2005年09月30日

ドラマ[TEAM]

ドラマ☆ストリートTEAM



TEAM』(チーム)は、1999年10月-12月にフジテレビジョン|フジテレビで放送されていたドラマである。文部省(現在の文部科学省)に所属する風見勇助(草なぎ剛|草彅剛)と、警視庁のたたき上げ刑事・丹波肇(西村雅彦)がコンビで少年事件に挑む。風見は加害者側、丹波は被害者側に立ち、お互いに意見をぶつけ合い、事件の真相を探っていく、今時の刑事ドラマとしては珍しい作品だった。少年犯罪が増える傾向にある現在、視聴者の思っていることが、この二人を通して言われるため、ドラマも好評だったらしく、2時間スペシャルで放送されたりした。また第1話に小泉純一郎が文部大臣(現在の文部科学大臣)役で出演したことでも知られる。





放送日



  • 1999年10月13日〜12月22日。


  • 2000年11月3日 - 2時間スペシャル放送


  • 2001年10月5日 - 金曜エンタテイメントドラマスペシャル「TEAM


  • 2002年9月20日 - 金曜エンタテイメントドラマスペシャル「TEAM3」


  • 2003年9月26日 - 金曜エンタテイメントドラマスペシャル「TEAM4」





    出演者



  • 風見勇助 - 草彅剛


  • 丹波肇 - 西村雅彦


  • 丹波綴 - 水野美紀


  • 神代一課長 - 大杉漣


  • 前田季織 - 戸田菜穂


  • 丹波郁恵 - 黒木瞳





    スタッフ



  • 脚本 - 君塚良一


  • 企画 - 石原隆


  • プロデューサー - 関口静夫


  • 演出 - 西谷弘、河野圭太


  • 音楽 - 服部隆之


  • 主題歌 - 「風の向くまま」canna





    関連項目



  • 日本のテレビドラマ一覧


  • 1999年のテレビドラマ





    外部リンク



  • TEAM(公式サイト)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月29日

    ドラマ[ウォーターボーイズ]

    ドラマ☆ストリートウォーターボーイズ



    ウォーターボーイズ は2001年公開の日本映画および2003年、2004年に放送されたテレビドラマ。語自体は、映画プロデューサーが作った造語であった。



    解説


    男子高等学校|高校生たちが、シンクロナイズドスイミングに挑む青春活劇。モデルは埼玉県立川越高等学校|埼玉県立川越高校の水泳部が文化祭の演目として1988年に始めたシンクロナイズドスイミング。映画版プロデューサー達が、ニュースステーション(テレビ朝日)で放送された川越高校のドキュメンタリーを見て映画化を決意。後に矢口史靖監督が加わり映画化される。映画は、少数の映画館で上映が行われたが、口コミと地方へのキャンペーンで話題となり、最終的には上映劇場が100館、上映期間は6ヶ月を越えるロングランとなった。映画の大ヒットを受け、2003年にフジテレビがドラマ化。映画のスタッフがドラマ制作に参加することにより、映画の世界観を壊さずドラマ化を成功。高視聴率を記録した。この映画から連続ドラマという連動は、その後他局にまで影響を与えることになる。フジテレビは、その後#ウォーターボーイズ2|ドラマのパート2(2004年)、スペシャル版(2005年)を制作し完結した。さらに夏のフジァ
    F%l%S%$%Y%s%H!V$*Bf>lKA812&!W$G$O!"ウォーターボーイズ・ショー」を行い、大絶賛を受けた。映画公開後のブームを受け、2003年に日本放送協会|NHK総合テレビ「にんげんドキュメント」で、2004年9月13日に日本テレビ放送網|日テレ「スーパーテレビ情報最前線」でドキュメンタリーとして放送された。



    歴史



  • 2001年9月15日 - 劇場版公開


  • 2003年7月1日 - 9月9日、テレビドラマ版「ウォーターボーイズ」放送

    フジテレビのイベント「お台場冒険王」にて「ウォーターボーイズショー」開催。

    関連書籍:ウォーターボーイズ写真集


  • 2004年7月6日 - 9月21日、テレビドラマ版「ウォーターボーイズ2」放送

    「お台場冒険王」にて再び「ウォーターボーイズショー2」開催。

    ウォーターボーイズ2』最終回放送日の2004年9月21日(火曜日)19:00〜20:54カスペ!にて『全国高校ウォーターボーイズ選手権!』が放送された。優勝校は鈴鹿工業高等専門学校。

    2004年10月4日「あの感動がよみがえる!ウォーターボーイズ2完全密着130日!涙と友情の最終回スペシャル!!」放送

    2005年8月19、20日 「ウォータボーイズ2005夏スペシャル(仮)」放送予定



    劇場用映画版『ウォーターボーイズ


    矢口史靖監督・脚本。フジテレビジョン、アルタミラピクチャーズ、電通、東宝が2001年製作、ビスタサイズはドルビーSR(劇場)、ドルビーデジタル5.1(DVD)限定劇場で公開されたが、地道な全国各地でのキャンペーンと独特の宣伝展開で、大ヒットとなり、劇場数が増えていった。この現象は映画業界で話題になり、「ウォーターボーイズ」以降、同じような映画が乱立した。シネマコンプレックスの普及と時期が同じとなり、2000年以降の邦画復活のきっかけを作った。

    なお、同じスタッフで映画「スウィングガールズ」(2004年)が製作され、「ウォーターボーイズ」の倍以上の興行成績を記録した。


    [キャスト]



  • 鈴木智 - 妻夫木聡(ウォーターボーイズ全体での初代主人公)


  • 佐藤勝正 - 玉木宏


  • 太田祐一 - 三浦哲郁


  • 金沢孝志 - 近藤公園


  • 早乙女聖 - 金子貴俊


  • 浦杉大洋 - 杉浦太陽


  • 木内静子 - 平山綾


  • 生徒会長・弥生 - 秋定里穂


  • 佐久間恵 - 眞鍋かをり


  • 杉田 - 杉本哲太


  • 尾崎校長 - 谷啓*磯村 - 竹中直人;喫茶バー(オカマバー)「ともしび」


  • ママ - 柄本明


  • チィママ - 徳井優


    [スタッフ]



  • 脚本/監督・矢口史靖


  • エクゼクティブプロデューサー・桝井省志


  • プロデューサー・宅間秋史、関口大輔


    [あらすじ]


    眞鍋かをり演じる美人教師・佐久間恵が、廃部寸前だった唯野高校の水泳部顧問に着任した途端、部員が30人に激増。ところが、佐久間先生が本当に教えたかったのは、競泳ではなく、なんとシンクロナイズドスイミングだった…。恐れをなした部員たちは逃げ帰ったが、鈴木(妻夫木聡)ら5人は泣く泣くシンクロをやる羽目に…。怪しげなイルカの調教師・磯村、水泳部の責任者・杉田先生、ぼんやりした鈴木となぜかラブラブになる桜木女子高の木内静子、ど迫力のオカマバーのママ、など個性的な面々も応援に駆けつけ、鈴木たちはシンクロの練習に明け暮れる…。


    [主なロケ地]



  • 静岡県

    榛原郡相良町

    榛原郡榛原町 (静岡県)|榛原町

    榛原郡吉田町 (静岡県)|吉田町

    御前崎市(旧:榛原郡御前崎町)

    焼津市

    藤枝市


  • 千葉県

    鴨川市

    館山市





    テレビドラマ『ウォーターボーイズ


    映画版出演の眞鍋かをりが引き続き水泳部シンクロ同好会の顧問として、玉木宏が水泳部のOBとして出演。映画版出演のサブキャラ、磯村・オカマのママ・杉田教諭・尾崎校長も出演。最終回には、主題歌「虹」を歌う福山雅治が、宮地真緒演じる大西麻子の相談相手としてラジオパーソナリティー役で声の出演。また、2003年12月には、メイキングと未公開シーンを合わせた特別番組も放送された。全11回、平均視聴率16.1%。


    [キャスト]



  • 進藤勘九郎 - 山田孝之(ウォーターボーイズ全体での2代目主人公)


  • 立松憲男 - 森山未來


  • 田中昌俊 - 瑛太


  • 高原剛 - 石垣佑磨


  • 石塚太 - 石井智也


  • 大西麻子 - 宮地真緒


  • 花村響子 - 香椎由宇


  • 早川あつみ - 相武紗季


  • 磯村 - 竹中直人


  • 磯村清正 - 八嶋智人


  • 小野川静香 - 菊池麻衣子


  • 山岡教頭 - 布施明


  • 進藤美和子 - 高橋ひとみ


  • 進藤勘一 - 浅野和之


  • 進藤仁美 - 碇由貴子


    [主題歌]



  • 福山雅治「虹」


    [スタッフ]



  • 原作・矢口史靖


  • 脚本・橋本裕志、中谷まゆみ


  • 音楽・佐藤直紀


  • 企画・金井卓也、関口大輔(フジテレビ映画制作部。映画版プロデューサー)


  • プロデューサー・船津浩一、柳川由起子(共同テレビ)


  • 演出・佐藤祐市、村上正典、高橋伸之(いずれも共同テレビ)


  • シンクロ水泳指導・不破央


  • ダンス振付・八反田リコ


  • スケジュール・吉田使憲


  • 広報・清野真紀


    [サブタイトル]


    ・男のシンクロ!?

    ・シンクロ危うし!?

    ・祝結成!シンクロ同好会

    ・シンクロ公演決行

    ・シンクロ夏合宿!

    ・涙のインターハイ

    ・シンクロへの想い

    ・夏だ!海だ!サメ男だ!

    ・解散なんかしない

    ・32人が起こす奇跡

    ・男のシンクロ公演最高の涙!


    [主なロケ地]



  • 山梨県

    甲斐市(旧:中巨摩郡竜王町)

    韮崎市

    南アルプス市

    甲府市

    中巨摩郡昭和町 (山梨県)|昭和町

    北杜市(旧:北巨摩郡須玉町、白洲町)


  • 長野県

    長野市


  • 神奈川県

    津久井郡藤野町


  • 千葉県

    匝瑳郡野栄町





    テレビドラマ『ウォーターボーイズ2』


    3年前まで女子校だった姫乃高校にやってきた転校生・水嶋泳吉は勉強も水泳もダメな水泳部員。しかし、男子生徒らに「救世主」呼ばわりされる。金子貴俊演じる、映画版の水泳部のシンクロ部員・早乙女聖が、世界史担当の代理教師となり再登場。全12回、平均視聴率16.8%。


    [キャスト]



  • 水嶋泳吉 - 市原隼人(ウォーターボーイズ全体での3代目主人公)


  • 矢沢栞 - 石原さとみ


  • 山本洋介 - 中尾明慶


  • 川崎仙一 - 斉藤慶太


  • 岩田巌男 - 小池徹平


  • 佐野秀樹 - 木村了


  • 大原夏子(英語担当・陸上部顧問) - 山口紗弥加


  • 越野晴香(古文担当・吹奏楽部顧問) - 井上和香


  • 樫山礼子(姫乃高校校長) - キムラ緑子


  • 北川梢 - 鈴木えみ


  • 大場加代(生徒会長) - 浅見れいな


  • 歌江(生徒会) - 朝倉えりか


  • 照江(生徒会) - 仲程仁美


  • 水嶋亀吉(70歳、泳吉の祖父)- 今福將雄


  • 水嶋泳太郎(泳吉の父) - 矢島健一


  • 矢沢薫(栞の母) - 森下愛子


  • 矢沢明(栞の父・姫乃駅駅員) - 小日向文世 喫茶店


  • 粕谷耕造(コーチ) - 佐野史郎


  • 達矢(喫茶店アルバイト・双子の兄) - 角田拓也(ザ・たっち)


  • 和矢(喫茶店アルバイト・双子の弟) - 角田和也(ザ・たっち)


    [主題歌]



  • 福山雅治「虹〜もうひとつの夏〜」


    [スタッフ]



  • 原作・矢口史靖


  • 脚本: 橋本裕志、(6・9・11話のみ)中谷まゆみ


  • 企画: 金井卓也、関口大輔(フジテレビ映画制作部プロデューサー)


  • プロデューサー: 船津浩一、柳川由起子


  • 演出: 佐藤祐市、(3・4・7・9・11話)高橋伸之、(6話のみ)吉田使憲


  • 音楽: 佐藤直紀


  • シンクロ水泳指導・不破央、安部篤史


  • ダンス振付・稲田晴美


  • スケジュール・吉田使憲


  • 広報・清野真紀


    [サブタイトル]


    ウォーターボーイズ2のサブタイトル。

    ・救世主がやってきた!?

    ・ウソつきの仲間

    ・伝えたいキモチ

    ・新たな決意

    ・自分で決めた事

    ・あきらめない

    ・先生のための嘘

    ・それぞれの夢

    ・大事なのは、今

    ・退部届

    ・32人の救世主

    ・忘れられない夏〜旅立ちの時〜


    [主なロケ地]



  • 静岡県

    磐田市(旧磐田郡福田町・竜洋町・豊田町・豊岡村を含む)


  • 磐田市立福田中学校

    袋井市(旧磐田郡浅羽町を含む)

    周智郡森町 (静岡県)|森町

    掛川市

    浜松市

    天竜市

    静岡市


  • 愛知県

    知多郡美浜町 (愛知県)|美浜町


  • 山梨県

    甲斐市

    甲府市





    スペシャル版『ウォーターボーイズ


    ウォータボーイズシリーズの完結版で物語の舞台は南の島。大学生になった田中昌俊が、ひょんなことから訪れた南の島で新ボーイズたちと出会い、島の夏祭りイベントであるシンクロ公演を一緒に築きあげていくという内容。


    [キャスト]



  • 田中昌俊 - 瑛太(ウォーターボーイズ全体での4代目主人公)







    参考文献



  • ウォーターボーイズ・オフィシャルブック(フジテレビ出版刊、2004年発売)



    関連項目



  • 水泳


  • 福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ(テレビドラマ版1・2の最終回に登場)



    外部リンク



  • Gallery


  • JDorama


  • WikiDrama


  • 映画・ウォーターボーイズ




  • フジテレビ








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月28日

    ドラマ[アットホーム・ダッド]

    ドラマ☆ストリートアットホーム・ダッド



    『アットホーム?ダッド』は、関西テレビ放送制作、フジテレビジョン系列で2004年4月13日から同年6月29日まで放送されていたテレビドラマ作品である。全12回シリーズ、平均視聴率16.9%。基本放送時間は、火曜日の22:00〜22:54(JST)。2004年9月28日21:30-22:58(JST)にスペシャルとして放送。



    あらすじ


    憧れのマイホームを手に入れたが、リストラされて失業した阿部寛演じるコマーシャル|CMディレクター・山村和之が、男が家事・子供の教育をする「主夫」に挑み奮闘を描くコメディードラマ。妻の美紀(篠原涼子)や娘・理絵との暖かい会話に心が和む。現在の家庭のあり方を考えさせられる部分もある。



    出演



  • 山村和之 - 阿部寛


  • 山村美紀 - 篠原涼子


  • 杉尾優介 - 宮迫博之(雨上がり決死隊):主夫で山村家の隣人


  • 杉尾笙子 - 中島知子(オセロ)


  • 大沢健児 - 永井大


  • 倉本冴子 - 滝沢沙織


  • 上田聡 - 中村繁之(元ジャニーズ[元イーグルズ])


