し同行することが多い。


  • 小山田進一(西岡徳馬)

       堂上の後任として警視庁第二方面本部長を務める警視正。ノンキャリアの叩き上げ。



    過去のキャスト



  • 菊川麻衣 - 水野真紀(元本池上署刑事二課係長、警部補。のち堂上と再婚、堂上姓に)


  • 堂上洸一 - 伊原剛志(椎名と同期入庁。二方面本部長から本庁刑事部参事官を経てアメリカ出向中)


  • 堀内純子 - もたいまさこ(元本池上署生活安全課主任、巡査部長)



    シリーズ



  • 第1シリーズ

    2002年7月8日〜9月16日


  • 第2シリーズ

    2003年4月14日〜7月21日


  • 第3シリーズ

    2004年1月12日〜3月22日


  • 第4シリーズ

    2004年10月11日〜12月28日


  • 第5シリーズ

    2005年6月13日〜9月12日



    スタッフ



  • 製作

    テレパック・TBS





    外部リンク



  • TBS「こちら本池上署








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月19日

    ドラマ[私の青空]

    ドラマ☆ストリート私の青空



    私の青空は、スタンダードなジャズ曲マイ・ブルー・ヘヴンの日本語版『私の青空』。榎本健一、高田渡などが唄ったものが有名。家族の団欒、夕暮れに家路へとつくひと時を唄っている。

    私の青空は、内館牧子脚本のNHK連続テレビ小説。青森県大間町、東京築地を舞台にしている。以下に記述。

    ----

    私の青空(わたしのあおぞら)は、NHK連続テレビ小説で2000年4~9月に放送されたドラマ。この作品が東京発の朝ドラとしては20世紀最後の作品だった。脚本:内館牧子物語は青森県と東京都を舞台にしており、結婚式を直前に夫・健人(筒井道隆)が別の女性に連れ去られた北山なずな(田畑智子)が、家族の反対を押し切って出産。その後親子喧嘩の末に息子の太陽(篠田拓馬)を伴って上京し、夫を捜し求めつつシングルマザーとして生きていくなずなの生長と奮闘を描いた。朝ドラでの視聴者の反響が高かったので、2002年4~5月に朝ドラ初の続編「私の青空2002」が月曜ドラマシリーズ|月曜ドラマとして放送された。



    その他の主な出演者





    [北山家]



  • 伊東四朗


  • 加賀まりこ


  • 山崎裕太


  • 宝田明




    [ボクシングジム]



  • 渡辺哲


  • 深浦加奈子


  • 赤坂晃




    [その他]



  • 山本晋也


  • 大仁田厚


  • 松尾れい子


  • 菅井きん


  • 草刈民雄


  • あき竹城


  • 阿藤快


  • 菊川怜(2002のみ)


  • 三宅健(2002のみ)




    [ナレーター]



  • 久保純子(朝ドラのみ)


  • 膳場貴子(2002のみ)



    外部リンク



  • 私の青空(田畑のファンサイト・Tomoko's Islandから)


  • 月曜ドラマ・私の青空2002







    前番組:
    あすか (朝ドラ)|あすか



    連続テレビ小説一覧



    次番組:
    オードリー










    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月18日

    ドラマ[私の青空]

    ドラマ☆ストリート私の青空



    私の青空は、スタンダードなジャズ曲マイ・ブルー・ヘヴンの日本語版『私の青空』。榎本健一、高田渡などが唄ったものが有名。家族の団欒、夕暮れに家路へとつくひと時を唄っている。

    私の青空は、内館牧子脚本のNHK連続テレビ小説。青森県大間町、東京築地を舞台にしている。以下に記述。

    ----

    私の青空(わたしのあおぞら)は、NHK連続テレビ小説で2000年4~9月に放送されたドラマ。この作品が東京発の朝ドラとしては20世紀最後の作品だった。脚本:内館牧子物語は青森県と東京都を舞台にしており、結婚式を直前に夫・健人(筒井道隆)が別の女性に連れ去られた北山なずな(田畑智子)が、家族の反対を押し切って出産。その後親子喧嘩の末に息子の太陽(篠田拓馬)を伴って上京し、夫を捜し求めつつシングルマザーとして生きていくなずなの生長と奮闘を描いた。朝ドラでの視聴者の反響が高かったので、2002年4~5月に朝ドラ初の続編「私の青空2002」が月曜ドラマシリーズ|月曜ドラマとして放送された。



