2005年07月31日

ドラマ[コメットさん]

ドラマ☆ストリートコメットさん





コメットさんは、『マーガレット (雑誌)|週刊マーガレット』に連載されていた横山光輝による漫画。または、それを原作とした日本のテレビ番組。および、その主人公の魔法使いの名前。ストーリーの展開は下記に示した各期それぞれに異なるが、宇宙のかなたからやってきたヒロイン・コメットが地球に降り立って、地球での困りごとを魔法を使って解決していこうというコンセプトは共通である。*1967年|1967〜68年にかけてTBSテレビでブラザー工業提供の「ブラザー劇場」として九重佑三子(ここのえ・ゆみこ)主演で初めてドラマ化された。


  • 1978年|1978〜79年にかけて同じTBSテレビ「ブラザー劇場」の時間帯で大場久美子主演でリメークされた。このシリーズはCS放送(TBSチャンネル)でも再放送された。


  • 2001年4月〜2002年1月にテレビ大阪で今度は初めてのアニメーション化がなされた。主演の声優は前田亜季が務めた。また九重、大場の「歴代コメットさん」も声優としてレギュラー出演していた。


    :→Cosmic Baton Girl コメットさん



    外部リンク
    * 第1期(ドラマ)のファンサイト


  • 第2期(ドラマ)のファンサイト


  • 第3期(アニメ)の公式サイト





    Wikipediaより引用


  • posted by tv-dorama at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年07月30日

    ドラマ[恋愛偏差値]

    ドラマ☆ストリート恋愛偏差値



    恋愛偏差値(れんあいへんさち)は2002年7月4日から9月19日まで木曜夜10時から放送されたフジテレビ制作のドラマである。


    本来連続ドラマは1クール(3か月間)で12話放送されるのだが、この恋愛偏差値は1クールで4話完結の話を全部で3章に分けるというリレー方式のドラマとして当時は話題を呼んだ。ヒロインも1章ずつ違う女優が演じ、第1章は中谷美紀、第2章は常盤貴子、そして第3章は財前直見と柴咲コウのダブル主演で主役を務めた。



    第1章「燃えつきるまで」


    《放送期間》


  • 2002年7月4日〜7月28日

    《キャスト》


  • 中谷美紀、岡田准一(V6)、菊川怜、中島知子(オセロ (お笑い)|オセロ)、木村多江、関口知宏、つんく♂、篠原涼子



    第2章「Party」


    《放送期間》


  • 2002年8月1日〜8月22日

    《キャスト》


  • 常盤貴子、稲垣吾郎(SMAP)、山口智充(DonDokoDon)、金子さやか、つんく♂、細川直美



    第3章「彼女の嫌いな彼女」


    《放送期間》


  • 2002年8月29日〜9月19日

    《キャスト》


  • 財前直見、柴咲コウ、柏原崇、海東健、つんく♂、柳葉敏郎





    Wikipediaより引用


  • posted by tv-dorama at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。