  • 岩崎真理江 - 川島なお美



    使用曲



  • 主題歌


    「朝焼けの旅路」グローバー義和|Jackson vibe


  • 挿入歌


    「愛しても愛し足りない」Fayray



    スタッフ



  • 脚本・尾崎将也、旺季志ずか


  • 音楽・仲西匡


  • 広報・金谷卓也


  • プロデューサー・安藤和久、東城祐司、伊藤達哉


  • 演出・塚本連平、二宮浩行、三宅喜重


  • 制作・関西テレビ放送、メディアミックス・ジャパン|MMJ



    関連項目



  • 2004年のテレビドラマ


  • 日本のテレビドラマ一覧


  • 関西テレビ番組一覧



    外部リンク



  • アットホーム・ダッド番組紹介


  • 関西テレビ放送 アットホーム・ダッド


  • TVstation








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月27日

    ドラマ[サトラレ]

    ドラマ☆ストリートサトラレ



    サトラレ対策委員会、サトラレ保護法、の出典てどこなんでしょう? 2005年6月19日 (日) 23:05 (UTC)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by tv-dorama at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月26日

    ドラマ[ナイトライダー]

    ドラマ☆ストリートナイトライダー



    ナイトライダー(Knight Rider)は、1980年代にアメリカ合衆国|米国で放映された特撮テレビ番組。1982年9月26日から1986年8月8日まで全84話。日本でもテレビ朝日系列で放映されたが、全74話しか放映されなかった。その後も、再放送で放映された。「完結編」として「ナイトライダー2000」が1991年に製作され、KITTが進化したナイト4000(KIFT)が登場した。



    概要


    デビッド・ハッセルホフ()が主役のマイケル・ナイト(Michael Knight)として抜擢され、4シーズンにわたる人気作品となった。マイケル・ナイトが整形手術で顔を変え、KITT(Knight Industry Two Thousand)と呼ばれる人工知能システムを搭載したハイテク自動車・ナイト2000と共に犯罪者を追うSFドラマである。パイロットエピソード中で、潜入捜査官マイケル・ロング(Michael Arther Long)は、頭部への銃撃で重傷を負った。


    瀕死の彼の治療は、犯罪と戦うために大富豪ウィルトン・ナイト氏によって設立されたナイト財団(the Knight Foundation)に引き継がれた。


    公式には死亡が宣告されたロングは、負傷からの回復と彼の外見を変えるための形成外科手術の後、KITT(キット)と呼ばれる人工知能システムを搭載したドリームカー(ハイテク自動車)・ナイト2000と共に、犯罪と戦う戦士、マイケル・ナイト(Michael Knight)となった。
    (一部で“キッド”と表記されているが誤り―“坊や”“坊主”になってしまう)
    日本ではナイト財団と呼ばれているが、オリジナルではFLAGと呼ばれ、ナイト財団の一部門となっている。KITTは高度な人工知能で、音声で人間と同じように会話をすることが可能である。自動車の運転はむろんのこと、車体に搭載された通信機器や各種スキャナを操り、各種のデータをマイケル・ナイトに提供。
    また、運行制御は人命の保護を最優先するようにプログラミングされている。


    ナイト2000の車体はほとんどの武器に耐えられるように作られ、多くの特殊能力を装備している。中でも最も多く使われるのは、障害物をジャンプして飛び越える能力「ターボブースト?である。
    大部分のエピソードで、ナイト2000には新技術による装置(ガジェット)がつけ加えられ、それらは悪人たちによってもたらされた窮地からマイケルとKITTが脱するために用いられた。マイケル・ナイトの性格は、古式ゆかしいヒーローであり、勇敢で礼儀正しい現代の騎士である。また彼は不必要な暴力を使わず、銃を使用することも嫌う。大部分のエピソードにおいて、ナイトの助けを必要とする魅力的な若い女性が登場し、彼と恋に落ちるのが定石だった。



    諸元



  • ナイト2000は、改造したポンティアック・ファイヤーバード・トランザム(Pontiac Firebird Trans Am)を元に作られている。


  • KITTとは、Knight Industries Two Thousandの略である。小説版のストーリーによれば、ナイト2000システムにはビジネスジェットまであるようだが、その全容は機密であり、KITTも詳細は知らされていない。



    キャスト



  • マイケル・ナイト(Michel Knight):デビッド?ハッセルホフ ()


  • キット[ナイト2000] : ウィリアム・ダニエルズ()


  • デボン・マイルズ(Devon Miles 日本語版ではデボン・シャイアー) : エドワード・マルヘアー()


  • ボニー・バースト(Bonnie Barstow): パトリシア・マクファーソン()- 1982年〜1983および1984〜1986放送分


  • エイプリル・カーティス(April Curtis) : レベッカ・ホールデン() - 1983-1984放送分


  • RC3 - レジナルド・コーネリアス?世(Reginald Cornelius III) : ピーター・パロス() - 1985-1986放送分ウィリアム・ダニエルズは、『』(2003年現在、日本未公開?)のスターの一人だった。──Dr. Mark Craig;日本語版吹き替えキャスト


  • マイケル・ナイト - 佐々木功


  • キット[ナイト2000] - 野島昭生


  • デボン・シャイア - 中村正


  • ボニー・バースト - 小山茉美


  • エイプリル・カーティス - 潘恵子


  • レジナルド・コーネリアス?世[RC3] - 水島裕





    放映リスト





    [日本での放送]


    日本で放映された順番。アメリカで放映された順番とはかなり異なる。




    [第1シリーズ]
























































































































































































    通算回 日本語サブタイトル TITLE
    第01回 「驚異のスーパーカーナイト2000水上爆進!黄金像の謎を暴け!」 RETURN TO CADIZ
    第02回 「刑務所脱獄!復讐の時限爆弾を探せ!!」 BROTHER'S KEEPER
    第03回 「激闘!魔の巨大ダム捜査・ナイト2000決死のターボジャンプ!!」 KNIGHTMARES
    第04回 「宝石強盗゛黒猫゛の正体を暴け!怪盗キャットvsナイト2000」 K.I.T.T THE CAT
    第05回 「スペシャルカーを取り戻せ!ナイト2000車ドロ壊滅作戦!!」 CUSTOM K.I.T.T.
    第06回 「ナイト2000地中大突入!地図に隠された秘宝の謎を追え!!」 A KNIGHT IN SHINING ARMOR
    第07回 「壮絶ジャングル戦!絶体絶命!ナイト2000底なし沼脱出不能!!」 RING OF FIRE
    第08回 「盗まれたナイト2000・知能戦!天才マイコン少年vsキット」 SOUL SURVIVOR
    第09回 「電撃スクランブル!ナイト2000凶悪暴走団を破壊せよ!」 WHITE-LINE WARRIORS
    第10回 「死線48時間リミット寸前!決死のレールウェイ大走破!!」 RACE FOR LIFE
    第11回 「危うしナイト2000!スクラップ地獄・脱出!空中ターボ噴射!!」 BLIND SPOT
    第12回 「激走!殺人レース・荒野に死を呼ぶマッドライダーを倒せ!!」 SPEED DEMONS
    第13回 「復讐の罠!マイケルは2度死ぬ.シグナルGO!高層ビル激走」 A GOOD KNIGHT'S WORK
    第14回 「殺人ヘリ攻撃ミサイルの恐怖!決死の空中戦.超パワー全開」 MERCHANTS OF DEATH
    第15回 「トップモデル殺人事件!宝石に隠された陰謀をブッつぶせ!!」 DIAMONDS AREN'T A GIRLS BEST FRIEND
    第16回 「巨大ブルドーザーの罠!!体当たり!転落!恐怖の土砂生き埋め」 BIG IRON
    第17回 「ビデオテープは死のサイン!芸能界潜入!マイケル歌手に!!」 LET IT BE ME



    [第2シリーズ]








































































































    通算回 日本語サブタイトル TITLE
    第18回 「激突!キット対マイケル・悪魔の洗脳!奪われたナイト2000!!」 CHARIOT OF GOLD
    第19回 「デボン逮捕!!決死の脱獄・迫る巨大トレーラー!橋上の対決」 NO BIG THING
    第20回 「荒野の大戦争!地獄の暴走族スコーピオンズ対ナイト2000」 GOOD DAY AT WHITE ROCK
    第21回 「死の山荘脱出作戦!!ナイト2000殺しのバリケード大突破」 JUST MY BILL
    第22回 「決死の替え玉作戦!ナイト2000凶悪武装軍団マル秘計画を暴け!!」 INSIDE OUT
    第23回 「殺しの暗号トパーズの謎!大追跡!ジェット機に飛び乗れ!!」 THE TOPAZE CONNECTION
    第24回 「消えた証人を探せ!爆走ナイト2000波止場の大激突」 THE FINAL VERDICT
    第25回 「爆殺!狙撃!事故続出!恐怖のサバイバルレースに勝て!!」 GIVE ME LIBERTY OR GIVE ME DEATH
    第26回 「コンピューター泥棒を追え!ナイト2000大追跡ジャンプ!!」 NOBODY DOES IT BETTER



    [第3シリーズ]






















































































































































































































    通算回 日本語サブタイトル TITLE
    第27回 「悪魔のナイト2000カールまたまた出現!復讐の空中大勝負!!」 K.I.T.T. VS. K.A.R.R.
    第28回 「恐怖の高電圧?消えたナイト2000」 LOST KNIGHT
    第29回 「幽霊殺人事件?謎のゴリラを追え!」 HALLOWEEN KNIGHT
    第30回 「ナイト2000魔の毒液に溶ける!決死の再生!立ち直れキット!!」 JUNK YARD DOG
    第31回 「爆走デビル?トラック!必殺クラッシュ!巨大タイヤの恐怖」 THE ROTTEN APPLES
    第32回 「地獄に落ちたマイケル!裏切り!逃亡!死のバイオ兵器強奪」 KNIGHT IN DISGRACE
    第33回 「マイケル連続危機!殺人フリスビーが襲う!猛毒が狙う!!」 DEAD OF KNIGHT
    第34回 「暗躍!謎の忍者軍団・超高温ビーム砲の恐怖!!」 KNIGHT AND KNERD
    第35回 「女賊アマゾネス!狙われた最新鋭ミサイル!!」 KNIGHT IN RETREAT
    第36回 「凶悪バイク・ギャング!顔を消した男!!」 THE ICE BANDITS
    第37回 「強敵!ミサイル装甲車vsナイト2000」 BUY OUT
    第38回 「死の空中ブランコ!疑惑のサーカス団!!」 CIRCUS KNIGHTS
    第39回 「ひき逃げ!死のスピードレース!黄金のスーパーカーを追え!」 KNIGHT OF THE FASTLANE
    第40回 「復讐のカメレオン・千の顔を持つ男」 KNIGHT OF THE CHAMELEON
    第41回 「狙われた名馬!転倒に秘められた陰謀!!」 KNIGHT BY A NOSE
    第42回 「真夜中の転落死!高層ビルに隠された罠」 KNIGHTLINES
    第43回 「謀略!デトロイト・マフィア!死の19番ホール」 THE NINTEENTH HOLE
    第44回 「恐怖の殺人改造車!激突!断崖の対決!!」 CUSTOM MADE KILLER
    第45回 「トンネル爆破!ナイト2000暗黒からの大脱出!!」 KNIGHT STRIKE
    第46回 「爆走コンボイ軍団!トラック野郎とナイト2000」 TEN WHEEL TROUBLE



    [第4シリーズ]










































































































































































































































    通算回 日本語サブタイトル TITLE
    第47回 「無敵装甲戦車ジャガーノート!大激突!!“破壊編”」 KNIGHT OF THE JUGGERNAUT
    第48回 「無敵装甲戦車ジャガーノート!大激突!!“再生編”」 KNIGHT OF THE JUGGERNAUT
    第49回 「復活ナイト2000!大改造パワー全開」 KNIGHT STING
    第50回 「恐怖の溶岩地獄?死の中米大冒険」 KNIGHT FLIGHT TO FREEDOM
    第51回 「疑惑・女子刑務所に消えた怪盗!!」 KNIGHT BEHIND BARS
    第52回 「謀略!復讐の暗殺車ナイト2000」 KILLER K.I.T.T.
    第53回 「死の魔術・アリバイに隠された謎」 DEADLY KNIGHTSHADE
    第54回 「美女とナイト2000を取り戻せ!!」 KITTNAP
    第55回 「凶悪の牙・襲われた財団司令室!!」 THE WRONG CROWD
    第56回 「ハイジッャク!人質ボニーを救え!!」 SKY KNIGHT
    第57回 「謀殺!サーキットに忍び寄る魔手!!」 KNIGHT RACER
    第58回 「死のリング!仕掛けられた世界戦!!」 REDEMPTION OF A CHAMPION
    第59回 「対決!恐怖の武装ホーバークラフト」 MANY HAPPY RETURN
    第60回 「恐怖のチェインソー・死を呼ぶ森林」 OUT OF THE WOODS
    第61回 「野望の血脈・奇襲忍者軍団」 KNIGHT OF THE RISING SUN
    第62回 「死を呼ぶ映画・28番ステージの怪」 KNIGHT FRIGHT
    第63回 「無法街!嵐のシカゴ・ブルース」 KNIGHT SONG
    第64回 「山火事!放火犯を新兵器で追え!」 HILLS OF FIRE
    第65回 「死を呼ぶ聖地・恐怖のガラガラ蛇」 BURIAL GROUND
    第66回 「大追跡!凶悪のオフロードレース」 KNIGHT OF A THOUSAND DEVIL
    第67回 「黒魔術ブードゥ!恐怖の脳支配」 VOODOO KNIGHT
    第68回 「復讐の鎮魂歌・さらばナイト2000? SCENT OF THE ROSES



    [テレビスペシャル]










































































    ナイトライダー1 「電子頭脳スーパーカー誕生」 KNIGHT OF THE PHOENIX
    ナイトライダー2 「無敵ゴライアスvsナイト2000」 GOLIATH
    ナイトライダー3 「替え玉博士略奪作戦」 GOLIATH RETURNS
    ナイトライダー4 「殺人ミサイル壊滅作戦」 MOUTH OF THE SNAKE
    ナイトライダー5 「強敵!赤い殺人カー」 KING OF THE DRONE
    ナイトライダー6(前半) 「重戦車砲撃網大突破!」 DEADLY MANEUVERS
    ナイトライダー6(後半) 「激闘!善と悪2台のナイト2000」 TRUST DOESN'T RUST



    [アメリカ]


    アメリカで放映された順番。斜体の文字は、日本国内では未放映のタイトル。




    [SEASON1]




















































































































































































    No TITLE
    1 KNIGHT OF THE PHOENIX
    2 DEADLY MANUVERS
    3 GOOD DAY AT WHITE ROCK
    ''4'' ''SLAMMIN' SAMMY'S STANT SHOW SPECTACULAR''
    5 JUST MY BILL
    ''6'' ''NOT A DROP TO DRINK''
    7 NO BIG THING
    8 TRUST DOESN'T RUST
    9 INSIDE OUT
    10 THE FINAL VERDICT
    ''11'' ''A PLUSH RIDE''
    ''12'' ''FORGET ME NOT''
    ''13'' ''HEART OF STONE''
    14 GIVE ME LIBERTY OR GIVE ME DEATH
    15 THE TOPAZE CONNECTION
    ''16'' ''A NICE INDECENT LITTLE TOWN''
    17 CHARIOT OF GOLD
    ''18'' ''WHITE BIRD''
    ''19'' ''KNIGHT MOVES''
    20 NOBODY DOES IT BETTER
    ''21'' ''SHORT NOTICE''