    その他の主な出演者





    [北山家]



  • 伊東四朗


  • 加賀まりこ


  • 山崎裕太


  • 宝田明




    [ボクシングジム]



  • 渡辺哲


  • 深浦加奈子


  • 赤坂晃




    [その他]



  • 山本晋也


  • 大仁田厚


  • 松尾れい子


  • 菅井きん


  • 草刈民雄


  • あき竹城


  • 阿藤快


  • 菊川怜(2002のみ)


  • 三宅健(2002のみ)




    [ナレーター]



  • 久保純子(朝ドラのみ)


  • 膳場貴子(2002のみ)



    外部リンク



  • 私の青空(田畑のファンサイト・Tomoko's Islandから)


  • 月曜ドラマ・私の青空2002







    前番組:
    あすか (朝ドラ)|あすか



    連続テレビ小説一覧



    次番組:
    オードリー










    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月17日

    ドラマ[ボクたちのドラマシリーズ]

    ドラマ☆ストリートボクたちのドラマシリーズ



    ボクたちのドラマシリーズ(ぼくたちの-)は、1992年から半年間と、1993年から1994年にかけてフジテレビジョン|フジテレビ系列で放送された少年少女向けのテレビドラマシリーズの総称。1992年秋、フジテレビは「世にも奇妙な物語」を休止する形で、木曜夜8時枠を新たに10代の少年・少女をターゲットにしたドラマ枠を新設した。通常の連続ドラマと異なり、1作品5話完結という方式。明るくさわやかなイメージから、ヒロインも売出し中の旬の若手女性タレントを積極的に起用。1993年春に一度休止するが、根強いファンの要望により秋から土曜夜8時枠で復活。1993年春まで、8作品が制作された。何回か再放送はされているものの、DVDは現在まだ発売されていない。なお1995年、「ボクたちの映画シリーズ」として「花より男子」と「白鳥麗子でございます!」が映画化された。



    第1シーズン


    1992年10月~1993年3月、放送時間:毎週木曜20:00-20:54(JST)放課後(1992年10月15日~11月12日、全5話)


  • 原作:山中恒「おれがあいつであいつがおれで」


  • 脚本:戸田山雅司 演出:星護


  • 主題歌:観月ありさ


  • 制作:共同テレビ

    キャスト


  • 秋山あずさ…観月ありさ


  • 高本浩平…いしだ壱成


  • 奈美…諸岡菜穂子


  • 直也…葛山信吾


  • 洋治…河相我聞


  • 本條司(生徒会長)…武田真治

    ほか

    :観月といしだの男女入れ替わりには誰もが度肝を抜いた。ドラマオリジナルのカフェ?P'S Dinner」も初登場。その時、ハートは盗まれた(1992年11月19日〜12月17日、全5話)


  • 脚本:北川悦吏子 演出:


  • 主題歌:松任谷由実「冬の終わり」


  • 制作:日活|にっかつ撮影所

    キャスト


  • 椎名裕子…一色紗英


  • 片瀬…木村拓哉


  • 麻生早紀…内田有紀

    ほか

    :内田有紀の記念すべきデビュー作。白鳥麗子でございます!(1993年1月14日〜2月11日、全5話)


  • 原作:鈴木由美子


  • 脚本:中園ミホ|中園美保、岡田惠和、鈴木由美子


  • 演出:鈴木雅之 (演出家)|鈴木雅之、小椋久雄(演出補・小池哲夫) 


  • 主題歌:ZARD「負けないで」


  • 制作:共同テレビ

    キャスト


  • 白鳥麗子…松雪泰子


  • 秋本哲也…萩原聖人


  • 小松千春


  • 彦摩呂


  • 美保純


  • 宝田明

    ほか

    :ZARDの歌う主題歌が大ヒット。お願いダーリン!(1993年2月18日〜3月18日、全5話)