    [SEASON2]




















































































































































































    No TITLE
    22 GOLIATH
    23 BROTHER'S KEEPER
    24 MERCHANTS OF DEATH
    25 BLIND SPOT
    26 RETURN TO CADIZ
    27 K.I.T.T. THE CAT
    28 CUSTOM K.I.T.T.
    29 SOUL SURVIVOR
    30 RING OF FIRE
    31 KNIGHTMARES
    ''32'' ''SILENT KNIGHT''
    33 A KNIGHT IN SHINING ARMOR
    34 DIAMONDS AREN'T A GIRL'S BEST FRIEND
    35 WHITE‐LINE WARRRIORS
    36 RACE FOR LIFE
    37 SPEED DEMONS
    38 GOLIATH RETURNS
    39 A GOOD KNIGHT'S WORK
    40 MOUTH OF THE SNAKE
    41 LET IT BE
    42 BIG IRON



    [SEASON3]




















































































































































































    No TITLE
    43 KING OF THE DRONE
    44 THE ICE BANDITS
    45 KNIGHT OF THE FASTLANE
    46 HALLOWEEN KNIGHT
    47 K.I.T.T. vs. K.A.R.R.
    48 THE ROTTEN APPLES
    49 KNIGHT IN DISGRACE
    50 DEAD OF KNIGHT
    51 LOST KNIGHT
    52 KNIGHT OF THE CHAMELEON
    53 CUSTOM MADE KILLER
    54 KNIGHT BY A NOSE
    55 JUNKYARD DOG
    56 BUY OUT
    57 KNIGHTLINES
    58 THE NINTEENTH HOLE
    59 KNIGHT AND KNERD
    60 TEN WHEEL TROUBLE
    61 KNIGHT IN RETREAT
    62 KNIGHT STRIKE
    63 CIRCUS KNIGHTS



    [SEASON4]




















































































































































































    No TITLE
    64 KNIGHT OF THE JUGGERNAUT/2
    65 KITT NAPPED
    66 SKY KNIGHT
    67 BURIAL GROUND
    68 THE WRONG CROWD
    69 KNIGHT STING
    70 MANY HAPPY RETURNS
    71 KNIGHT RACER
    72 KNIGHT BEHIND BARS
    73 KNIGHT SONG
    74 SCENT OF THE ROSES
    75 KILLER K.I.T.T.
    76 OUT OF THE WOODS
    77 DEADRY KNIGHTSHADE
    78 REDEMPTION OF A CHAMPION
    79 KNIGHT OF A THOUSAND DEVIL
    80 HILLS OF FIRE
    81 KNIGHT FLIGHT TO FREEDOM
    82 KNIGHT FRIGHT
    83 KNIGHT OF THE RISING SUN
    84 VOODOO KNIGHT




    DVD



  • ザ・ベスト・オブ・ナイトライダー


  • ナイトライダー シーズン1 コンプリートDVD-BOX


  • ナイトライダー シーズン2 コンプリートDVD-BOX



    外部リンク



  • knight rider online


  • SCIFI.COM | Knight Rider



    参考リンク



  • ガースのお部屋


  • KNIGHT RIDER The Mechanical Database






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月25日

    ドラマ[翔んでる!平賀源内]

    ドラマ☆ストリート翔んでる!平賀源内



    翔んでる!平賀源内(とんでる!ひらがげんない)は、1989年5月〜9月の間、東京放送|TBS系で20時〜20時54分の『ナショナル劇場』の枠で放送された時代劇。

    主演:西田敏行






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月24日

    ドラマ[タブロイド (ドラマ)]

    ドラマ☆ストリートタブロイド (ドラマ)





    タブロイド (ドラマ)


    タブロイドは、1998年10月14日から12月16日まで、毎週水曜日21時にフジテレビで放送されていたテレビドラマ(全10回)。制作に夕刊フジ編集部が全面協力していた。



    内容


    駅売りの夕刊紙の編集部に左遷された女性記者の活躍を描く。「中央新聞社会部の記者・片山咲(演、常盤貴子)は、省幹部官僚への手厳しい取材がもとで、系列の「夕刊トップ」に左遷される。そこは、芸能人の離婚やヘアヌード写真集の記事が一面トップを飾る駅売り夕刊紙=タブロイドの編集部だった。本社の会長(演、大楠道代)から、年内に部数を50万部以上にしなければ廃刊すると言い渡されていた編集局長・桐野卓(演、佐藤浩市)は、まず売れる記事を書け、と咲に要求する。彼女は、年下の契約社員でシングルマザーの白河くるみ(演、ともさかりえ)と勢をめぐってせめぎ合いながらも、さまざまな事件の現場に飛び込んでいくのだった。そんな時、咲は、タレント・青島ビンゴ(演、中野英雄)殺害事件で一審有罪判決を受けながら、なお無罪を訴え続ける真鍋敏彦(演、真田広之)に面会、冤罪事件とみて取材を開始する。





    出演



  • 片山咲・・・・常盤貴子


  • 桐野卓・・・・佐藤浩市


  • 白河くるみ・・・・ともさかりえ


  • 三枝チカ・・・・京野ことみ


  • 猿渡匠・・・・柏原崇


  • アキ・・・・小雪 (女優)|小雪


  • 横手喜和子・・・・大楠道代


  • 真鍋敏彦・・・・真田広之



    主題歌


    GLAY(グレイ)「BE WITH YOU」





    関連項目



  • フジテレビ水曜劇場






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月23日

    ドラマ[エンジン (テレビドラ%^)]

    ドラマ☆ストリートエンジン (テレビドラマ)





    エンジン (テレビドラマ)


    エンジンは、フジテレビジョン|フジテレビ系列で、2005年4月18日から6月27日まで放送していた「フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ|月9ドラマ」。主演は木村拓哉。



    あらすじ


    神崎次郎(木村拓哉)は世界的にも有名なセカンド・ドライバー。フォーミュラカーを運転し、契約者からも絶大な信頼を得ていたが、外国のチームメイトとのトラブルで契約を切られ、やむなく日本へ帰国。とりあえず次の居場所を見つけるため実家へ。父と姉が営んでいる児童養護施設「風の丘ホーム」へ一時居候するのだが、そこには家庭環境上の理由から家族と暮らせなかったり虐待などで心に傷を負ったりした子供たちと、その子供たちの世話をしている保育士・朋美(小雪)が待っていた…。子供の大嫌いな次郎と、子供たちとのふれあいが始まる。そして、もう一度次郎はレース場に戻ってくるのか・・・?



    キャスト



  • 神崎次郎(木村拓哉)(SMAP)


  • 水越朋美(小雪 (女優)|小雪)


  • 鳥居元一郎(堺雅人)


  • 末永たまき(岡本綾)


  • 神崎ちひろ(松下由樹)


  • 星野美冴(上野樹里)


  • 樋田春海(戸田恵梨香)


  • 春海の母(国生さゆり)


  • 塩谷大輔(石田法嗣)


  • 大輔の父(嶋田久作)


  • 園部徹(有岡大貴)(J.J.Express)


  • 徹の妹・葵(佐藤未来)


  • 田口奈央(大平奈津美)


  • 二宮ユキエ(夏帆)


  • 草間周平(中島裕翔)(J.J.Express)


  • 平山盛男(小杉茂一郎)


  • 刀根明(広田亮平)


  • 金村俊太(小室優太)


  • 小森七恵(岡真由)


  • 伊吹テツヤ(石垣佑磨)


  • 菅原比呂人(青木伸輔)


  • 住民・久美(芦川よしみ)


  • 住民・サユリ(橘ユキコ)


  • 住民・ちあき(下村恵理)


  • レースクイーン・リナ(益子梨恵)


  • レースクイーン・ミキ(矢吹春奈)


  • 春山万里夫(角野卓造)*牛久保瑛子(高島礼子)


  • 有島猛(原田芳雄)


  • 一ノ瀬新作(泉谷しげる)



    サブタイトル・視聴率



  • LAP 1(第1話) 「13番目の子供現る」 25.3%


  • LAP 2(第2話) 「0からの始動」 22.5%


  • LAP 3(第3話) 「人生賭けた日」 19.6%


  • LAP 4(第4話) 「小さな告白」 23.1%


  • LAP 5(第5話) 「僕と君の秘密」 22.3%


  • LAP 6(第6話) 「17歳の花嫁」 21.5%


  • LAP 7(第7話) 「ホーム解散!」 22.2%


  • LAP 8(第8話) 「バイバイ次郎」 21.5%


  • LAP 9(第9話) 「イチかバチか」 21.8%


  • LAP 10(第10話) 「ラストラン」 22.5%


  • FINAL LAP(最終話) 「ウイニングラン」 24.3%数字は視聴率(ビデオリサーチ調べ)



    ソフトウェア



  • エンジン オリジナル・サウンドトラック - ユニバーサルミュージック


  • エンジン DVD-BOX - ビクターエンタテインメント



    ロケ地



  • 富士スピードウェイ



    その他



  • ドラマで流れるトヨタ・カローラフィールダーのCMにも木村が出演している。

    :初回から第5回までは、「エンジン」とタイアップCMとして、トヨタ・カローラフィールダーのスペシャルCMが流れていた。



    スタッフ



  • 脚本:井上由美子


  • 企画:和田行


  • 編成:保原賢一郎(大奥_(テレビドラマ)|大奥)


  • 広報:小中ももこ


  • 車両:トヨタ・コースター


  • スーパーバイザー:近藤真彦


  • プロデュース :牧野正、岩田祐二(共同テレビジョン|共同テレビ)


  • 次郎のテーマ『Angel』


  • エンディングテーマ『I Can See Clearly Now』 ジミー・クリフ|Jimmy cliff


  • 演出:西谷弘、平野眞


  • 制作協力:共同テレビジョン|共同テレビ


  • 制作著作:フジテレビジョン|フジテレビ



    外部リンク





  • フジテレビ


  • 株式会社ビデオリサーチ - Video Research Ltd.







    前番組:
    不機嫌なジーン



    フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ



    次番組:
    スローダンス










    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月22日

    ドラマ[ナイトライダー]

    ドラマ☆ストリートナイトライダー



    ナイトライダー(Knight Rider)は、1980年代にアメリカ合衆国|米国で放映された特撮テレビ番組。1982年9月26日から1986年8月8日まで全84話。日本でもテレビ朝日系列で放映されたが、全74話しか放映されなかった。その後も、再放送で放映された。「完結編」として「ナイトライダー2000」が1991年に製作され、KITTが進化したナイト4000(KIFT)が登場した。



    概要


    デビッド・ハッセルホフ()が主役のマイケル・ナイト(Michael Knight)として抜擢され、4シーズンにわたる人気作品となった。マイケル・ナイトが整形手術で顔を変え、KITT(Knight Industry Two Thousand)と呼ばれる人工知能システムを搭載したハイテク自動車・ナイト2000と共に犯罪者を追うSFドラマである。パイロットエピソード中で、潜入捜査官マイケル・ロング(Michael Arther Long)は、頭部への銃撃で重傷を負った。


    瀕死の彼の治療は、犯罪と戦うために大富豪ウィルトン・ナイト氏によって設立されたナイト財団(the Knight Foundation)に引き継がれた。


    公式には死亡が宣告されたロングは、負傷からの回復と彼の外見を変えるための形成外科手術の後、KITT(キット)と呼ばれる人工知能システムを搭載したドリームカー(ハイテク自動車)・ナイト2000と共に、犯罪と戦う戦士、マイケル・ナイト(Michael Knight)となった。
    (一部で“キッド”と表記されているが誤り―“坊や”“坊主”になってしまう)
    日本ではナイト財団と呼ばれているが、オリジナルではFLAGと呼ばれ、ナイト財団の一部門となっている。KITTは高度な人工知能で、音声で人間と同じように会話をすることが可能である。自動車の運転はむろんのこと、車体に搭載された通信機器や各種スキャナを操り、各種のデータをマイケル・ナイトに提供。
    また、運行制御は人命の保護を最優先するようにプログラミングされている。


    ナイト2000の車体はほとんどの武器に耐えられるように作られ、多くの特殊能力を装備している。中でも最も多く使われるのは、障害物をジャンプして飛び越える能力「ターボブースト?である。
    大部分のエピソードで、ナイト2000には新技術による装置(ガジェット)がつけ加えられ、それらは悪人たちによってもたらされた窮地からマイケルとKITTが脱するために用いられた。マイケル・ナイトの性格は、古式ゆかしいヒーローであり、勇敢で礼儀正しい現代の騎士である。また彼は不必要な暴力を使わず、銃を使用することも嫌う。大部分のエピソードにおいて、ナイトの助けを必要とする魅力的な若い女性が登場し、彼と恋に落ちるのが定石だった。



    諸元



  • ナイト2000は、改造したポンティアック・ファイヤーバード・トランザム(Pontiac Firebird Trans Am)を元に作られている。


  • KITTとは、Knight Industries Two Thousandの略である。小説版のストーリーによれば、ナイト2000システムにはビジネスジェットまであるようだが、その全容は機密であり、KITTも詳細は知らされていない。



    キャスト



  • マイケル・ナイト(Michel Knight):デビッド?ハッセルホフ ()


  • キット[ナイト2000] : ウィリアム・ダニエルズ()


  • デボン・マイルズ(Devon Miles 日本語版ではデボン・シャイアー) : エドワード・マルヘアー()


  • ボニー・バースト(Bonnie Barstow): パトリシア・マクファーソン()- 1982年〜1983および1984〜1986放送分


  • エイプリル・カーティス(April Curtis) : レベッカ・ホールデン() - 1983-1984放送分


  • RC3 - レジナルド・コーネリアス?世(Reginald Cornelius III) : ピーター・パロス() - 1985-1986放送分ウィリアム・ダニエルズは、『』(2003年現在、日本未公開?)のスターの一人だった。──Dr. Mark Craig;日本語版吹き替えキャスト


  • マイケル・ナイト - 佐々木功


  • キット[ナイト2000] - 野島昭生


  • デボン・シャイア - 中村正


  • ボニー・バースト - 小山茉美


  • エイプリル・カーティス - 潘恵子


  • レジナルド・コーネリアス?世[RC3] - 水島裕





    放映リスト





    [日本での放送]


    日本で放映された順番。アメリカで放映された順番とはかなり異なる。




    [第1シリーズ]
























































































































































