  • 脚本:山崎淳也 演出:中江功ほか プロデュース:大多亮


  • 主題歌:高橋由美子

    キャスト


  • 中山(福原)香織…高橋由美子


  • 福原啓介…森脇健児


  • 西島秀俊


  • 井上晴美


  • 志垣太郎

    ほか

    :第3話で森脇が「カルトQ」に挑戦した。



    第2シーズン


    1993年10月〜1994年3月、放送時間:毎週土曜20:00-20:54

    :番宣CMで「ドハチはボクドラ」というキャッチコピーを使用。松雪泰子、戸田菜穂、細川ふみえ、内田有紀の4人が派手に宣伝した。白鳥麗子でございます!(1993年10月16日〜11月27日、全6話)


  • 原作:鈴木由美子


  • 脚本:岡田惠和、田辺満 


  • 演出:鈴木雅之 (演出家)|鈴木雅之、村上正典


  • 主題歌:ZARD「きっと忘れない」


  • 制作:共同テレビ

    キャスト


  • 白鳥麗子…松雪泰子


  • 秋本哲也…松岡俊介


  • かきつばたあやめ…田中律子

    ほか

    :哲也役が萩原聖人から松岡俊介に交代、さらに麗子のライバル・あやめ役で田中律子が加わるなど、一部キャストが変更。シリーズ最多の6話。お願いデーモン!(1993年11月27日〜12月25日、全5話)


  • 脚本:山崎淳也 演出:中江功、小林淳郎 プロデュース:杉尾敦弘、森谷雄


  • 主題歌:濱田マリ|モダンチョキチョキズ「自転車に乗って」

    キャスト


  • 岸森早苗…戸田奈穂


  • 出門一郎…森脇健児


  • 出門明日美…大路恵美


  • 高橋修平…香取慎吾


  • 甲盛夫…志垣太郎

    ほか

    :「ダーリン!」と同じコミカル路線だが設定等がまったく異なる。前作より引き続き森脇、志垣、渡嘉敷勝男らが参加している。幕末高校生(1994年1月15日〜2月12日、全5話)


  • 脚本:中村功一、山田章治、武上純希 演出:星護、ほか


  • 主題歌:西司「ぼくらのヒストリー」


  • 制作:セントラルアーツ(制作協力:共同テレビ)

    キャスト


  • 大原メグ…細川ふみえ


  • 川内雄輔…武田真治


  • 柳沢沙織…小林恵


  • 小松原誠…山本太郎


  • 佐久間象山…石橋蓮司


  • 大黒屋(悪徳商人)・宮沢先生…伊武雅刀

    ほか

    :東映太秦映画村が撮影協力。時をかける少女(1994年2月19日〜3月19日、全5話)


  • 原作:筒井康隆


  • 脚本:君塚良一 演出:星護、ほか プロデュース:塩沢浩二、岩田佑二


  • 主題歌:NOKKO「人魚」

    キャスト


  • 芳山和子…内田有紀


  • 深町一夫…袴田吉彦


  • 浅倉五郎…河相我聞


  • 神谷絵里子…鈴木蘭々

    ほか

    :安室奈美恵が和子(内田)の妹役で出演。また原作の筒井自身も住職役で出演している。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月16日

    ドラマ[ザ・ホワイトハウス]

    ドラマ☆ストリートザ・ホワイトハウス



    ザ・ホワイトハウス(原題:The West Wing)は、アメリカ合衆国 | アメリカの放送局National_Broadcasting_Company|NBCで1999年から放送されている政治ドラマで、日本では2002年10月から日本放送協会|NHK総合で放送された。アメリカでは シーズン (海外ドラマ用語) | シーズン6が2004年10月から放送され、日本でも2004年10月からNHK-BS2でSeason3が放送される。原題のWestWingは日本語で「西棟」を意味する。ホワイトハウスのEastWing(東棟)は観光客に一般公開されているが、WestWing(西棟)には大統領執務室と記者会見室や広報部、ルーズベルトルームなどが存在し大統領府として機能しているアメリカ政治の中枢である。ドラマのスタッフ達は様々な情報を元にホワイトハウスのWestWingを忠実に再現したセットを作り出した。そのため、製作会社のワーナーはスタジオツアーを、この番組だけは「国家の安全機密にかかわるため」として行っていない�
    !#$3$N%I%i%^$O%"%a%j%+9g=09qBgE}NN | 大統領とそのスタッフ達がアメリカ内外のリアリティーな問題に対処していく政治ドラマであり、個性あふれる大統領とそのスタッフの人間模様を描いたヒューマンドラマでもある。また、エミー賞を4年連続作品賞受賞している。



    ドラマの紹介


    1998年、民主党 (アメリカ)|民主党から大統領選挙に出馬したジェド・バートレットがアメリカ合衆国大統領に就任した。このドラマはバートレット大統領が就任した半年後から物語が始まる。

    もともと、大統領を支えるホワイトハウス首席補佐官/次席補佐官/広報部部長/広報部次長/報道官などの裏方スタッフがホワイトハウスの西棟で様々な問題に対処し大統領は2・3回しか登場しない脇役的存在になる予定だったが、パイロット版で大統領を演じるマーティン・シーンの演技が絶大な人気を呼び毎回登場する主人公となった。アメリカ合衆国|アメリカは日本とは違い議院内閣制ではないので、大統領が連邦議会に出席するのは一般教書演説・予算教書・大統領経済報告以外あまりないので、連邦議会がドラマの中で描かれることはほとんどない。国務長官やアメリカ合衆国国防長官|国防長官などの長官クラスもドラマにはあまり登場しない。これは、アメリカの閣僚は大統領の助言機関であるため、ホワイトハウス内にいて直接進言できる補佐官のほうが、大きな権力を握っている傾向にあるためである。だから、国務長官や国防長官より国家安全保障担当大統領補佐官や国家安全保障会議(NSC)の面々、統合参謀本部議長などのほうが登場回数も多く、アメリカ合衆国副大統領|副大統領より首席補佐官や次席補佐�
    41$N$[$&$,B?$/EP>l$9$k$3$H$K$J$k!#%7!<%:%s#1$G$O!">/?tM?E^$G$"$kL1


    主要登場人物


    ザ・ホワイトハウス登場人物一覧を参照のこと。


    [ ジェド・バートレット (Josiah Edward "Jed" Bartlet) ]


    (マーティン・シーン 吹替:小林薫)、ノートルダム大学に神父になるために入学したが、ロンドン大学で経済学の博士号を取得、ノーベル経済学賞受賞。下院議員を三期務め、ニューハンプシャー州知事を二期務めた。1998年のアメリカ大統領選挙に出馬。民主党の予備選挙に勝利し民主党の指名を受諾、本選挙では得票数が過半数に達しなかったが共和党に勝ちアメリカ合衆国大統領に就任した。典型的なアイルランド系アメリカ人のカトリック教徒でラテン語が上手。感謝祭では毎年ラテン語のスピーチをする。ユーモアセンスは抜群(?)で正義感が強く、曲がったことが大嫌いだが、気さくな性格で周囲をなごませる。首席補佐官のレオとは長い付き合い。


    [ レオ・マクギャリー (Leo Thomas McGarry) ]


    (ジョン・スペンサー 吹替:佐々木敏)、バートレット大統領とは40年来の友人で大統領選挙への出馬をバートレットに勧めたのは彼。ベトナム戦争では空軍のパイロットとして従軍経験がある。大統領に対して従軍した経験からコロンビアへの軍事行動をやめるように説得することもあるが、ミサイル防衛|ミサイル防衛システムの導入を嫌がる大統領を説得することもあった。ホワイトハウスでは首席補佐官という立場で全てのスタッフを統括する。アルコール依存症で以前薬物中毒で施設に入った経験がある。妻のジェニーは仕事ばかりするレオに呆れてシーズン1では別居し、シーズン2で離婚する。娘のマロリーは下記に挙げるサムと付き合っていたことがある。


    [ ジョシュ・ライマン (Joshua "Josh" Lyman)]