    通算回 日本語サブタイトル TITLE
    第01回 「驚異のスーパーカーナイト2000水上爆進!黄金像の謎を暴け!」 RETURN TO CADIZ
    第02回 「刑務所脱獄!復讐の時限爆弾を探せ!!」 BROTHER'S KEEPER
    第03回 「激闘!魔の巨大ダム捜査・ナイト2000決死のターボジャンプ!!」 KNIGHTMARES
    第04回 「宝石強盗゛黒猫゛の正体を暴け!怪盗キャットvsナイト2000」 K.I.T.T THE CAT
    第05回 「スペシャルカーを取り戻せ!ナイト2000車ドロ壊滅作戦!!」 CUSTOM K.I.T.T.
    第06回 「ナイト2000地中大突入!地図に隠された秘宝の謎を追え!!」 A KNIGHT IN SHINING ARMOR
    第07回 「壮絶ジャングル戦!絶体絶命!ナイト2000底なし沼脱出不能!!」 RING OF FIRE
    第08回 「盗まれたナイト2000・知能戦!天才マイコン少年vsキット」 SOUL SURVIVOR
    第09回 「電撃スクランブル!ナイト2000凶悪暴走団を破壊せよ!」 WHITE-LINE WARRIORS
    第10回 「死線48時間リミット寸前!決死のレールウェイ大走破!!」 RACE FOR LIFE
    第11回 「危うしナイト2000!スクラップ地獄・脱出!空中ターボ噴射!!」 BLIND SPOT
    第12回 「激走!殺人レース・荒野に死を呼ぶマッドライダーを倒せ!!」 SPEED DEMONS
    第13回 「復讐の罠!マイケルは2度死ぬ.シグナルGO!高層ビル激走」 A GOOD KNIGHT'S WORK
    第14回 「殺人ヘリ攻撃ミサイルの恐怖!決死の空中戦.超パワー全開」 MERCHANTS OF DEATH
    第15回 「トップモデル殺人事件!宝石に隠された陰謀をブッつぶせ!!」 DIAMONDS AREN'T A GIRLS BEST FRIEND
    第16回 「巨大ブルドーザーの罠!!体当たり!転落!恐怖の土砂生き埋め」 BIG IRON
    第17回 「ビデオテープは死のサイン!芸能界潜入!マイケル歌手に!!」 LET IT BE ME



    [第2シリーズ]








































































































    通算回 日本語サブタイトル TITLE
    第18回 「激突!キット対マイケル・悪魔の洗脳!奪われたナイト2000!!」 CHARIOT OF GOLD
    第19回 「デボン逮捕!!決死の脱獄・迫る巨大トレーラー!橋上の対決」 NO BIG THING
    第20回 「荒野の大戦争!地獄の暴走族スコーピオンズ対ナイト2000」 GOOD DAY AT WHITE ROCK
    第21回 「死の山荘脱出作戦!!ナイト2000殺しのバリケード大突破」 JUST MY BILL
    第22回 「決死の替え玉作戦!ナイト2000凶悪武装軍団マル秘計画を暴け!!」 INSIDE OUT
    第23回 「殺しの暗号トパーズの謎!大追跡!ジェット機に飛び乗れ!!」 THE TOPAZE CONNECTION
    第24回 「消えた証人を探せ!爆走ナイト2000波止場の大激突」 THE FINAL VERDICT
    第25回 「爆殺!狙撃!事故続出!恐怖のサバイバルレースに勝て!!」 GIVE ME LIBERTY OR GIVE ME DEATH
    第26回 「コンピューター泥棒を追え!ナイト2000大追跡ジャンプ!!」 NOBODY DOES IT BETTER



    [第3シリーズ]






















































































































































































































    通算回 日本語サブタイトル TITLE
    第27回 「悪魔のナイト2000カールまたまた出現!復讐の空中大勝負!!」 K.I.T.T. VS. K.A.R.R.
    第28回 「恐怖の高電圧?消えたナイト2000」 LOST KNIGHT
    第29回 「幽霊殺人事件?謎のゴリラを追え!」 HALLOWEEN KNIGHT
    第30回 「ナイト2000魔の毒液に溶ける!決死の再生!立ち直れキット!!」 JUNK YARD DOG
    第31回 「爆走デビル?トラック!必殺クラッシュ!巨大タイヤの恐怖」 THE ROTTEN APPLES
    第32回 「地獄に落ちたマイケル!裏切り!逃亡!死のバイオ兵器強奪」 KNIGHT IN DISGRACE
    第33回 「マイケル連続危機!殺人フリスビーが襲う!猛毒が狙う!!」 DEAD OF KNIGHT
    第34回 「暗躍!謎の忍者軍団・超高温ビーム砲の恐怖!!」 KNIGHT AND KNERD
    第35回 「女賊アマゾネス!狙われた最新鋭ミサイル!!」 KNIGHT IN RETREAT
    第36回 「凶悪バイク・ギャング!顔を消した男!!」 THE ICE BANDITS
    第37回 「強敵!ミサイル装甲車vsナイト2000」 BUY OUT
    第38回 「死の空中ブランコ!疑惑のサーカス団!!」 CIRCUS KNIGHTS
    第39回 「ひき逃げ!死のスピードレース!黄金のスーパーカーを追え!」 KNIGHT OF THE FASTLANE
    第40回 「復讐のカメレオン・千の顔を持つ男」 KNIGHT OF THE CHAMELEON
    第41回 「狙われた名馬!転倒に秘められた陰謀!!」 KNIGHT BY A NOSE
    第42回 「真夜中の転落死!高層ビルに隠された罠」 KNIGHTLINES
    第43回 「謀略!デトロイト・マフィア!死の19番ホール」 THE NINTEENTH HOLE
    第44回 「恐怖の殺人改造車!激突!断崖の対決!!」 CUSTOM MADE KILLER
    第45回 「トンネル爆破!ナイト2000暗黒からの大脱出!!」 KNIGHT STRIKE
    第46回 「爆走コンボイ軍団!トラック野郎とナイト2000」 TEN WHEEL TROUBLE



    [第4シリーズ]










































































































































































































































    通算回 日本語サブタイトル TITLE
    第47回 「無敵装甲戦車ジャガーノート!大激突!!“破壊編”」 KNIGHT OF THE JUGGERNAUT
    第48回 「無敵装甲戦車ジャガーノート!大激突!!“再生編”」 KNIGHT OF THE JUGGERNAUT
    第49回 「復活ナイト2000!大改造パワー全開」 KNIGHT STING
    第50回 「恐怖の溶岩地獄?死の中米大冒険」 KNIGHT FLIGHT TO FREEDOM
    第51回 「疑惑・女子刑務所に消えた怪盗!!」 KNIGHT BEHIND BARS
    第52回 「謀略!復讐の暗殺車ナイト2000」 KILLER K.I.T.T.
    第53回 「死の魔術・アリバイに隠された謎」 DEADLY KNIGHTSHADE
    第54回 「美女とナイト2000を取り戻せ!!」 KITTNAP
    第55回 「凶悪の牙・襲われた財団司令室!!」 THE WRONG CROWD
    第56回 「ハイジッャク!人質ボニーを救え!!」 SKY KNIGHT
    第57回 「謀殺!サーキットに忍び寄る魔手!!」 KNIGHT RACER
    第58回 「死のリング!仕掛けられた世界戦!!」 REDEMPTION OF A CHAMPION
    第59回 「対決!恐怖の武装ホーバークラフト」 MANY HAPPY RETURN
    第60回 「恐怖のチェインソー・死を呼ぶ森林」 OUT OF THE WOODS
    第61回 「野望の血脈・奇襲忍者軍団」 KNIGHT OF THE RISING SUN
    第62回 「死を呼ぶ映画・28番ステージの怪」 KNIGHT FRIGHT
    第63回 「無法街!嵐のシカゴ・ブルース」 KNIGHT SONG
    第64回 「山火事!放火犯を新兵器で追え!」 HILLS OF FIRE
    第65回 「死を呼ぶ聖地・恐怖のガラガラ蛇」 BURIAL GROUND
    第66回 「大追跡!凶悪のオフロードレース」 KNIGHT OF A THOUSAND DEVIL
    第67回 「黒魔術ブードゥ!恐怖の脳支配」 VOODOO KNIGHT
    第68回 「復讐の鎮魂歌・さらばナイト2000? SCENT OF THE ROSES



    [テレビスペシャル]










































































    ナイトライダー1 「電子頭脳スーパーカー誕生」 KNIGHT OF THE PHOENIX
    ナイトライダー2 「無敵ゴライアスvsナイト2000」 GOLIATH
    ナイトライダー3 「替え玉博士略奪作戦」 GOLIATH RETURNS
    ナイトライダー4 「殺人ミサイル壊滅作戦」 MOUTH OF THE SNAKE
    ナイトライダー5 「強敵!赤い殺人カー」 KING OF THE DRONE
    ナイトライダー6(前半) 「重戦車砲撃網大突破!」 DEADLY MANEUVERS
    ナイトライダー6(後半) 「激闘!善と悪2台のナイト2000」 TRUST DOESN'T RUST



    [アメリカ]


    アメリカで放映された順番。斜体の文字は、日本国内では未放映のタイトル。




    [SEASON1]




















































































































































































    No TITLE
    1 KNIGHT OF THE PHOENIX
    2 DEADLY MANUVERS
    3 GOOD DAY AT WHITE ROCK
    ''4'' ''SLAMMIN' SAMMY'S STANT SHOW SPECTACULAR''
    5 JUST MY BILL
    ''6'' ''NOT A DROP TO DRINK''
    7 NO BIG THING
    8 TRUST DOESN'T RUST
    9 INSIDE OUT
    10 THE FINAL VERDICT
    ''11'' ''A PLUSH RIDE''
    ''12'' ''FORGET ME NOT''
    ''13'' ''HEART OF STONE''
    14 GIVE ME LIBERTY OR GIVE ME DEATH
    15 THE TOPAZE CONNECTION
    ''16'' ''A NICE INDECENT LITTLE TOWN''
    17 CHARIOT OF GOLD
    ''18'' ''WHITE BIRD''
    ''19'' ''KNIGHT MOVES''
    20 NOBODY DOES IT BETTER
    ''21'' ''SHORT NOTICE''



    [SEASON2]




















































































































































































    No TITLE
    22 GOLIATH
    23 BROTHER'S KEEPER
    24 MERCHANTS OF DEATH
    25 BLIND SPOT
    26 RETURN TO CADIZ
    27 K.I.T.T. THE CAT
    28 CUSTOM K.I.T.T.
    29 SOUL SURVIVOR
    30 RING OF FIRE
    31 KNIGHTMARES
    ''32'' ''SILENT KNIGHT''
    33 A KNIGHT IN SHINING ARMOR
    34 DIAMONDS AREN'T A GIRL'S BEST FRIEND
    35 WHITE‐LINE WARRRIORS
    36 RACE FOR LIFE
    37 SPEED DEMONS
    38 GOLIATH RETURNS
    39 A GOOD KNIGHT'S WORK
    40 MOUTH OF THE SNAKE
    41 LET IT BE
    42 BIG IRON



    [SEASON3]




















































































































































































    No TITLE
    43 KING OF THE DRONE
    44 THE ICE BANDITS
    45 KNIGHT OF THE FASTLANE
    46 HALLOWEEN KNIGHT
    47 K.I.T.T. vs. K.A.R.R.
    48 THE ROTTEN APPLES
    49 KNIGHT IN DISGRACE
    50 DEAD OF KNIGHT
    51 LOST KNIGHT
    52 KNIGHT OF THE CHAMELEON
    53 CUSTOM MADE KILLER
    54 KNIGHT BY A NOSE
    55 JUNKYARD DOG
    56 BUY OUT
    57 KNIGHTLINES
    58 THE NINTEENTH HOLE
    59 KNIGHT AND KNERD
    60 TEN WHEEL TROUBLE
    61 KNIGHT IN RETREAT
    62 KNIGHT STRIKE
    63 CIRCUS KNIGHTS



    [SEASON4]




















































































































































































    No TITLE
    64 KNIGHT OF THE JUGGERNAUT/2
    65 KITT NAPPED
    66 SKY KNIGHT
    67 BURIAL GROUND
    68 THE WRONG CROWD
    69 KNIGHT STING
    70 MANY HAPPY RETURNS
    71 KNIGHT RACER
    72 KNIGHT BEHIND BARS
    73 KNIGHT SONG
    74 SCENT OF THE ROSES
    75 KILLER K.I.T.T.
    76 OUT OF THE WOODS
    77 DEADRY KNIGHTSHADE
    78 REDEMPTION OF A CHAMPION
    79 KNIGHT OF A THOUSAND DEVIL
    80 HILLS OF FIRE
    81 KNIGHT FLIGHT TO FREEDOM
    82 KNIGHT FRIGHT
    83 KNIGHT OF THE RISING SUN
    84 VOODOO KNIGHT




    DVD



  • ザ・ベスト・オブ・ナイトライダー


  • ナイトライダー シーズン1 コンプリートDVD-BOX


  • ナイトライダー シーズン2 コンプリートDVD-BOX



    外部リンク



  • knight rider online


  • SCIFI.COM | Knight Rider



    参考リンク



  • ガースのお部屋


  • KNIGHT RIDER The Mechanical Database






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月21日

    ドラマ[空から降る一億の星]

    ドラマ☆ストリート空から降る一億の星



    空から降る一億の星』(そらからふるいちおくのほし)は、フジテレビ系で2002年4月 - 6月に月曜21:00-21:54で放送されていたテレビドラマ|ドラマで、明石家さんまと木村拓哉の共演で話題を呼んだ。明石家主演だが、木村は助演ではなく主演でダブル主演という形式をとっている。助演は深津絵里。



    あらすじ


    ''stub''



    出演



  • 堂島完三 (46) ……明石家さんま

        日ノ出警察署刑事課、刑事。


  • 片瀬涼 (29)  ……木村拓哉(SMAP)

        フレンチレストラン『REVE』のコック見習い。


  • 堂島優子 (28) ……深津絵里

        完三の妹。『新時代電気』編集部勤務の編集者。


  • 西原美羽 (25) ……井川遥

        西原グループ会長の一人娘。


  • 宮下由紀 (19) ……柴咲コウ

        アイスクリーム屋の店員。* 大沢隆 (47)  ……田山涼成

        日ノ出警察署刑事課長。完三の同期。


  • 日下圭太   ……八嶋智人

        大学職員。優子の見合い相手。


  • 柏木直哉   ……大澄賢也

        大手ホテルグループの御曹司。


  • 向井裕希   ……金子貴俊

        青果店『八百善』の店員。涼と顔見知り。* 杉田琴子 (43) ……森下愛子

        日ノ出警察署刑事課、刑事。



    内容
    (スタブ)



    テーマ曲





    [主題歌]


    ・「スマイル (楽曲)|スマイル」

    :エルヴィス・コステロ

    :(ユニバーサル・ミュージック)


    [挿入歌]


    ・「見上げてごらん夜の星を」

    :作詞:永六輔

    :作曲:いずみたく

    :歌:坂本九



    スタッフ



  • 脚本・北川悦吏子


  • 企画・石原隆


  • プロデューサー・杉尾敦弘、牧野正


  • 演出・中江功



    外部リンク





  • フジテレビ*ようこそレーブへ

     ドラマ内に登場するフランス料理店「レーブ」は辻調理師学校の運営による期間限定の開店で番組期間中には実際に訪れて食事をすることができた。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月20日

    ドラマ[寺内貫太郎一家]

    ドラマ☆ストリート寺内貫太郎一家



    寺内貫太郎一家(てらうちかんたろういっか)は東京放送|TBS系列で放送されたドラマ。小林亜星主演。ドラマなのになぜかレシピの出る食事のシーンや、小林亜星演じる貫太郎と長男周平(西城秀樹)との乱闘シーン(西城本人は、このシーンの撮影で実際に怪我をして入院した。)、キンばあさん(悠木千帆)が沢田研二のポスターを見てもだえながら「ジュリ〜」と叫ぶシーンなどが話題になった。