    (ブラッドリー・ウィットフォード 吹替:石塚運昇)、首席補佐官レオは亡くなった父親とは古い友人。1998年の民主党予備選挙で後に副大統領になるホインズの側近だった彼をレオがひきぬいた。「大統領は汚いことはしない、するのは僕だ」という台詞のように連邦議会での票集め・法案への支持の取り付けなどを行う。次席補佐官で直接の上司はレオ。第1シーズンのクリフハンガーで銃撃されて意識不明の重態になるが奇跡的に回復する。


    [ トビー・ジーグラー (Tobias Zachary "Toby" Ziegler)]


    (リチャード・シフ 吹替:佐々木勝彦)、広報部長と国内政策担当大統領補佐官を兼務。広報面と政策において大統領に助言を行い、若手スタッフたちのまとめ役。大統領と険悪なムードのときもあるが、大統領にあらゆる角度から物事を見てもらうよう努めている。サムと同じくスピーチライターでもある。


    [ サム・シーボーン (Samuel Norman "Sam" Seaborn)]


    (ロブ・ロウ シーズン1,2吹替:吉田栄作 シーズン3吹替:横堀悦夫)、広報部次長でトビーの直接の部下。企業のために働く弁護士が嫌になり、大統領選挙の時にバートレット陣営に加わる。選挙では大統領のスピーチのほとんどを彼が手がけた。正義感と責任感が強く、自分が弁護士時代に契約した会社のタンカーが座礁して原油が流出したときも自分の責任として感じた。


    [ CJ・クレッグ (Claudia Jean "C.J." Cregg)]


    (アリソン・ジャニー 吹替:夏木マリ)、報道官として記者会見で政府の方針などを発表する。ハリウッドで働いていた会社を解雇されたとき、トビーに誘われてバートレット陣営に加わる。敏腕報道官として記者会見では記者をやりこめるのだが、たまに逆にやりこめられる場面も。ペンキ塗りたてのベンチに座るなどちょっとおっちょこちょいの一面も。


    [ チャーリー・ヤング (Charles "Charlie" Young)]


    (デュレ・ヒル 吹替:鈴木ユウジ)、大統領私設秘書。警察官だった母親は銃撃で殉職し、妹の面倒を見るために大学には進学しないでメッセンジャー・ボーイの職に就こうとホワイトハウスを訪れた。しかし人事部の目にとまり、ジョシュの面接を受けて大統領私設秘書になった。現在は仕事をする傍ら大学へも通っている。黒人だが大統領の娘ゾーイと付き合い、白人至上主義者(クー・クラックス・クラン)などからの脅迫状が届くようになりシーズン1のクリフハンガーではチャーリーを標的に狙撃される。


    [ ドナ・モス (Donnatella "Donna" Moss)]


    (ジャネル・モロニー 吹替:八十川真由野)、次席補佐官秘書。半ば押しかけ女房的に1998年の大統領選挙の時にジョシュの秘書になる。ジョシュとドナの廊下を歩きながらのマシンガントークは有名。おっちょこちょいな一面もあっていつもジョシュにからかわれている。


    [ アビー・バートレット (Abigail Ann "Abbey" Bartlet M.D.)]


    (ストッカード・チャニング 吹替:平淑恵)、ファーストレディで医学博士でもある。大統領の多発性硬化症の症状を和らげるため、医師倫理規定に反してインターフェロンを注射していた。大統領が撃たれたとき、運ばれた病院で麻酔医に「あなたが14人目」(シーズン2)といったのはそのため。



    エピソード


    参照:ザ・ホワイトハウスのエピソード一覧






    ザ・ホワイトハウス (''The West Wing'') は脚本家、俳優、及びスタッフがエミー賞の19部門別と共に、2000年、2001年、2002年及び2003年に最優秀ドラマ・シリーズとしてエミー賞を受賞している。エミー賞を受賞した俳優は;


  • Allison Janney — 最優秀助演女優賞 (2000年、2001年)、最優秀女優賞 (2002年、2004年)


  • Richard Schiff — 最優秀助演男優賞 (2000年)


  • Bradley Whitford — 最優秀助演男優賞 (2001年)


  • ジョン・スペンサー — 最優秀助演男優賞 (2002年)


  • Stockard Channing — 最優秀助演女優賞 (2002年)