     平成に入ってからも、メインの出演者が「東京電話」のCMに起用されたり、舞台版が上演されたり、新たにTVドラマスペシャルも3本作られており、その人気の根強さがうかがえる。



    主な出演者



  • 小林亜星


  • 加藤治子


  • 悠木千帆(当時、後に樹木希林に改名)


  • 西城秀樹


  • 梶芽衣子


  • 浅田美代子


  • 伴淳三郎


  • 由利徹


  • 左とん平


  • 篠ひろ子


  • 藤竜也



    スタッフ



  • 脚本 向田邦子


  • 演出 久世光彦


  • 音楽 井上尭之 大野克夫


  • デザイン 横尾忠則








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月19日

    ドラマ[ブルーもしくはブルー]

    ドラマ☆ストリートブルーもしくはブルー



    ブルーもしくはブルー

    ・山本文緒原作の小説。角川文庫より発売。

    ・1.を原作とし、2003年6~7月にNHK総合テレビの「連続ドラマシリーズ」として放送されたテレビドラマ。以下、2.について記載。

    ----





    概要


    ドラマ版サブタイトルに“もう一人の私”とあるように、コンセプトとしては、もし自分と全く同じ人格の人物がいて、違う家庭環境で恋人(愛人)と暮らしたらどんな展開になるか(いわゆるドッペルゲンガー)というサスペンスラブストーリー的な要素があった。



    出演者



  • 稲森いずみ(1人2役)


  • 石黒賢


  • 内田朝陽


  • 細川茂樹


  • 山寺宏一


  • ベッキー


  • 根本はるみ


  • 中尾ミエ



    外部リンク



  • NHK連続ドラマ ブルーもしくはブルー


  • ブルーもしくはブルー再編集版(2003年末放送)






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月18日

    ドラマ[ザ・ホワイトハウス]

    ドラマ☆ストリートザ・ホワイトハウス



    ザ・ホワイトハウス(原題:The West Wing)は、アメリカ合衆国 | アメリカの放送局National_Broadcasting_Company|NBCで1999年から放送されている政治ドラマで、日本では2002年10月から日本放送協会|NHK総合で放送された。アメリカでは シーズン (海外ドラマ用語) | シーズン6が2004年10月から放送され、日本でも2004年10月からNHK-BS2でSeason3が放送される。原題のWestWingは日本語で「西棟」を意味する。ホワイトハウスのEastWing(東棟)は観光客に一般公開されているが、WestWing(西棟)には大統領執務室と記者会見室や広報部、ルーズベルトルームなどが存在し大統領府として機能しているアメリカ政治の中枢である。ドラマのスタッフ達は様々な情報を元にホワイトハウスのWestWingを忠実に再現したセットを作り出した。そのため、製作会社のワーナーはスタジオツアーを、この番組だけは「国家の安全機密にかかわるため」として行っていない�
    !#$3$N%I%i%^$O%"%a%j%+9g=09qBgE}NN | 大統領とそのスタッフ達がアメリカ内外のリアリティーな問題に対処していく政治ドラマであり、個性あふれる大統領とそのスタッフの人間模様を描いたヒューマンドラマでもある。また、エミー賞を4年連続作品賞受賞している。



    ドラマの紹介


    1998年、民主党 (アメリカ)|民主党から大統領選挙に出馬したジェド・バートレットがアメリカ合衆国大統領に就任した。このドラマはバートレット大統領が就任した半年後から物語が始まる。

    もともと、大統領を支えるホワイトハウス首席補佐官/次席補佐官/広報部部長/広報部次長/報道官などの裏方スタッフがホワイトハウスの西棟で様々な問題に対処し大統領は2・3回しか登場しない脇役的存在になる予定だったが、パイロット版で大統領を演じるマーティン・シーンの演技が絶大な人気を呼び毎回登場する主人公となった。アメリカ合衆国|アメリカは日本とは違い議院内閣制ではないので、大統領が連邦議会に出席するのは一般教書演説・予算教書・大統領経済報告以外あまりないので、連邦議会がドラマの中で描かれることはほとんどない。国務長官やアメリカ合衆国国防長官|国防長官などの長官クラスもドラマにはあまり登場しない。これは、アメリカの閣僚は大統領の助言機関であるため、ホワイトハウス内にいて直接進言できる補佐官のほうが、大きな権力を握っている傾向にあるためである。だから、国務長官や国防長官より国家安全保障担当大統領補佐官や国家安全保障会議(NSC)の面々、統合参謀本部議長などのほうが登場回数も多く、アメリカ合衆国副大統領|副大統領より首席補佐官や次席補佐�
    41$N$[$&$,B?$/EP>l$9$k$3$H$K$J$k!#%7!<%:%s#1$G$O!">/?tM?E^$G$"$kL1


    主要登場人物


    ザ・ホワイトハウス登場人物一覧を参照のこと。


    [ ジェド・バートレット (Josiah Edward "Jed" Bartlet) ]


    (マーティン・シーン 吹替:小林薫)、ノートルダム大学に神父になるために入学したが、ロンドン大学で経済学の博士号を取得、ノーベル経済学賞受賞。下院議員を三期務め、ニューハンプシャー州知事を二期務めた。1998年のアメリカ大統領選挙に出馬。民主党の予備選挙に勝利し民主党の指名を受諾、本選挙では得票数が過半数に達しなかったが共和党に勝ちアメリカ合衆国大統領に就任した。典型的なアイルランド系アメリカ人のカトリック教徒でラテン語が上手。感謝祭では毎年ラテン語のスピーチをする。ユーモアセンスは抜群(?)で正義感が強く、曲がったことが大嫌いだが、気さくな性格で周囲をなごませる。首席補佐官のレオとは長い付き合い。


    [ レオ・マクギャリー (Leo Thomas McGarry) ]


    (ジョン・スペンサー 吹替:佐々木敏)、バートレット大統領とは40年来の友人で大統領選挙への出馬をバートレットに勧めたのは彼。ベトナム戦争では空軍のパイロットとして従軍経験がある。大統領に対して従軍した経験からコロンビアへの軍事行動をやめるように説得することもあるが、ミサイル防衛|ミサイル防衛システムの導入を嫌がる大統領を説得することもあった。ホワイトハウスでは首席補佐官という立場で全てのスタッフを統括する。アルコール依存症で以前薬物中毒で施設に入った経験がある。妻のジェニーは仕事ばかりするレオに呆れてシーズン1では別居し、シーズン2で離婚する。娘のマロリーは下記に挙げるサムと付き合っていたことがある。


    [ ジョシュ・ライマン (Joshua "Josh" Lyman)]


    (ブラッドリー・ウィットフォード 吹替:石塚運昇)、首席補佐官レオは亡くなった父親とは古い友人。1998年の民主党予備選挙で後に副大統領になるホインズの側近だった彼をレオがひきぬいた。「大統領は汚いことはしない、するのは僕だ」という台詞のように連邦議会での票集め・法案への支持の取り付けなどを行う。次席補佐官で直接の上司はレオ。第1シーズンのクリフハンガーで銃撃されて意識不明の重態になるが奇跡的に回復する。


    [ トビー・ジーグラー (Tobias Zachary "Toby" Ziegler)]


    (リチャード・シフ 吹替:佐々木勝彦)、広報部長と国内政策担当大統領補佐官を兼務。広報面と政策において大統領に助言を行い、若手スタッフたちのまとめ役。大統領と険悪なムードのときもあるが、大統領にあらゆる角度から物事を見てもらうよう努めている。サムと同じくスピーチライターでもある。


    [ サム・シーボーン (Samuel Norman "Sam" Seaborn)]


    (ロブ・ロウ シーズン1,2吹替:吉田栄作 シーズン3吹替:横堀悦夫)、広報部次長でトビーの直接の部下。企業のために働く弁護士が嫌になり、大統領選挙の時にバートレット陣営に加わる。選挙では大統領のスピーチのほとんどを彼が手がけた。正義感と責任感が強く、自分が弁護士時代に契約した会社のタンカーが座礁して原油が流出したときも自分の責任として感じた。


    [ CJ・クレッグ (Claudia Jean "C.J." Cregg)]


    (アリソン・ジャニー 吹替:夏木マリ)、報道官として記者会見で政府の方針などを発表する。ハリウッドで働いていた会社を解雇されたとき、トビーに誘われてバートレット陣営に加わる。敏腕報道官として記者会見では記者をやりこめるのだが、たまに逆にやりこめられる場面も。ペンキ塗りたてのベンチに座るなどちょっとおっちょこちょいの一面も。


    [ チャーリー・ヤング (Charles "Charlie" Young)]


    (デュレ・ヒル 吹替:鈴木ユウジ)、大統領私設秘書。警察官だった母親は銃撃で殉職し、妹の面倒を見るために大学には進学しないでメッセンジャー・ボーイの職に就こうとホワイトハウスを訪れた。しかし人事部の目にとまり、ジョシュの面接を受けて大統領私設秘書になった。現在は仕事をする傍ら大学へも通っている。黒人だが大統領の娘ゾーイと付き合い、白人至上主義者(クー・クラックス・クラン)などからの脅迫状が届くようになりシーズン1のクリフハンガーではチャーリーを標的に狙撃される。


    [ ドナ・モス (Donnatella "Donna" Moss)]


    (ジャネル・モロニー 吹替:八十川真由野)、次席補佐官秘書。半ば押しかけ女房的に1998年の大統領選挙の時にジョシュの秘書になる。ジョシュとドナの廊下を歩きながらのマシンガントークは有名。おっちょこちょいな一面もあっていつもジョシュにからかわれている。


    [ アビー・バートレット (Abigail Ann "Abbey" Bartlet M.D.)]


    (ストッカード・チャニング 吹替:平淑恵)、ファーストレディで医学博士でもある。大統領の多発性硬化症の症状を和らげるため、医師倫理規定に反してインターフェロンを注射していた。大統領が撃たれたとき、運ばれた病院で麻酔医に「あなたが14人目」(シーズン2)といったのはそのため。



    エピソード


    参照:ザ・ホワイトハウスのエピソード一覧






    ザ・ホワイトハウス (''The West Wing'') は脚本家、俳優、及びスタッフがエミー賞の19部門別と共に、2000年、2001年、2002年及び2003年に最優秀ドラマ・シリーズとしてエミー賞を受賞している。エミー賞を受賞した俳優は;


  • Allison Janney — 最優秀助演女優賞 (2000年、2001年)、最優秀女優賞 (2002年、2004年)


  • Richard Schiff — 最優秀助演男優賞 (2000年)


  • Bradley Whitford — 最優秀助演男優賞 (2001年)


  • ジョン・スペンサー — 最優秀助演男優賞 (2002年)


  • Stockard Channing — 最優秀助演女優賞 (2002年)



    放送局


    この人気ドラマは世界各国で放送されている。


    [ 新作放送 ]



  • National Broadcasting Company|NBC (アメリカ合衆国)

    シーズン 1 1999年9月22日 - 2000年5月17日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 2 2000年10月4日 - 2001年5月16日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 3 2001年10月3日 - 2002年5月22日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 4 2002年9月25日 - 2003年5月14日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 5 2003年9月24日 - 2004年5月19日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 6 2004年10月20日 - 2005年4月6日 (水曜日 9 PM ET)

    シーズン 7 2005年秋 - 2006年春 (日曜日 8 PM ET)


  • Sky One (イギリス;pay-tv サービス)

    シーズン 1


  • E4 (channel) (イギリス; pay-tv サービス、シーズン 2 より)

    シーズン 2 2001年6月19日 - 2001年11月20日 (木曜日 9PM GMT)

    シーズン 3 2002年8月 - 2002年11月 (木曜日 9PM GMT

    シーズン 4 2003年7月 - 2003年11月 (木曜日 9PM GMT)

    シーズン 5 2004年7月20日 - 2004年11月 (木曜日 9PM GMT)

    シーズン 6 2005年7月20日 - 2005年11月 (水曜日 9PM GMT)


  • Nelonen (フィンランド)


  • RT? (アイルランド島|アイルランド)


  • CTV (カナダ)


  • Nine Network (オーストラリア) - シーズン 5 中盤 (2/1/2005)で放送中止。

    Season 1

    Season 2

    Season 3

    Season 4

    Season 5 - 2005年2月1日 ()


  • 日本放送協会|NHK (日本)

    シーズン 1 2002年10月 - 2003年3月 (土曜日 11 PM JT)

    シーズン 2 2003年10月 - 2004年3月 (土曜日 11 PM JT)

    シーズン 3 2004年10月5日 - 2005年3月15日 (火曜日 10 PM JT)


  • TVNZ (ニュージーランド)


  • DR2 (デンマーク)


  • Warner Channel (ラテンアメリカ; pay-tv サービス)


  • SBT (ブラジル)

    シーズン 1

    シーズン 2

    シーズン 3


  • NRK (ノルウェー)


  • Sveriges Television|SVT (スウェーデン)


  • RTL4 (オランダ)


    [ 再放送/シンジケーション]



  • Bravo (television network)|Bravo (アメリカ合衆国)

    シーズン 1 - シーズン 4 2003年8月以降

    シーズン 5 2004年9月以降 (月曜日 〜 木曜日 7 PM ET)


  • The WB Television Network|The WB (アメリカ合衆国)


  • Channel 4 (イギリス)

    シーズン 1 2001年5月 - 2001年8月 (PM GMT)

    シーズン 2 2002年5月24日 - 2002年8月18日 (PM GMT)

    シーズン 3 2003年2月 - 2003年8月 (PM GMT)

    シーズン 4 2004年9月 - 2005年5月 (PM GMT)


  • Arena (television network)|Arena (オーストラリア)


  • Canadian Learning Television (television network)|Canadian Learning Television (CLT) (カナダ)


  • Zee TV|Zee Studio (南アジア)


  • スーパーチャンネル (日本)

    シーズン 1 2005年3月10日 - 2005年 (日曜日 11 PM JT)

    シーズン 2

    シーズン 3


    [ 日本での放送局変更問題 ]


    日本放送協会|NHK総合で2002年10月から2003年3月の期間シーズン1が放送され、その後2003年4月から土曜日午後11時枠でER緊急救命室VIIが放送された。2003年9月のER緊急救命室VIIの最終回のテロップに「2004年4月からER緊急救命室VIIIを放送します」と流れて、後番組として2003年10月から土曜日午後11時枠でザ・ホワイトハウス2(シーズン2)が放送された。だが何故か2004年4月からER緊急救命室VIIIは放送中止となり代わりとして土曜日午後11時枠で冬のソナタが放送されることになった。いろんな憶測が流れ「ER緊急救命室VIIIが2004年10月から放送するから、ザ・ホワイトハウス3(シーズン3)は放送されない」と言った情報も飛び交った。(ER緊急救命室VIIIぁ
    O10月2日土曜深夜0:45からNHK総合で放送予定。)ザ・ホワイトハウス(シーズン1)の2003年3月に放送された最終回のテロップには「2003年10月からザ・ホワイトハウス2を放送いたします」と流れた。しかし2004年3月のザ・ホワイトハウス2の最終回の一話前に「次回いよいよ最終回!お見逃しなく!」というテロップが流れ最終回には告知テロップも何もなかったために、打ち切られたと感じた一部ファンは日本放送協会|NHKが視聴者を裏切ったと激怒しNHKに電話メールなどで問い合わせた。2004年の秋からは土曜日午後11時枠で韓国ドラマ美しき日々が放送される予定である。結果としてザ・ホワイトハウス$!
    B#3(シーズン3)はNHK総合からNHK-BS2へぁ
    N%A%c%s%
    M%kJQ99$H$J$C$?!#NHK総合で放送したドラマの続編をNHK-BSで流すというのは初めてのパターンである。