    放送局


    この人気ドラマは世界各国で放送されている。


    [ 新作放送 ]



  • National Broadcasting Company|NBC (アメリカ合衆国)

    シーズン 1 1999年9月22日 - 2000年5月17日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 2 2000年10月4日 - 2001年5月16日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 3 2001年10月3日 - 2002年5月22日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 4 2002年9月25日 - 2003年5月14日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 5 2003年9月24日 - 2004年5月19日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 6 2004年10月20日 - 2005年4月6日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 7 2005年秋 - 2006年春 (日曜日 8 PM ET)


  • Sky One (イギリス;pay-tv サービス)

    シーズン 1


  • E4 (channel) (イギリス; pay-tv サービス、シーズン 2 より)

    シーズン 2 2001年6月19日 - 2001年11月20日 (木曜日 9PM GMT)

    シーズン 3 2002年8月 - 2002年11月 (木曜日 9PM GMT

    シーズン 4 2003年7月 - 2003年11月 (木曜日 9PM GMT)

    シーズン 5 2004年7月20日 - 2004年11月 (木曜日 9PM GMT)

    シーズン 6 2005年7月20日 - 2005年11月 (水曜日 9PM GMT)


  • Nelonen (フィンランド)


  • RT? (アイルランド島|アイルランド)


  • CTV (カナダ)


  • Nine Network (オーストラリア) - シーズン 5 中盤 (2/1/2005)で放送中止。

    Season 1

    Season 2

    Season 3

    Season 4

    Season 5 - 2005年2月1日 ()


  • 日本放送協会|NHK (日本)

    シーズン 1 2002年10月 - 2003年3月 (土曜日 11 PM JT)

    シーズン 2 2003年10月 - 2004年3月 (土曜日 11 PM JT)

    シーズン 3 2004年10月5日 - 2005年3月15日 (火曜日 10 PM JT)


  • TVNZ (ニュージーランド)


  • DR2 (デンマーク)


  • Warner Channel (ラテンアメリカ; pay-tv サービス)


  • SBT (ブラジル)

    シーズン 1

    シーズン 2

    シーズン 3


  • NRK (ノルウェー)


  • Sveriges Television|SVT (スウェーデン)


  • RTL4 (オランダ)


    [ 再放送/シンジケーション]



  • Bravo (television network)|Bravo (アメリカ合衆国)

    シーズン 1 - シーズン 4 2003年8月以降

    シーズン 5 2004年9月以降 (月曜日 〜 木曜日 7 PM ET)


  • The WB Television Network|The WB (アメリカ合衆国)


  • Channel 4 (イギリス)

    シーズン 1 2001年5月 - 2001年8月 (PM GMT)

    シーズン 2 2002年5月24日 - 2002年8月18日 (PM GMT)

    シーズン 3 2003年2月 - 2003年8月 (PM GMT)

    シーズン 4 2004年9月 - 2005年5月 (PM GMT)


  • Arena (television network)|Arena (オーストラリア)


  • Canadian Learning Television (television network)|Canadian Learning Television (CLT) (カナダ)


  • Zee TV|Zee Studio (南アジア)


  • スーパーチャンネル (日本)

    シーズン 1 2005年3月10日 - 2005年 (日曜日 11 PM JT)

    シーズン 2

    シーズン 3


    [ 日本での放送局変更問題 ]


    日本放送協会|NHK総合で2002年10月から2003年3月の期間シーズン1が放送され、その後2003年4月から土曜日午後11時枠でER緊急救命室VIIが放送された。2003年9月のER緊急救命室VIIの最終回のテロップに「2004年4月からER緊急救命室VIIIを放送します」と流れて、後番組として2003年10月から土曜日午後11時枠でザ・ホワイトハウス2(シーズン2)が放送された。だが何故か2004年4月からER緊急救命室VIIIは放送中止となり代わりとして土曜日午後11時枠で冬のソナタが放送されることになった。いろんな憶測が流れ「ER緊急救命室VIIIが2004年10月から放送するから、ザ・ホワイトハウス3(シーズン3)は放送されない」と言った情報も飛び交った。(ER緊急救命室VIIIぁ
    O10月2日土曜深夜0:45からNHK総合で放送予定。)ザ・ホワイトハウス(シーズン1)の2003年3月に放送された最終回のテロップには「2003年10月からザ・ホワイトハウス2を放送いたします」と流れた。しかし2004年3月のザ・ホワイトハウス2の最終回の一話前に「次回いよいよ最終回!お見逃しなく!」というテロップが流れ最終回には告知テロップも何もなかったために、打ち切られたと感じた一部ファンは日本放送協会|NHKが視聴者を裏切ったと激怒しNHKに電話メールなどで問い合わせた。2004年の秋からは土曜日午後11時枠で韓国ドラマ美しき日々が放送される予定である。結果としてザ・ホワイトハウス$!
    B#3(シーズン3)はNHK総合からNHK-BS2へぁ
    N%A%c%s%
    M%kJQ99$H$J$C$?!#NHK総合で放送したドラマの続編をNHK-BSで流すというのは初めてのパターンである。

    大韓民国|韓国ブームということで公共放送であるNHKが続編の放送を待ち望んでいた視聴者を裏切ったという典型的な騒動であった。



    関連項目



  • 米国政府用語一覧


  • アメリカ合衆国の政治



    外部リンク



  • ザ・ホワイトハウスNHK公式ページ


  • ザ・ホワイトハウス2NHK公式ページ


  • ザ・ホワイトハウス3NHK公式ページ


  • NBC: The West Wing(英語版)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月15日

    ドラマ[私の青空]

    ドラマ☆ストリート私の青空



    私の青空は、スタンダードなジャズ曲マイ・ブルー・ヘヴンの日本語版『私の青空』。榎本健一、高田渡などが唄ったものが有名。家族の団欒、夕暮れに家路へとつくひと時を唄っている。

    私の青空は、内館牧子脚本のNHK連続テレビ小説。青森県大間町、東京築地を舞台にしている。以下に記述。

    ----

    私の青空(わたしのあおぞら)は、NHK連続テレビ小説で2000年4~9月に放送されたドラマ。この作品が東京発の朝ドラとしては20世紀最後の作品だった。脚本:内館牧子物語は青森県と東京都を舞台にしており、結婚式を直前に夫・健人(筒井道隆)が別の女性に連れ去られた北山なずな(田畑智子)が、家族の反対を押し切って出産。その後親子喧嘩の末に息子の太陽(篠田拓馬)を伴って上京し、夫を捜し求めつつシングルマザーとして生きていくなずなの生長と奮闘を描いた。朝ドラでの視聴者の反響が高かったので、2002年4~5月に朝ドラ初の続編「私の青空2002」が月曜ドラマシリーズ|月曜ドラマとして放送された。



    その他の主な出演者





    [北山家]



  • 伊東四朗


  • 加賀まりこ


  • 山崎裕太


  • 宝田明




    [ボクシングジム]



  • 渡辺哲


  • 深浦加奈子


  • 赤坂晃




    [その他]



  • 山本晋也


  • 大仁田厚


  • 松尾れい子


  • 菅井きん


  • 草刈民雄


  • あき竹城


  • 阿藤快


  • 菊川怜(2002のみ)


  • 三宅健(2002のみ)




    [ナレーター]



  • 久保純子(朝ドラのみ)


  • 膳場貴子(2002のみ)



    外部リンク



  • 私の青空(田畑のファンサイト・Tomoko's Islandから)


  • 月曜ドラマ・私の青空2002







    前番組:
    あすか (朝ドラ)|あすか



    連続テレビ小説一覧



    次番組:
    オードリー










    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月14日

    ドラマ[雨と夢のあとに]