    大韓民国|韓国ブームということで公共放送であるNHKが続編の放送を待ち望んでいた視聴者を裏切ったという典型的な騒動であった。



    関連項目



  • 米国政府用語一覧


  • アメリカ合衆国の政治



    外部リンク



  • ザ・ホワイトハウスNHK公式ページ


  • ザ・ホワイトハウス2NHK公式ページ


  • ザ・ホワイトハウス3NHK公式ページ


  • NBC: The West Wing(英語版)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月17日

    ドラマ[夫婦。]

    ドラマ☆ストリート夫婦。



    『日曜劇場・夫婦。』(にちようげきじょう・ふうふ。)は、東京放送|TBS系の日曜劇場枠で2004年10月10日から2004年12月19日まで放送されたドラマ。25年間、連れ添ってきた夫婦の日常から、離婚を経てもう一度ステップアップし、やり直していこうという過程を、田村演ずる山口太一の対談番組を収録している様子の回顧録から描いたストーリー。田村正和は、黒木瞳と、「オヤジぃ。」以来4年振りに再度夫婦として、塚本高史と、「おとうさん (ドラマ)|おとうさん」以来2年ぶりの共演となる。制作はTBSテレビ。



    キャスト、人物紹介



  • 山口太一 田村正和

    :山口家の大黒柱。通販会社の社長。実際の通販会社ジャパネットたかたのように、社長自ら商品を紹介し、売り込む。価格を言った後の決め台詞は「またカミさんに怒られちゃいますよ」であるが、実際は亭主関白。


  • 山口華(はな) 黒木瞳

    :太一の妻。駆け落ち同然で結婚。家事をきちんとこなして、一家を専業主婦として内から守る。“内助の功”を絵に書いたような人。


  • 山口菜穂(なお) 加藤あい

    :山口家の長女。占いなどに極めて流されやすい性格。言い換えれば、とても純粋な性格。いきなり、慎吾との結婚話を切り出し、山口家をあっと驚かせる。華が家を出てしまった時、家事を代行するが全然なっていない。慎吾と結婚し山形へ。


  • 山口順 塚本高史

    :山口家の長男。大学に通っているが、一浪ということを隠し続けてきた。両親は、父親の通販会社に入り、後を継いでもらいたいと思っているが、実際は、やりたいことを模索しながら、路上でライブをしている。静香と知り合い、ボランティアでもえと同じ子どもたちとふれあっている。「親と暮らせない子どもたちのために役に立つ仕事がしたい」と、菜穂の結婚式の後、海外へボランティアへ行く。もえからは「順ちゃん」と呼ばれている。


  • 敏江 深浦加奈子

    :華の主婦仲間。華が心を許して、グチをこぼしている。


  • 照代 今井陽子

    :華の主婦仲間。華が心を許して、グチをこぼしている。


  • 元木マサ子 松原智恵子

    :慎吾の実母、菜穂の義母。山形で理髪店を経営しながら暮らしている。心臓に病を患っている。


  • 田之上静香 西田尚美

    :看護師をしている。路上で歌っていた順にいきなりキスをしたり、看護師ながら煙草を吸うなどぶっきらぼうな性格。一人娘もえがいて、未婚の母(シングルマザー)でもある。瀬戸内海の小さな島から「看護師の担い手が欲しい」とお呼びが掛かって行くことになる。


  • 元木慎吾 大森南朋

    :太一の元部下で、菜穂の夫で、山口家の義理の息子。優しい性格である。マサ子のことを世話するため、太一の会社を退職する。結婚後、山形に帰り、菜穂とも3人一緒に暮らす。


  • 待田幸子 羽田美智子

    :慎吾と菜穂が結婚式を挙げる時に担当となった、プランの提案から演出全てを一手に引き受けるウェディングプランナー。太一が昔好きだった女性に容姿が似ていた為、不倫関係に。太一との関係を清算し、一度は、「担当を変えて欲しい」ということもあったが、二人のことを一番真剣に思ってくれた人ということになったため、再び慎吾と菜穂の担当に復帰し、式当日も正式に二人の担当となる。違うカップルの結婚演出中にフラれた男性(宮迫博之 雨上がり決死隊)と結婚する運びに。



    主題歌



  • 「あなたが好きで〜04年シングル?ヴァージョン」 作詞・作曲、唄:森山良子

    :主題歌は、この番組の劇中曲を演奏した千住明が編曲・アレンジをした。

    (森山良子は、このドラマで、華がいつも通っているスーパーマーケットの試食の販売員として、ゲスト出演した。)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月16日

    ドラマ[FBI失踪者を追え]

    ドラマ☆ストリートFBI失踪者を追え



    FBI 失踪者を追え!(原題:''Without a Trace'')は、アメリカCBSで2002年9月から放送されているジェリー・ブラッカイマー制作の刑事ドラマ。日本では2005年3月30日から日本放送協会|NHKBS2で放送されている。アメリカではシーズン (用語)|Season3が2004年後期から放送中。 ジャック・マローン率いるニューヨークのアメリカ連邦捜査局|FBI失踪者担当班が舞台の1話完結スタイルのドラマである。現実とは違い、事件に巻き込まれた行方不明者が発見される話が多いが、ハッピーエンドで終わるとは限らないケースも多い。アメリカでは視聴率で裏番組のER緊急救命室を抜いているほどの人気ドラマである。そのためERはフライングスタート|開始時間を2分早めるという姑息な手段を取らざるを得なかった。アメリカでは行方不明者の告知がある。



    出演者



  • アンソニー・ラパーリア − ジャック・マローン(声:あおい輝彦)


  • ポピー・モンゴメリー − サマンサ・スペード(声:安藤麻吹)


  • マリアンヌ・ジャン・パプティスト − ビビアン・ジョンソン(声:磯西真喜)


  • エンリケ・ムルシアーノ − ダニー・テイラー(声:小山力也)


  • エリック・クローズ − マーティン・フィッツジェラルド(声:矢崎文也)



    放送局



  • CBS (アメリカ合衆国)

    シーズン 1 2002年9月26日 - 2003年 (木曜日 10 PM ET/PT)

    シーズン 2 2003年9月 - 2004年 (木曜日 10 PM ET/PT)

    シーズン 3 2004年9月 - 2005年 (木曜日 10 PM ET/PT)


  • 日本放送協会|NHK (日本)

    シーズン 1 2005年3月30日 - 2005年 (水曜日 10 PM JST)


  • AFN (日本)

    2005年8月3日〜 (シーズン不明、水曜日 9 PM JST)



    外部リンク



  • Official website hosted by CBS


  • NHK海外ドラマホームページ






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月15日

    ドラマ[ドーベルマン刑事]

    ドラマ☆ストリートドーベルマン刑事



    ドーベルマン刑事(ドーベルマンデカ)は、週刊少年ジャンプにて武論尊(ぶろんそん)原作、平松伸二作画で連載されたアクション刑事劇画。『爆走!ドーベルマン刑事』のタイトルでテレビ朝日系列でもドラマ化されたが、原作とはまったく異なる内容であった。

    他にも、深作欣二監督が映画化している。



    テレビドラマ


    原作からは、タイトルロゴと主要キャラクターの名前を引き継ぐのみで、まったく異なる設定の作品。1980年4月7日〜10月27日に放送。


    [ 主要キャスト ]



  • 黒沢年男


  • 名高達男


  • 星正人


  • 新井康弘


  • 神保美喜


  • 志穂美悦子


  • 夏木陽介


  • 荒井注(元ザ・ドリフターズ)



    映画


    1977年に東映系で公開。


    [ キャスト ]



  • 千葉真一


  • ジャネット八田


  • 松田暎子


  • 鈴木康弘


  • 藤岡重慶


  • 室田日出男


  • 岩城滉一


  • 小林稔侍


  • 川谷拓三


  • 松方弘樹






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月14日

    ドラマ[平成夫婦茶碗]

    ドラマ☆ストリート平成夫婦茶碗



    平成夫婦茶碗〜ドケチの花道〜(へいせいめおとぢゃわん〜どけちのはなみち〜)は、2000年1月12日〜3月15日に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ。全10回。主演は東山紀之。平均視聴率16.5%と好評につき、同年11月に外伝、12月にスペシャル版が放送され、2002年1月9日〜3月20日には「続・平成夫婦茶碗」として続編も作られた(全11回、平均視聴率14.2%)。



    出演



  • 金本満太郎:東山紀之


  • 金本(旧姓白鳥)節:浅野温子


  • 金本運:濱田岳


  • 金本幸:田島穂奈美


  • 金本完:松崎駿司


  • 金本福:斎藤佳太


  • 金本楽:斎藤昌太


  • 金本叶:朝田帆香(続編のみ)


  • 金本(旧姓結城)灯:優香(続編のみ)


  • 末平玲子:鈴木杏樹


  • 西土居一彦:石塚英彦


  • 門倉ひろみ:鈴木紗理奈



    スタッフ



  • プロデューサー:大平太/仲野尚之(日活)


  • 監督:三枝孝臣/長沼誠


  • 脚本:森下佳子


  • 企画プロデュース:遊川和彦


  • TM:鈴木康介


  • TD:白田龍夫 


  • C・CAM:角田洋子


  • LD:山本智浩


  • MIXER:佐藤友昭


  • VE:田中拓己


  • 編集:白水孝幸


  • オフライン編集:遠藤和人


  • MA:長島みゆき


  • 音効:佐藤裕二


  • 美術:高野雅裕


  • 装置:増田毅


  • 装飾:村山和彦


  • 衣装:川口修


  • 持道具:佐藤秀治


  • メイク:森田京子/永嶋麻子


  • スタイリスト:神野真琴


  • 特効:内山栄一


  • 造園:笹原直人


  • 活花:山岡理砂


  • 建具:金井博


  • 電飾:岡元喜典


  • 車両:高橋保夫


  • 特機:トムキャット


  • 技斗:佐々木修平 



    主題歌





    [第1作]


    Secret Agent「Secret Agent Men」




    [第2作]


    アース・ウィンド・アンド・ファイアー「セプテンバー」





    関連項目



  • 日本テレビ水曜10時枠連続ドラマ








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月13日

    ドラマ[御宿かわせみ]

    ドラマ☆ストリート御宿かわせみ





    御宿かわせみ(おんやどかわせみ)は、平岩弓枝作の連作時代小説シリーズ。

    江戸時代の末期、江戸大川端の旅籠「かわせみ」を舞台にした人情捕物帖。『小説サンデー毎日』昭和48年(1973年)2月号から隔月で連載される。第33話掲載後、『小説サンデー毎日』休刊のため、一時中断した。1982年、出版社を替え、『オール読物』で連載が再開された。以後、現在も連載は続き、200話を越えている。平岩作品の中でも人気があり、1973年に東京放送|TBSの東芝日曜劇場で「秋の螢」のタイトルでドラマ化され、以降日本放送協会|NHKやテレビ朝日などでテレビドラマ化されている。



    設定
    腕利きの同心だった父を亡くした庄司るいは、家督を親戚に譲り、大川端に旅籠「かわせみ」をひらく。一つ年下の幼なじみで恋人の神林東吾は、奉行所与力の弟。東吾の友人で八丁堀の定廻り同心の畝源三郎や、医者で将軍家御典医の倅の天野宗太郎、かわせみの奉公人嘉助・お吉らとともに市井の事件を解決していく。連作の初期から中期には、身分違いを�
    5$$K$9$k$k$$$HEl8c$N$J$+$J$+?JE8$7$J$$Nx0&LOMM$,D9$/IA$+$l!"$$$o$P1J1s$N@D=U$NDh$rI=$7$F$$$?$,!"6aG/$G$O!"El8c$N=P;E!"$k$$$H$N7k:'$H;R6!$NCB@8$H!"KkKv$N;~Be$NN.$l$N$J$+$G$=$l$>$l$NEP>l?MJ*$N;~4V$,F0$$$F$$$/$5$^$,IA$+$l$k$h$&$K$J$C$F$-$F$$$k!#



    テレビドラマ





    [秋の蛍]



  • 1973年8月26日TBS系の東芝日曜劇場で放映




    [出演]



  • 庄司るい : 若尾文子


  • 神林東吾 : 仲谷昇




    [真野響子版]


    NHK水曜時代劇の枠で放映


  • 1980年10月8日〜1981年3月25日(全24回)


  • 1982年10月6日〜1983年4月13日(全24回) 




    [出演]



  • 庄司るい : 真野響子


  • 神林東吾 : 小野寺昭


  • 畝源三郎 : 山口崇


    [古手川祐子版]


    テレビ朝日系でドラマスペシャルが2回放映された


  • 1988年9月29日


  • 1989年3月28日




    [出演]



  • 庄司るい : 古手川祐子


  • 神林東吾 : 橋爪淳


  • 畝源三郎 : 三浦浩一


    [沢口靖子版]


    タイトルは『新・御宿かわせみ』テレビ朝日系放映


  • 1997年10月16日〜1998年3月12日(全19回)




    [出演]



  • 庄司るい : 沢口靖子


  • 神林東吾 : 村上弘明


  • 畝源三郎 : 平田満


    [高島礼子版]


    NHK金曜時代劇で放映


  • 2003年4月4日〜2003年5月30日(全8回) 


  • 2004年4月2日〜2004年7月23日(全16回)


  • 2005年5月13日〜2005年8月5日(全12回)




    [出演]



  • 庄司るい : 高島礼子


  • 神林東吾 : 中村橋之助


  • 畝源三郎 : 宍戸開(第三章からは沢村一樹)


  • 嘉助  :  小野武彦


  • お吉  :  鷲尾真知子


  • おとみ : 平田裕香








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月12日

    ドラマ[仮面ライダー555]

    ドラマ☆ストリート仮面ライダー555



    仮面ライダー555(かめんライダーファイズ)は、2003年1月26日〜2004年1月18日に全50回がテレビ朝日系列で放送された特撮テレビドラマで、仮面ライダーシリーズの一作である(劇場版1作あり)。若しくはこのドラマに登場する主人公が変身するヒーローの名称である。*テレビシリーズ 仮面ライダー555


  • 劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト (2003年8月16日公開)



    概要


    平成仮面ライダーシリーズの第4作目。従来の作品では描かれることの少なかった怪人(オルフェノク)側にもスポットが当てられ、普通の人間からオルフェノクへと変わってしまった人間たちの苦悩が描かれている。また、変身装置が携帯可能なベルトであることから、ベルトをめぐる争奪戦も見どころのひとつである。変形する機構を持つバイクが登場するのは、仮面ライダー龍騎に登場した擬似ライダー、オルタナティブ・ゼロの愛車であったサイコローダーに続き、2作目である。平成ライダーシリーズのお決まりと言えるようになったイケメンとメディアに称される若手俳優の起用がこの作品でも行われており、主演の半田健人をはじめとしたキャスト陣の写真集がレギュラーシリーズ放送中に発売されるという展開をみせた。また、仮面ライダーファンを公言しているDA PUMPのISSAによる主題歌も話題となった。


    [ 特徴 ]


    今作における仮面ライダーのコンセプトはアイテム豊富なメカニカルなライダー。平成ライダーシリーズにおいて4人目の主役が登場する今作において、昭和のシリーズにおける4人目の主役ライダーである仮面ライダーXが強く意識され、オマージュとなっているとされる。

    従来の仮面ライダーシリーズでは、変身のために必要なベルトや機構が何らかの理由によって体内に存在している場合がほとんどであったが、今作では『仮面ライダー龍騎』と同様、携帯可能な外部装置として存在し、この装置を用いたものが仮面ライダーとなる(詳細は#仮面ライダー|後述)。


    [ デザイン ]


    登場する仮面ライダーたちはギリシャ文字をモチーフ(Φ、Χ、Δ、Ω、Ψ、O)にデザインされたとの説が一般的である。ファイズに限っては闇夜に浮かぶ大きな黄色い目と赤いラインというその個性的なシルエットからホタルをモチーフとする説もあるが、ファイズのデザインそのものは、もともと「子供が描きやすいように」との理由から、○と|の組み合わせだけでデザインされたものであり、モチーフが存在していること自体が後付けの理由によるものとされる。このことから、テレビシリーズに限っては子供の描きやすい図形(○×三角形|△)をもとにモチーフのギリシャ文字を後付け的に割り当てたとの説がある。なお、作品中においてはオルフェノクの王をモチーフにデザインが行われたとされている。



    仮面ライダー


    今作における仮面ライダーは、作品内に登場する巨大コングロマリット(複合型企業)「スマートブレイン」によって開発された外部装置を用い、同装置によって形成される"強化服"を身にまとった者を指す。ただし、すべての人間が仮面ライダーになれるわけではなく、何らかの条件に合致した者だけが変身できる。

    変身に使用される「ギア」と呼ばれる外部装置はベルトと専用携帯電話で構成されており、各外部装置ごとにその仕様は異なっている。ライダーに変身する際は、ベルト(ドライバー)を装着し、専用携帯電話に変身コードを入力する操作によって行われる。変身後はベルトに装着された専用携帯電話をインターフェースとして使用することによって、デジタルカメラやトーチなど各種ツールに実装された特殊機能をライダーの武器として使用することができる。必殺攻撃はベルトなどに付属する機器を用いて行う。オルフェノクと呼ばれる怪人は、倒されると青い炎に包まれて灰と化す。


    [ 仮面ライダー555(ファイズ) ]


    スマートブレイン前社長・花形が、園田真理に送ったツール「ファイズギア」によって変身する。「ファイズ」の由来は、頭部のデザインがギリシャ文字のΦ(ファイ)を模していることによる。また、555の表記はファイズと''Fives''(5 = ''Five''の複数形)との語感が妙に一致したことによる。闇の中で赤く光る身体のライン(フォトンストリーム)が印象的である。専用バイクは、可変バリアブルビークル・オートバジン。*アクセルフォーム(ファイズアクセルでフォームチェンジ)


  • ブラスターフォーム(ファイズブラスターでフォームチェンジ)ファイズに変身する際はファイズドライバー(ベルト)を装着、ファイズフォン(専用携帯電話)にコード「5 5 5 ENTER」を入力。ファイズフォンが音声で「STANDING BY」と応答した後に、ベルトのバックル部分にファイズフォンを縦に突き立て、左側に倒す。ベルト装着者が適合者である場合、ファイズドライバーは音声で「COMPLETE」と応答し、全身に光のライン(フォトンストリーム)を伸ばして、スーツの骨格部分を形成する。同時に衛星を介してスーツの転送が行われ、変身が完了する。ベルト装着者が不適合者である場合、「ERROR」の音声とともにベルトを強制的に離脱させる。この際、強い衝撃によってベルトの装着者ははじき飛ばされる。


    [ ツール ]



  • トーチライト型ビーム兵器「ファイズポインター」 - 必殺技(キック)を放つ際に相手をポイントする


  • デジタルカメラ型パンチユニット「ファイズショット」-利き腕に持ち、威力のあるパンチを放つ


  • 腕時計型拡張装置「ファイズアクセル」 - 超加速形態アクセルフォームへの進化ツール。作動開始からの10秒間、全ての動作を通常の1/1000の時間で完了させることが可能となる


  • メモリーカード「ミッションメモリー」 - 各デバイスにこれを挿入すると、特殊機能が起動する


    [ オートバジン ]


    製品型番SB-555V。スマートブレインモーターズ(スマートブレインの子会社)製の高性能バイク。左ハンドルグリップは取り外し可能で、ミッションメモリーを挿して剣型の武装「ファイズエッジ」として使用することが可能。通常はビークルモードと呼ばれるファイズ専用バイクであるが、バトルモードと呼ばれるロボット形態に変形することができる。バトルモード時においては、装備された人工知能|AIにより、後輪をファンとして空を飛び、盾と化した前輪に仕込まれたガトリング砲を使用するなど、独自に戦闘のサポートを行うこともある。その姿は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ作品快傑ズバットに登場するズバットスーツのデザイン案を参考にしたものといわれている。


    [ ファイズギアを使用した人物 ]



  • 乾巧*園田真理


  • 菊池啓太郎


  • 赤井


  • 海堂直也


  • 琢磨逸郎


  • 草加雅人


  • 木場勇冶


  • 水原 ※劇場版にて


    [ 仮面ライダーカイザ ]


    花形が高宮航太に送ったツール「カイザギア」によって変身する。頭部にギリシャ文字のΧ(カイ)を模したデザインのライダー。フォトンストリームは黄色。専用バイクは、可変バリアブルビークル・サイドバッシャー。カイザに変身する際はカイザドライバー(ベルト)を装着、カイザフォン(専用携帯電話)にコード「9 1 3 ENTER」を入力。以降はファイズと同様である。ベルトの装着者が適合者であるかどうかに関わらず、すべての人間が変身することができるが、不適合者は変身解除後に灰化し、死亡するという特徴をもつ。


    [ ツール ]



  • 双眼鏡型のビーム兵器「カイザポインター」-ファイズの「ファイズポインター」と同じ働きをする


  • デジタルカメラ型パンチユニット「カイザショット」-「ファイズショット」より若干威力は上


  • 剣・銃2つのモードを備える「カイザブレイガン」


    [ サイドバッシャー ]


    製品型番SB-913V。スマートブレインモーターズ製の高性能バイク。通常はビークルモードと呼ばれるカイザ専用バイクであるが、バトルモードと呼ばれる移動砲台形態に変形することができる。


    [ カイザギアを使用した人物 ]



  • 草加雅人*高宮航太


  • 西田清高


  • 神道貴久


  • 影山冴子


  • 木場勇冶


  • 菊池啓太郎 ※劇場版にて


    [ 仮面ライダーデルタ ]


    花形が木村沙耶に送ったツール「デルタギア」によって変身する。頭部にギリシャ文字のΔ(デルタ)を模したデザインのライダー。フォトンストリームは銀色。デルタフォンの音声入力により、特殊なバイク・ジェットスライガーを呼び出すことができる。基本的な出力は、ファイズやカイザを超える。デルタに攻撃を受けたオルフェノクは赤い炎につつまれるという特徴をもつ。変身する際はベルト「デルタドライバー」と「デルタフォン」を用いる。デルタドライバーは、ファイズドライバーやカイザドライバーより先行して作られており、その機構は若干異なっている。変身コードは無く、デルタフォンに「変身」と音声入力した後、デルタドライバーに取り付けられているデジタルビデオカメラ型ユニット「デルタムーバー」にデルタフォンを接続することによって変身が完了する。

    カイザ同様、すべての人間が変身することができるが、ファイズ・カイザにはない闘争本能活性化装置「デモンズスレート」が装備されており、不適合者はその力に魅了されてしまい、精神に異常をきたす。「デルタムーバー」が、銃形態ブラスターモードとポインターモードに変形することで武器になる。


    [ ジェットスライガー ]


    製品型番SB-VXO。スマートブレインモーターズ製の超高性能バイク。最高速度1300kmという驚異的なスピードをほこるほか、装備されたタイヤが90度回転、地面と平行な形になることによって、水平方向へ移動することも可能となっている。通常はライダーの持つ専用携帯電話にコード「3821」を入力することで呼び出される。デルタの専用バイクではなく、ファイズにも配備されていた。


    [ デルタギアを使用した人物 ]



  • 三原修二*木村沙耶


  • 徳本恭輔


  • 新井賢


  • 河内勇樹


  • 北崎


  • 草加雅人


  • 乾巧


  • 阿部里奈


  • 村上峡児


    [ 仮面ライダーサイガ ]


    劇場版にのみ登場するギリシャ文字のΨ(プサイ)を模したデザインのライダー。フォトンストリームは青色。変身する際は、天のベルト「サイガドライバー」と専用携帯電話「サイガフォン」を用いる。変身する際の変身コードは「315」。ベルトは帝王のベルトと呼ばれるものの1つで、能力の高いオルフェノクのみが装着できる。背中にフライングアタッカーという装備を持ち、自在に空を飛ぶことが可能である。専用バイクは持っていない。


    [ サイガギアを使用した人物 ]



  • レオ


    [ 仮面ライダーオーガ ]


    劇場版にのみ登場するギリシャ文字のΩ(オメガ)を模したデザインのライダー。フォトンストリームは金色。専用バイクは持っていない。変身する際は、地のベルト「オーガドライバー」と専用携帯電話「オーガフォン」を用いる。変身する際の変身コードは「000」。ベルトは帝王のベルトと呼ばれるものの1つであり、すべてのライダーよりも高い出力を誇るため、オルフェノクの中でも選ばれた者しか装着することができない。腰に「オーガストランザー」という、銃にもなる光子剣を装備している。

    必殺技は「オーガストランザー」よりエネルギーの刀身をのばし敵を斬りつける「オーガストラッシュ」。


    [ オーガギアを使用した人物 ]



  • 木場勇冶


    [ ライオトルーパー ]


    スマートブレイン製の量産型仮面ライダー。テレビシリーズでは6人が登場し、劇場版では10000人の大部隊を編成している。変身プロセスは、テレビシリーズと劇場版で異なる。テレビシリーズにおいてはベルトに付いたバックルを倒すことで変身が完了し、劇場版においては胸付近に手をもっていく変身ポーズをとる。



    オルフェノク


    オルフェノクは現生人類が進化した人類である。進化が急激なために体が耐えられず、オルフェノクの王に頼らなければいずれ滅亡してしまう。ある特定の条件を持つ人間が一旦死を迎えた後に再度覚醒したもので、その名称はギリシャ神話に登場する「オルペウス|オルフェウス()」と旧約聖書に登場する「エノク()」をかけあわせた造語であるとされる。それぞれ動植物の特性と高い攻撃力を持った人間とは異なる姿をした存在であり、中には更に別の形態へ変化する者もいる。死を迎える前の人間の姿にも自由自在に変化することができ、通常は人間社会に紛れて生活している。自然死・事故死の後に再生したものは「オリジナル」と呼ばれ、その能力は高い。またオリジナルのオルフェノクは、人間を故意に殺害することによって新たなオルフェノクを覚醒させることができる。これは?使徒再生?と呼ばれる。ただし、殺害した人間がオルフェノクへの進化に耐えうる場合のみ成功し、そうでない場合は灰化して死亡する。成功する確率は低い。オルフェノクは、デルタに攻撃された場合を除いて青白い炎に包まれた後、灰になることによって死を迎える。複数の漫
    ?$r;}$C$F$$$?%/%m%3%@%$%k%*%k%U%'%N%/$r=|$$$F!"FsEY$HI|3h$9$k$3$H$O$J$$!#


    [ ラッキークローバー ]


    オルフェノクのエリート集団。名称は彼らが常駐し、メンバーの影山冴子がバーテンをしている「BARクローバー」に由来する。メンバーは、琢磨逸郎(センチピードオルフェノク)、影山冴子(ロブスターオルフェノク)、ジェイ(クロコダイルオルフェノク)、北崎(ドラゴンオルフェノク)の4人。彼ら4人のモチーフとなっているムカデ、エビ、ワニ、竜は、同じく石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ作品キカイダー01に登場したハカイダー四人衆のオマージュとされる。ジェイの死亡後は1つの空席を巡って、複数のオルフェノクが候補となり、澤田亜希(スパイダーオルフェノク)がジェイの後釜となった。


    [ 作品中に登場したオルフェノク ]



  • ホースオルフェノク / 木場勇治(ウマ)

       乾巧とともに物語の主人公的存在。両親とともにドライブ中、事故にあい、2年間の植物状態を経た後死亡。オリジナルのオルフェノクとして覚醒する。*クレインオルフェノク / 長田結花(ツル)

       日頃より義理の家族や友人から精神的・肉体的虐待を受けていたが、階段からの転落事故により死亡。オリジナルのオルフェノクとして覚醒する。*スネークオルフェノク / 海堂直也(ヘビ)

       スクィッドオルフェノクに襲われ、オルフェノクとして覚醒。その場に居合わせた木場勇治、長田結花らと行動をともにする。*ウルフオルフェノク / 乾巧(オオカミ)*アークオルフェノク(バッタ)アークオルフェノクは仲間とみなしたオルフェノクを不死身の体にする。*ゴートオルフェノク / 花形(ヤギ)


  • ローズオルフェノク / 村上峡児(バラ)*ラッキークローバー

    センチピードオルフェノク / 琢磨逸郎(ムカデ)

    ロブスターオルフェノク / 影山冴子(エビ)

    ドラゴンオルフェノク / 北崎(ドラゴン)

    クロコダイルオルフェノク / ジェイ(ワニ)*スパイダーオルフェノク / 澤田亜希(クモ)*スティングフィッシュオルフェノク(オコゼ)


  • エレファントルフェノク(ゾウ)


  • オックスオルフェノク(ウシ)


  • カクタスオルフェノク / 赤井(サボテン)


  • マンティスオルフェノク(カマキリ)


  • スクィッドオルフェノク / 戸田英一(イカ)


  • オウルオルフェノク(フクロウ)


  • スカラベオルフェノク(コガネムシ)


  • スネイルオルフェノク(カタツムリ)


  • エキセタムオルフェノク(ツクシ)


  • フライングフィッシュオルフェノク(トビウオ)


  • アルマジロオルフェノク(アルマジロ)


  • トードスツールオルフェノク(キノコ|毒キノコ)


  • スコーピオンオルフェノク(サソリ)


  • ドルフィンオルフェノク / 青木茂久(イルカ)


  • ワームオルフェノク(ミミズ)


  • シーキュカンバーオルフェノク(ナマコ)


  • ラビットオルフェノク / 小林義雄(ウサギ)


  • フロッグオルフェノク(カエル)


  • スティンクバグオルフェノク(カメムシ)


  • ソードフィッシュオルフェノク(メカジキ)


  • ライノセラスビートルオルフェノク(カブトムシ)


  • スタッグビートルオルフェノク(クワガタムシ)


  • オクトパスオルフェノク(タコ)


  • ピジョンオルフェノク(ハト)


  • バーナクルオルフェノク(フジツボ)


  • オクラオルフェノク(オクラ)


  • スロースオルフェノク(ナマケモノ)


  • フリルリザードオルフェノク(エリマキトカゲ)


  • クラブオルフェノク(カニ)