    ドラマ☆ストリート雨と夢のあとに



    雨と夢のあとには、柳美里(ゆう・みり)原作のファンタジーホラー小説、並びにそれをモチーフとしテレビ朝日・金曜ナイトドラマ(2005年春季シリーズ)で放映されるドラマの題名。物語は二人暮しをしていた中学生の雨(黒川智花)とその父親・朝晴(沢村一樹)の親子が主人公である。朝晴は自らのライフワークとする蝶の採集で度々外出することが多く、雨はそれに対する思いが募る。しかしある時台湾に「コウトウキシタアゲハ」という幻の蝶(ちなみにこの蝶は実在する)を捕まえようと出かけた朝晴が、不慮の事故で帰らぬ人となってしまった。だが雨の朝晴に対する思いから幽霊となって雨のもとに帰るが、自らが死んでいることには全く気付いていない。しかし、ある日同じマンションに住んでいる隣人・暁子(木村多江)に自らが幽霊であることを知らされる。雨はまだ朝晴の死を知らない。見所としては、生前から好意を持っていた人、霊能者、または自分自身も幽霊である人しか幽霊が見えないところ、いつ朝晴が雨に自分の死を知らせるのか(知らせることで朝晴は成仏してしまぁ
    &$H$5$l$k!K!"D+@2$HLnCf%^%j%"!J0I;R!K$H$N?F8"Ah$$!"D+@2$H6G;R$H$N4X78$,?JE8$9$k$N$+!"$,Cf?4$H$J$k!#



    ドラマのおもな出演者



  • 沢村一樹


  • 黒川智花


  • 木村多江


  • 杏子(シンガー)


  • ブラザートム


  • 速水もこみち


  • 美保純


  • 浅見れいな以下、各話のおもなゲスト出演


  • 平田満(第一話)


  • 遠山愛里(第二話)


  • 高橋由美子(第三話)


  • 中村俊太(第四話)


  • 山下徹大(第四話)


  • 佐藤二郎(第五話)


  • 中原丈雄(第六話)


  • 矢沢心(第七話)


  • 沢田亜矢子(第八話)


  • 山田明郷(第八話)


  • 上川隆也(第九話)



    外部参照リンク



  • 柳美里オフィシャルサイト


  • テレビ朝日・雨と夢のあとに








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月13日

    ドラマ[あすなろ白書]

    ドラマ☆ストリートあすなろ白書



    あすなろ白書(あすなろはくしょ)とは、柴門ふみの漫画作品および、それを原作とするテレビドラマのことである。



    漫画


    小学館ビッグコミックスピリッツに連載された。 1992年、 柴門ふみ氏は『家族の食卓』『あすなろ白書』で第37回小学館漫画賞を受賞。





    テレビドラマ
    1993年10月11日−12月20日 21:00〜21:54 フジテレビジョン

    平均視聴率27%、 最終回視聴率31.9%  月9* 原作: 柴門ふみ


  • 脚本: 北川悦吏子


  • 演出: 木村達昭、新城毅彦


  • プロデュース: 亀山千広


  • 主題歌: 『TRUE LOVE』 藤井フミヤ


  • 音楽:「ひとさじの勇気」峠恵子、 S.E.N.S.


    [全11話]



  • 第1話 運命の恋


  • 第2話 とどかぬ想い…


  • 第3話 ハッピーエンド…


  • 第4話 悲しい予感


  • 第5話 彼が別れを口にする


  • 第6話 運命のいたずら


  • 第7話 君に逢えなくなるなんて…


  • 第8話 友の死、そして別れ


  • 第9話 想い出にならない


  • 第10話 さよならが痛い…


  • 第11話 あの頃の君に逢いたい…終わることのない愛と青春に


    [ 出演 ]
    * 園田 なるみ - 石田ひかり


  • 掛居 保 - 筒井道隆 


  • 取手 治- 木村拓哉


  • 東山 星香 - 鈴木杏樹 


  • 松岡 純一郎 - 西島秀俊



    その他


    原作とドラマの主な相違は、別々の大学(原作)か同じ大学(ドラマ)



    関連項目



  • 学園ドラマ








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月12日

    ドラマ[ニュースの女]

    ドラマ☆ストリートニュースの女



    ニュースの女(にゅーすのおんな)はフジテレビ系列で1998年1月〜3月に水曜21時に放送していたテレビドラマ。ちなみに主人公役を演じた、鈴木保奈美の女優・芸能人としての最後の作品。



    出演者



  • 鈴木保奈美


  • 藤原紀香


  • 滝沢秀明            ほか






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。