  • バットオルフェノク(コウモリ)


  • コーラルオルフェノク(サンゴ)*バタフライオルフェノク(蝶) ※劇場版に登場


  • ジラフオルフェノク(キリン) ※劇場版に登場


  • ロングホーンオルフェノク(カミキリムシ) ※劇場版に登場


  • スラッグオルフェノク(ナメクジ) ※劇場版に登場


  • ペリカンオルフェノク(ペリカン) ※劇場版に登場


  • ワイルドボアオルフェノク(イノシシ) ※劇場版に登場


  • ムースオルフェノク(ヘラジカ) ※劇場版に登場


  • モールオルフェノク(モグラ) ※劇場版に登場


  • ライオンオルフェノク(ライオン) ※劇場版に登場


  • エラスモテリウムオルフェノク激情体(サイ) ※劇場版に登場※( )内は、モチーフとなった生物。



    スマートブレイン


    劇中に登場する巨大コングロマリット。ファイズギアをはじめとする変身装置や、関連するツールやバイクを開発した。事業内容は重工業や電子技術にとどまらず、食品から医療までと幅広い。イメージコマーシャル|CMが頻繁に流されているが、その実態は謎だ。前社長の花形が失踪後、村上峡児が新社長として就任する。同社のCMに出演しているスマートレディは社長秘書として行動するが、その素性については最後まで不明。オルフェノクに関する研究もされており、社員の中にもオルフェノクに覚醒しているものがいる。



    劇場版


    「仮面ライダーファイズ パラダイス・ロスト」2003年東映系の劇場で公開。登場人物や基本的な設定はテレビシリーズとほぼ同じだが、ストーリー上は直接の繋がりは無く、パラレルワールドとしての扱いになっている。前代未聞の10000人のエキストラを募集。撮影日が日曜日に設定されるなど、応募条件もファンを対象に考慮されたものであったことから応募が殺到し、応募総数は約90000名、結果として約15000人のエキストラが動員されることとなった。この15000人のエキストラを使ってさいたまスーパーアリーナでファイナルロケを繰り広げた。仮面ライダーサイガに変身するレオを演じたピーター・ホーは、シリーズ初の外国人ライダーを演じた役者となった。劇中においても「変身!」という台詞を除いて、全て英語の台詞となっている。また、1作目〜RXの仮面ライダーシリーズを始め、多くの特撮ヒーロー作品で敵首領・幹部の声を演じた納谷悟郎、加藤精三、飯塚昭三が一同に揃い、声だけではなく実際にゲスト出演を果たしたことが話題となった。仮面ライダーアギトや仮面ライダー龍騎に出演していた一部のキャァ
    9%H$b%2%9%H=P1i$r$7$F$$$k!#



    仮面ライダー555 Hondaチーム


    同作品にバイク等車両を提供している本田技研工業|ホンダが「仮面ライダー555 Honda」チームを結成し、鈴鹿8時間耐久レースへのエントリーを行った。レースにおいては、他チームのトラブルに巻き込まれたが、結果は70チーム中、総合10位での完走を果たした。このレースには、参加ライダーがファイズとカイザをモデルとしてデザインされたヘルメットとスーツを着て出場していた。また、チーム監督である宮城光とファイズのスーツを着てレースに参戦した山口辰也は、翌年も仮面ライダー剣 Hondaチームに再招集された。*監督:宮城光


  • ファイズ:山口辰也


  • カイザ:高橋裕紀



    キャスト



  • 半田健人(はんだ けんと)/乾巧(いぬい たくみ)役


  • 芳賀優里亜(はが ゆりあ)/園田真理(そのだ まり)役


  • 溝呂木賢(みぞろぎ けん)/菊池啓太郎(きくち けいたろう)役*泉政行(いずみ まさゆき)/木場勇治(きば ゆうじ)役


  • 加藤美佳(かとう よしか)/長田結花(おさだ ゆか)役


  • 唐橋充(からはし みつる)/海堂直也(かいどう なおや)役*村上幸平(むらかみ こうへい)/草加雅人(くさか まさと)役


  • 原田篤(はらだ あつし)/三原修二(みはら しゅうじ)役


  • 河西りえ(かさい りえ)/阿部里奈(あべ りな)役


  • 綾野剛(あやの ごう)/澤田亜希(さわだ あき)役*ケネス・ヅリア/ジェイ 役


  • 山崎潤(やまさき じゅん)/琢磨逸郎(たくま いつろう)役


  • 和香(わか)/影山冴子(かげやま さえこ)役


  • 藤田玲(ふじた れい)/北崎(きたざき)役*栗原瞳(くりはら ひとみ)/スマートレディ 役


  • 村井克行(むらい かつゆき)/村上峡児(むらかみ きょうじ)役


  • 中康治(なか こうじ)/花形(はながた)役*ピーター・ホー/レオ 役 ※劇場版のみ出演


  • 黒川芽以(くろかわ めい)/ミナ 役 ※劇場版のみ出演


  • 速水もこみち(はやみ もこみち)/水原(みずはら) 役 ※劇場版のみ出演


  • 塩野勝美/オルフェノクの声 多数


  • 大塚太心/バットオルフェノクの声


  • 家中宏/アークオルフェノクの声



    スタッフ



  • 原作:石ノ森章太郎


  • スーパーバイザー:小野寺章(石森プロ)


  • プロデューサー:(東映)白倉伸一郎 武部直美 宇都宮孝明 (テレビ朝日)濱田千佳


  • 脚本:井上敏樹


  • 監督:田崎竜太|田﨑竜太 長石多可男 石田秀範 鈴村展弘 田村直己(テレビ朝日)


  • 音楽:松尾早人


  • キャラクターデザイン:早瀬マサト


  • クリーチャーデザイン:篠原保



    関連項目



  • 仮面ライダー


  • 仮面ライダー一覧



    主題歌



  • Justiφ's - ISSA (DA PUMP)(OP)* Dead or alive - 石原慎一 (1stED)


  • The people with no name - RIDER CHIPS Featuring m.c.A・T (2ndED)


  • EGO 〜eyes glazing over - ICHIDAI (3rdED)



    放映リスト


    ※各回にはタイトルは無く、ここで「放映題」としているものは、新聞のテレビ番組欄やテレビ番組情報誌、テレビ朝日公式ページにて表記されたものである。なお、シナリオタイトルも、先行して特撮専門誌やホビー情報誌に「仮タイトル」として掲載される事が多いため併記した。





























































































































































































































































































    放映題 シナリオ題 登場オルフェノク
    01 旅の始まり 旅の始まり ゴートオルフェノク、スティングフィッシュオルフェノク、ホースオルフェノク
    02 ベルトの力
    03 王の眠り 俺の名前 オックスオルフェノク
    04 おれの名前 カクタスオルフェノク、マンティスオルフェノク、クレインオルフェノク
    05 オリジナル 3人と3人 スクィッドオルフェノク、スネークオルフェノク
    06 3人×3人 スネークオルフェノク、ホースオルフェノク
    07 夢の力 夢の守り人 スネークオルフェノク、ホースオルフェノク、オウルオルフェノク
    08 夢の守り人 スカラベオルフェノク、オウルオルフェノク、ホースオルフェノク
    09 社長登場 上の中の下 スネイルオルフェノク
    10 謎のライダー スネイルオルフェノク、クレインオルフェノク、ホースオルフェノク
    11 謎のベルト クロコダイルオルフェノク
    12 流星塾 カイザの日
    13 敵か味方か クロコダイルオルフェノク、エキセタムオルフェノク
    14 巧の意地 落ちた偶像 クロコダイルオルフェノク、センチピィードオルフェノク、ホースオルフェノク、
    スネークオルフェノク、クレインオルフェノク
    15 落ちた偶像〜φ's vs χ センチピィードオルフェノク、スネークオルフェノク、クレインオルフェノク
    16 人間の心 手の平の灰 フライングフィッシュオルフェノク
    17 巧、復活 フライングフィッシュオルフェノク、アルマジロオルフェノク
    18 九死に一生 真っ白の波 トードスツールオルフェノク、ホースオルフェノク
    19 純白の正義 トードスツールオルフェノク、ホースオルフェノク、クロコダイルオルフェノク
    20 美しき刺客 加速する魂 ロブスターオルフェノク、スコーピオンオルフェノク、
    センチピィードオルフェノク、ホースオルフェノク
    21 加速する魂 ロブスターオルフェノク、スコーピオンオルフェノク、
    センチピィードオルフェノク、ホースオルフェノク、ドルフィンオルフェノク
    22 雅人の告白 三角の予感 ワームオルフェノク、シーキュカンバーオルフェノク、ロブスターオルフェノク、
    センチピィードオルフェノク
    23 偽りの友情 ワームオルフェノク、ロブスターオルフェノク、センチピィードオルフェノク
    24 闇への扉 闇の実験者 ホースオルフェノク、ロブスターオルフェノク、センチピィードオルフェノク、
    スネークオルフェノク、ラビットオルフェノク
    25 闇の実験室 ホースオルフェノク、ロブスターオルフェノク、センチピィードオルフェノク、
    スネークオルフェノク、ラビットオルフェノク、ゴートオルフェノク
    26 デルタ登場 デルタ出る スパイダーオルフェノク、フロッグオルフェノク
    27 流星塾分裂 ホースオルフェノク、センチピィードオルフェノク、スパイダーオルフェノク
    28 暗黒の四葉 スパイダーオルフェノク、センチピィードオルフェノク、ロブスターオルフェノク
    29 超絶バイク 超絶バイク スパイダーオルフェノク、センチピィードオルフェノク、
    ロブスターオルフェノク、ホースオルフェノク、スネークオルフェノク、
    クレインオルフェノク
    30 雅人の罠 センチピィードオルフェノク、スパイダーオルフェノク、
    スティンクバグオルフェノク
    31 折り紙の涙 絡み合う糸 スパイダーオルフェノク、ソードフィッシュオルフェノク
    32 絡み合う糸 センチピィードオルフェノク、ドラゴンオルフェノク、スパイダーオルフェノク、
    ソードフィッシュオルフェノク、ロブスターオルフェノク
    33 真理、死す 真実の姿 ホースオルフェノク、ローズオルフェノク、スパイダーオルフェノク、
    ライノセラスビートルオルフェノク、スタッグビートルオルフェノク
    34 真実の姿 ホースオルフェノク、スパイダーオルフェノク、ロブスターオルフェノク、
    ウルフオルフェノク
    35 復活の謎 再会と別離と スパイダーオルフェノク、ロブスターオルフェノク、ウルフオルフェノク、
    スタッグビートルオルフェノク、センチピィードオルフェノク
    36 甦る記憶 ウルフオルフェノク、オクトパスオルフェノク
    37 カイザの正義 彷徨と咆哮 ウルフオルフェノク、ピジョンオルフェノク、センチピィードオルフェノク
    38 彷徨える魂 ウルフオルフェノク、バーナクルオルフェノク、ローズオルフェノク、
    ドラゴンオルフェノク
    39 ファイズ2 赤ファイズ ローズオルフェノク、ドラゴンオルフェノク、スパイダーオルフェノク、
    スロースオルフェノク、ウルフオルフェノク、オクラオルフェノク
    40 人間の証 オクラオルフェノク、ドラゴンオルフェノク、ロブスターオルフェノク、
    センチピィードオルフェノク、スパイダーオルフェノク
    41 捕獲開始 涙する少女 ドラゴンオルフェノク、ロブスターオルフェノク、センチピィードオルフェノク、
    クレインオルフェノク、フリルドリザードオルフェノク、クラブオルフェノク
    42 折れた翼 クレインオルフェノク、クラブオルフェノク、ホースオルフェノク
    43 赤い風船 最後のメール バットオルフェノク、ホースオルフェノク、ロブスターオルフェノク、
    クレインオルフェノク
    44 最後のメール バットオルフェノク、ホースオルフェノク、クレインオルフェノク、
    ドラゴンオルフェノク、ロブスターオルフェノク
    45 王の目覚め 王の目覚め バットオルフェノク、ホースオルフェノク、ドラゴンオルフェノク、
    ゴートオルフェノク、スネークオルフェノク
    46 新社長誕生 ゴートオルフェノク、コーラルオルフェノク、ローズオルフェノク
    47 王の出現 雅人、散華 ローズオルフェノク、ドラゴンオルフェノク、ロブスターオルフェノク、
    センチピィードオルフェノク
    48 雅人、散華 スネークオルフェノク、ドラゴンオルフェノク、ロブスターオルフェノク、
    センチピィードオルフェノク
    49 滅びゆく種 スネークオルフェノク、ドラゴンオルフェノク、ロブスターオルフェノク、
    センチピィードオルフェノク、アークオルフェノク
    50 俺の夢 アークオルフェノク、ロブスターオルフェノク、センチピィードオルフェノク、
    スネークオルフェノク、ホースオルフェノク、ウルフオルフェノク





    放映ネット局



  • 東京都・関東広域圏 ANB→EX テレビ朝日


  • 北海道 HTB 北海道テレビ放送


  • 青森県 ABA 青森朝日放送


  • 岩手県 IAT 岩手朝日テレビ


  • 宮城県 KHB 東日本放送


  • 秋田県 AAB 秋田朝日放送


  • 山形県 YTS 山形テレビ


  • 福島県 KFB 福島放送


  • 新潟県 NT21 新潟テレビ21


  • 山梨県 UTY テレビ山梨


  • 石川県 HAB 北陸朝日放送


  • 福井県 FBC 福井放送


  • 長野県 ABN 長野朝日放送


  • 静岡県 SATV 静岡朝日テレビ


  • 愛知県・中京圏 NBN 名古屋テレビ放送


  • 近畿広域圏 ABC 朝日放送


  • 鳥取県・島根県 BSS 山陰放送


  • 岡山県・香川県 KSB 瀬戸内海放送


  • 広島県 HOME 広島ホームテレビ


  • 山口県 YAB 山口朝日放送


  • 徳島県 JRT 四国放送


  • 愛媛県 EAT 愛媛朝日テレビ


  • 高知県 KUTV テレビ高知


  • 福岡県・佐賀県 KBC 九州朝日放送


  • 長崎県 NCC 長崎文化放送


  • 熊本県 KAB 熊本朝日放送


  • 大分県 OAB 大分朝日放送


  • 宮崎県 MRT 宮崎放送


  • 鹿児島県 KKB 鹿児島放送


  • 沖縄県 QAB 琉球朝日放送



    外部リンク



  • 仮面ライダー555(テレビ朝日公式)


  • 仮面ライダー555(東映公式)


  • DVD仮面ライダー555特集(東映ビデオ内にあるサイト)* 仮面ライダー555 Hondaチーム(公式サイト)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年09月11日

    ドラマ[妻 (テレビドラマ)]

    ドラマ☆ストリート妻 (テレビドラマ)





    妻 (テレビドラマ)


    妻(?? 読み:アネ)は、2003年に大韓民国|韓国・韓国放送公社|KBSで放送されたテレビドラマである。



    概要



  • 記憶喪失になった男と、彼に関わる2人の女性との人間模様を描いたストーリー。



    キャスト



  • ユ・ドングン


  • キム・ヒエ


  • オム・ジョンファ


  • チョン・ボソク


  • キム・スンス


  • ムン・グニョン



    関連項目




    外部リンク



  • 妻(KBS)








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by tv-dorama at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。